9X ハード世代の判別

さて、2月7日付記事「DSM2モジュール」にありましたように、まずは我がTurnigy 9Xが第1世代ハードなのか第2世代なのかを判別しなければいけません。"How to identify your 9x hardware generation"に判別方法が書かれていますので、これを読んでみましょう。

------------ ここから ------------

How to identify your 9x hardware generation(9Xハードウェア世代の判別法)

9X送信機のハードウェア世代を判別するには、送信機の裏蓋の6つのネジを外してフタを開け、内部を見る必要がある。下の写真を見て送信機のCPUの位置を確認し、"SCKのはんだパッド"を表す強調表示された円に注目しなさい。もしあなたのハンダパッドが写真と同じ位置にあり、右から6番目のCPUピンに接続されていたら、それは第2世代のハードウェアだ。
しかしながら、もし左から8番目のCPUピンに接続されていたら、それは第1世代のハードウェアだ。何が違うのか?SCKピンは変わっていない(それは常に右から6番目)が、初期バージョンではFlySkyはミスをしたのだ。

110220_1 基板


では、もし第1世代のハードウェアだった場合にはどうしたら良いか? 追加ボードを使うことは出来るが、ちょっとしたハンダ作業が必要となる。最初に、追加ボードからSCKピンを取り去るか、あるいは単に送信機の基板上の不当になされたハンダパッドと接触するのを防ぐためにピンに電気テープ(絶縁テープ?)を貼り付けるか(後日、第2世代の送信機にこのボードを移設する場合に備えて、私はテープを貼ることを薦める。)する必要がある。次に、ワイヤーの一方を送信機のSCKピンにハンダ付けし、他方を追加ボードのSCKピンにハンダ付けする。送信機では上記の左から6番目のピンに直接ワイヤをはんだ付け可能だが、これらの小さいピンにハンダ付けは困難だ。替わりに、6番目のピンからのプリント配線を見てゆくと、それがワイヤよりは少し簡単にはんだ付けできる抵抗と接続されているのに気づくだろう。この例(第1世代の基板)が下の写真だ。

110220_2 基板にワイヤをハンダ付


追加ボードのSCKピンに接続するために、SCKピンに直接ハンダ付けすることは可能だが、別の接続ポイントにハンダ付けしたほうが良いだろう。追加ボードの右側に、"ISP"と印された未使用の8つのワイヤー穴がある。下の写真を参照。SCKピンの穴は"2"の穴だ。

110220_3 ISPマーク


さあ、これで第1世代の9Xで、ELバックライト付追加ボードを使用できるようになった。しかし、そうするためにはハンダ付けが必要だった。我々は第1世代対応の追加ボードが作れないか何度も検討してきたが、第1世代のハンダパッドが単にミステイクでありデザインが変更されたワケではないことから、それは不可能だった。換言すれば、第1世代のSCKハンダパッドはCPUのSCKピンには接続されていない・・・そして、それはピンでありハンダパッドではないので、プログラミングが可能だ。

------------ ここまで ------------


第1世代であれ第2世代であれ、S_Mac氏の追加ボード(9x Add-on Board with built-in Programmer and EL Backlight)は利用できるようですが、第2世代ボードの方が取付が簡単なようです。

まだ確認していませんが、私自身の9Xがどちらなのか、実はとても気にかかります。(*^-^*)


Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR