CopterX CX250SE 2.4GHz RTF 購入

CopterX CX250SE Kit(通常価格62.99ドル)が、最近はいろいろなショップで39.99ドルで販売されています。HK250GTに較べて10ドル程高いようですが、なかなか入手できないHK250GTを待っていてもしょうがないので、同じT-Rex250互換機なら買っても良いかなと考えていました。

2011.07.03_1 CopterX CX250SE Kit


buybyさんにご相談したところ「CX250はTREX250の改良版。ネジがHKタイプで整備性は良く、フレーム強度もHK初期型よりはあります。」ということだったので、買ってみることにしました。
ただし「テールのHunting、Wagが課題です。補強・振動対策を徹底すればある程度の安定感は出ますが、ジャイロ&ラダーサーボが満足の行く仕上げにするポイントです。」というアドバイスまでいただきました。
buybyさん、ありがとうございました。m(_ _)m

で、いったんはCopterX CX250SE Kitをehirobo.comのカートに入れたのですが、ついでに電装品やバッテリーもCopterX製品を買ってみようと次々とカートに入れて行きました。専用ケースも欲しいですよね。

そしてふと、CopterX CX250SE 2.4GHz RTFの価格を見ると、これがなんと149.99ドルでパーツをバラバラに買うよりは、プロポ付のRTFを買った方が安いことに気づきました。
特に今日はお昼からたっぷりとアルコールを頂いていますので、判断能力が低下しております。気がついたら、酒の勢いでこのRTFをポチッていました。(^^ゞ

2011.07.03_2 CopterX CX250SE RTF


本当は組立から自分でやってみたかったのですが、価格の魅力には勝てません。いつの間にやら当初の組立目的は忘れてしまって、CopterX CX250SE 2.4GHz RTFを購入していました。ついでにBall End Pliers (RCT-PR007)、6.31ドルも買って、合わせて送料込みで15,905円でした。

おいおい、組立済みのワルケラやBladeがイヤで250に手を出したハズなのに、このザマはいったいどういうことだ!!
あとで自分自身に突っ込みを入れても時すでに遅し。PayPalで支払いは完了していました。
まっ、今さら、しょうがないので、ゼロからの組立はHK250GTで行うことにして、まずは250ヘリにチャレンジすることにしました。

さて、どうなりますやら・・・。


CopterX CX250SE RTF 到着

昨日、CopterX CX250SE RTFが我が家に到着しました。注文からちょうど一週間でした。
荷物を開梱するとアルミケースがただ一つ出てきました。ヘリや付属品はみなアルミケースの中に入っているようです。

110710_1 アルミケース


ケースを開けると、組立済みのラジコンヘリCopterX CX250SEが。

110710_2 CopterX CX250SE RTF


CX250SEを取り出すと二段目に送信機その他が入っていました。

110710_3 送信機その他


全部取り出します。ヘリ本体、ビスセット、ドライバーセット、バッテリー1個、充電器とアダプター、2.4Ghz 6ch送信機CX-CT6BとUSBケーブル、そしてCDが大小各1枚付属していました。紙のマニュアルはありません。

110710_4 全部取り出し


通常サイズのCDにはKY Modelの諸マニュアル(ヘリ&各パーツ)、3Dフライトビデオ、メンテナンスビデオ、それから送信機用のソフト等が入っているようです。小さい方のCDは送信機をPCに接続するためのドライバーソフトのようです。

これ全部で送料込み1.6万円しないんですよ。安くないですか。Blade mCP Xの機体と同じくらいの価格です。(*^O^*)

でも送信機はさすがに安っぽく、まるでシミュレーター用のUSBコントローラーのようです。それにスロットルスティックを動かすとカリカリ音がします。これ飛行機用と兼用でしょう。中に単三電池が8本入ります。
これは当然に国内認可品ではないですから電波を出せません。私は送信機はTurnigy 9X(DSM2国内モジュール付)を使用するつもりなので問題はありません。(^^)

LiPoバッテリーは、11.1V 15C 800mAh ノーブランドです。コネクターはT型というヤツですが、これ熱で溶けるとか・・・じゃなかったですか?

110710_5 コネクターはT型


最後に大きさの比較のためにmSRと並べてみました。さすがにマイクロヘリの中では大きなサイズですね。カタログ上は423*85*155mmとなっています。

110710_6 mSRと



最後にこのRTFセットの特徴を英文のまま掲載しておしまいにします。
でもこのケースのせいで、また部屋が狭くなりました。(^_^)v


CopterX CX 250SE 2.4GHz RTF

Package Included:
・CopterX CX250SE Kit x 1
・CopterX 3400Kv Brushless Motor x 1
・CopterX 30A ESC x 1
・CopterX 2.4G Transmitter & Receiver x 1
・9G Servo x 4
・CopterX Gyro GY750 x 1
・Full Size Aluminium Case x 1
・CopterX Balance Charger x 1
・Switching Adapter x 1
・CopterX Li-Polymer Battery 11.1V 15C 800mAh x 1
・CopterX Transmitter Config Program CD x 1
・CopterX Transmitter USB Cable x 1

Features:
・Factory assembled and tested, ready to fly out of the box
・All necessary equipment included inside handy aluminum carrying case
・Included 2.4Ghz 6ch radio system with computer programmable features
・High quality brushless motor system with LIPO battery pack
・High performance GY750 Head locking gyro system installed and setup at the factory
・Slop free Aluminum alloy rotor head and tail assembly
・High strength Carbon fiber main frame
・Weighted tail blade grip for accurate rudder control and less stress on rudder servo
・Alloy belt drive pulley for long service life and positive rudder control
・Light weight aluminum alloy boom lock, motor mount, rudder drive gear mount, standoff
・Carbon fiber tail support and anti rotation bracket
・High strength landing skit
・Ball raced drive and rotor systems
・Adjustable gyro mount for different gyros
・Factory painted fiber glass canopy
・205mm composite main blade, weighted flying paddle and tail blade included
・1mm hex driver, T6, Philips screw driver included

Specification:
・Length: 430mm
・Height: 187mm
・Main Blade Length: 200mm / 205mm
・Main Rotor Dia.: 450mm / 460mm
・Tail Rotor Dia.: 108mm / 112mm
・Motor Pinion Gear: 15T
・Main Drive Gear: 120T
・Tail Drive Gear: 28T
・Drive Gear Ratio: 1:8:4.28
・Flying Weight: Approx: 330g
・Dimension: 423*85*155mm
・Aluminium case dimension: 470*190*250mm



CX250SEの付属ビデオ

さて、CX 250SE RTFに付属していたCDを見てみましょう。内容は以下のとおりです。

110711_1 CDの内容


まずマニュアル(Manual and Instruction)ですが、なんと肝心のCopterX CX 250SEのものがありません。CX 450用で我慢しとけ!、ということでしょうか。

パーツリスト(Parts List)には、CopterX CX250 Parts Listがあります。

ソフトウェア(Software)は、FMSと送信機用のセットアップソフトの2本です。

ビデオ(Video)はこれもCX 450用が9本入っていますが、CX 250SEのものがありません。CX 450で我慢しとけ!、ということですね。ラジャー!

では、ビデオ"Preflight Checking for CopterX CX450 AE V2/SE V2/ME RTF Helicopter "(飛行前のチェック)を見てみましょう。

Chapter 1 - 道具の準備(ピッチゲージ、ボールリンクプライヤ、ドライバー等)
Chapter 2 - RTFセットの内容説明
Chapter 3 - バッテリーの充電について
Chapter 4 - 送信機の設定
Chapter 5A - サーボチェック
Chapter 5B - ジャイロ感度設定
Chapter 6 - ブレードチェック
Chapter 7 - 屋外でのフライト

また、最後の1本は3Dフライトビデオです。

ビデオはどれも英語です。私のクソ耳では何をいっているのかよくわかりません。でも百聞は一見にしかずで、少しは理解できます。^^;

せっかくビデオを見たので、バッテリーの充電をして見ました。でも、出荷時にフル充電されていました。次に送信機に単三電池を8本取り付けました。で、送信機をよく見ると、なにやらトリム調整されているような雰囲気があります。

110711_2 トリム調整済みか


スロットルトリムが下がっていて、エルロンのトリムもかなり右寄りです。エレベーターとラダーのトリムは中央です。

ehirobo.comを再確認すると、"All helicopter were setup and tested by skilled technican before delivery "(すべてのヘリコプターは出荷前に技術者による設定とテストが行われている)という一文がありました。

これって、ひょっとすると「調整済み」ということ? 例の「ホバリング調整済み」という言葉も連想してしまいました。

う~ん、単にトリムがズレているだけか、それとも調整の結果なのか・・・。まあ、今日のところはこのまま触らずにおきましょうか。(^^;)



CX250SEの付属マニュアル

CopterX CX 250SE RTFに付属していたCDの中のマニュアル(Manual and Instruction)を確認します。すべて英語で書かれています。

・CopterX CX-S01 USB RC Flight Simulator Instruction Manual
これはCX-S01というシミュレーター用のUSBコントローラーについてのマニュアルです。今回は関係ないですね。パスします。

・CopterX CX-S02 6-Channel 3D Flight USB RC Flight Simulator Cable Instruction Manual
これは付属のUSBケーブルのマニュアルです。ケーブルの品番がCX-S02でこれを使用すると、送信機をFMSやHeliSimRCなどのシミュレーター用のコントローラーとして使えるようになります。FMSで使用するための設定についても書かれています。これもパスします。

・CopterX CX-CT6A 6 channel 2.4G Computer Transmitter Instruction Manual
付属の6CH送受信機のマニュアルです。この送信機は上記のUSBケーブルを使ってコンピューターと接続し、専用ソフトを使ってプログラミングが行えます。下はスロットルカーブとピッチカーブの設定画面です。各2モードで5ポイントのカーブが設定できます。ところで付属の送信機はCX-CT6Aではなく新型のCX-CT6Bでしたが、基本的に同じ物のようです

110712_1 プログラミング


他には、エンドポイント、サーボリバース、サブトリム、デュアルレートが設定できます。また、タイプ設定では、飛行機、90°ヘリ、120°ヘリ、140°ヘリが設定可能です。スワッシュAfr設定、3つのミキシング設定もできます。
2つのスイッチと2つのポテンショメーターの設定も可能です。デフォルトでは右のポテンショメーターでジャイロ設定、左のポテンショメーターでピッチ設定です。見かけによらず優秀そうな送信機ですね。なんか匂いますねぇ。

このCT6B送信機、この型番が何となく記憶に引っかかるので調べてみました。やっほー、見つけましたよん。お馴染みのFLYSKYでした。

http://www.flysky-cn.com/eindex.asp

上のサイトの製品の中でFS-TH9BとCT6Bに注目して下さい。FlyskyといえばTurnigy 9X。Turnigy 9X V2=FS-TH9B、同じものです。・・・それならば。(^^ゞ

さらに調べてみて驚きの事実が判明しました。CT6BもTurnigy 9Xも、2.4G AFHDSシステムです。CodetypeもGFSKで同じ。えっえ~!、おんなじジャン、ひょっとして互換性があるんじゃないの。

さらにCopter X(KY Model)のサイトでも見つけましたよ、CopterX CX-CT9A Transmitter with CX-CR9B Receiverです~。これはまさにFS-TH9B、即ちTurnigy 9X V2ではありませんか。(*^_^*)

110712_2 CX-CT9A


なんだ、そういうことだったんですね。ということは・・・。たぶんCopter XのRTFは、何の手も加えずにTurnigy 9Xで飛ばせるのではないでしょうか。
ムフッ。でも、電波法違反・・・。皆さん、ないしょにして下さいね。なんか楽しくなってきた~。(^^ゞ


ちょっと横道にそれたので、元に戻して続けます。

・CopterX CX450 AE/SE V2 Instruction Manual
これはCX450の組立マニュアルです。250用がないのが残念ですが、まあ、そこはTrex250のマニュアルもありますし・・・。^^;

・CopterX GY401 Gyro User Manual
450用ジャイロのマニュアルです。

・CopterX 50A ESC User Manual
450用ESCのマニュアルです。


何かおかしいですね。やはりこれは250用の専用CDもあるのではないでしょうか。250用のジャイロやESCの説明がどこにもありません。さて・・・。(-_-;)

もう一度、Copter X(KY Model)のサイトへ行きます。そしてSupportのページを見ると。

http://www.ky-model.com/support.html

ありました!
 
・CopterX CX250 SE Instruction Manual

でも、ジャイロとESCの説明書が見あたらない・・・。
しかし、そんなこたぁ、今となってはちっちゃい問題です。本日の収穫は、送信機CT6BはTurnigy 9X V2と互換性がありそうだということです。
むふふ・・・、Copter Xのファンになっちゃいそうです。(*^_^*)


最後に追加情報ですが、rcgroups.comの書き込みではCopterX CX250SEの方がHK250GTより品質は上という評価です。HKヘリは安いのですが製品のバラツキが大きいそうです。その点、CopterXは少し高いけど安心らしいですよ。が、しかし。HK250GTも新型になったばかりで、品質が改善している可能性もありますよ。(^_^)v







T-REX100SをCopterXのプロポ(FS-CT6B)で飛ばせます。

FlyskyのFS-CT6B送信機を何故うろ覚えながらも記憶していたかを思い出しました。「オイラのブログ(WALKERAが好きなの) 」で、KKDDMMさんがCT6BでT-REX100Sを飛ばしたというエントリーを以前に読んだからです。URLは以下になります。

http://plaza.rakuten.co.jp/ringmaker/diary/201103050003/


このブログ記事によると、T-REX100Sに付属するプロポとFS-CT6Bは完全互換性があります。また、ありがたいことにCT6Bに付属するソフトについてもKKDDMMさんが注意点を書かれています。KKDDMMさん、CopterXであなたのブログがとても役に立ちました。(^_^)v

で、ポイントはFS-CT6BでT-REX100Sが飛ばせるということ。←コレ重要です。

折しも、はまちゃんからうれしいコメントをいただきました。「この送信機(CT6B)は王様ブランドの2.4Ghz 6Ch Tx & Rx V2 と同じみたいですね。この送信機に付属してくる受信機、HK-T6A-V2 は9Xで使えています。」

HobbyKing 2.4Ghz 6Ch Tx & Rx V2 (Mode 1)
110714_1 Hobby King 2.4Ghz 6Ch


このホビキンの6Ch受信機なら、何故か私も一つ持っています(安かったんだもん)。さっそく取り出してCopterXのそれと見比べてみました。おっ、受信機は同じものです。
また、送信機はHobbykingsはT6Aという型番ですから、これは旧型のFS-CT6Aかも知れませんが、これもCopterX CT6Bと同じものですね。

予想通りです。tiger22はTurnigy 9XでCopterXのRTF機を飛ばせることを確信いたしました。(*^_^*)

また、Turnigy 9XすなわちFS-TH9BはFS-CT6Bの上位互換ですから、FS-CT6BでT-REX100Sが飛ばせるなら、Turnigy 9XでもT-REX100Sが飛ばせるということになります。(*^O^*)

Turnigy 9Xと、CopterXと、T-REXが、ついにひとつに繋がりました。
その扇の要こそ、我らがFlysky(フライスカイ)です。唯一の懸念はいつもの電波法違反問題です。

http://www.flysky-cn.com/eindex.asp

tiger22は、Flyskyにロックオン!です。



Hobby Kingから到着。

今日も節電対策の休日出勤でした。(泣)

さて、Hobby Kingに注文していたCopterX CX 250SE関連の小物が、ようやく今週始めに到着しました。LiPoバッテリーが入っていたのでスイス経由で地球をぐるっと回ってはるばると我が家にやってきました。(^^)

110723_1 Hobby Kingから到着


最初に定番のアメンボですね。nano-tech 850mAhのバッテリーが2本、そしてバッテリー用のコネクタが2種。T型とXT60です。
CopterX CX 250SE RTFはT型コネクタがついていましたが、XT60の評判が良いのでこれに付け替えようかな、でも実は迷っていてT型でもいいかな?とも思っています。う~ん、どうしょう・・・。('_')

で、今日のお昼休みに秋葉原の千石電商さんまで出かけて熱収縮チューブも買ってきました。久しぶりでしたが、さすが土曜日のアキバは人が多いですね。

メインストリートから裏道に一歩入ると道路の両側にメイドさんがズラリと並んで、客引きをやっています。ミニスカートのチャイナドレスもいました。例のメイド店員さんで有名なトイヘリミュージアム辺りにも屯していました。

フィギュア関連のコトブキヤの前は特に多いように感じましたが、駅前のラジオ会館が建て替えられるとかで、中に入っていたプラモ屋さんやフィギュア関連のお店が駅周辺に散らばっていました。私が年に数回は顔を出すイエローサブマリンやボークスも移転していました。
しかし、今日の私は千石電商さんとラジコンショップに寄っただけで真っ直ぐに帰社しました。

CX 250SE関係のミニ工具や小物が欲しくて大手のラジコンショップに行ったんですが、残念ながら欲しいものは売っていませんでした。最近、特に感じるんですが、アキバに行っても欲しいものが手に入らないことが増えています。以前は何でもあったような気がしますが、どうしたんでしょう。

海外から通販で買った方が早いという場合が多いような気がします。
日本は、どこかが変わりつつあるのを感じます。(-_-;)



CopterXバッテリー充電器

7月に購入したCopterX CX250SE 2.4GHz RTFに付属していたCopterX Balance Charger(充電器)ですが、これにもマニュアルはありません。付属のDVDの中に充電方法の説明ビデオがありますが、全部英語なのでよく理解できません。(泣)

試しにCopterX Li-Poバッテリー 11.1V 15C 800mAhを接続してみましたが、下の写真のようにコネクタを少し刺した時に緑ランプが点灯します。そのままコネクタを奥まで挿入すると、今度は緑ランプが消えます。ビデオを見ると、コネクタを奥まで差し込むと緑ランプが点滅しています。点滅は充電中の印なのか、それとも充電完了の印なのか。また、まったく緑ランプが点かない状態は何を表すのか。

111102_1 付属の充電器で


そこで充電器をiMAX C-403に変更して充電を行いました。何事もなく充電が開始され、33分経過後にフル充電になりました。うーん。

111102_2 iMAX C-403充電器で


続いて、Turnigy nano-tech 11.1V 25C 850mAhバッテリー1本を充電してみました。XTREMEの変換プラグ(JST→T型)を使ってバッテリーとiMAX C-403充電器を接続します。これも問題なく40分程でフル充電できました。

111102_3 iMAX C-403充電器で


そこで再びCopterXバッテリー充電器を手に取りました。よく見ると、あら、充電器の裏になにやら英文が。なんと操作説明ではありませんか。なんだ、こんな所に書いてあったんですね。(^^ゞ

なになに、充電中は緑ランプが点灯し、充電完了すると緑ランプが消えるとあります。

Turnigy nano-tech 11.1V 25C 850mAhバッテリーがあと1本あります。さっそくCopterX充電器のコネクタに奥まで差し込みます。今度は緑ランプが点灯しました。つまり充電開始ということですね。

111102_4 付属充電器で充電中


しばらくしてから充電器を見ると、緑ランプは消えていました。充電完了です。
でも、緑ランプ点滅なんてシーンは一度もありませんでした。あの説明ビデオはなぜ点滅していたのでしょうか。いまだに謎です。(^_^)

・・・と、こんなことで3時間以上も浪費してしまいました。



CX250SEの送信機設定を解析_1

CopterX CX250SE RTFに付属の送信機CX-CT6Bのモデルメモリー設定を見てみましょう。
CX250SE関連のマニュアル・ソフトウェア類はky-model.comのサポートページから必要に応じてダウンロードできます。

最初にCopterX CX-CT6A送信機のマニュアルをダウンロードします。次にパソコン用のソフトウェア"CopterX CX-CT6A 6 channel 2.4G Computer Transmitter Setup Software"をダウンロードします。(なお、私の場合ですが、付属の"Driver"CDは古い内容のものでしたので、それを使用せずにダウンロードしたものを使いました。)

マニュアル11ページの指示にしたがって、最初にPL-2303 Driver Installer.exeをダブルクリックしてインストール、続いてt6config.exeをインストールします。これでソフトの準備は完了です。

CX-CT6B送信機に単三電池8本をセットして電源スイッチを入れます。そして、下の写真の右側のPC接続用USBケーブルを使って送信機とパソコンを接続します。

111115_1 CX-CT6AとPCケーブル


Windows XPが新しいハードウェアを検出します。「次へ」をクリックするとインストールが開始されます。インストールが終了するとパソコンの再起動を促されますので再起動します。

Windows XPが再起動してからあらためて送信機をパソコンに接続します。t6configアイコンをダブルクリックすると下の画面が開きます。GetUserボタンを押して送信機の内容をパソコンへ転送します。転送が終了したらすぐに送信機の電源を切ってしまいます。(^^ゞ

111115_2 t6config画面


それではパソコン画面を見ながら設定内容を確認しましょう。(^^)

System Setting(System Function Setting システム機能の設定)

EndPoint(エンドポイントまたはトラベルアジャスト)・・・チャンネル毎に0~100%の間で設定可能。

111115_3 EndPoint


CH1(AILE) 100%、100%
CH2(ELEV) 100%、100%
CH3(THRO) 100%、100%
CH4(RUDO) 100%、100%
CH5(GYR) 100%、100%
CH6(PIT.) 100%、100%


Reverse(サーボ・リバース)

111115_4 Reverse


CH1(AILE)
CH2(ELEV)
CH3(THRO)
CH4(RUDO) Rev
CH5(GYR)
CH6(PIT.) Rev

SubTrim(サブトリム)・・・-120~120%の間で設定可能。

111115_5 SubTrim


CH1(AILE) 50
CH2(ELEV) 100
CH3(THRO) 0
CH4(RUDO) 0
CH5(GYR) 0
CH6(PIT.) 50

DR(デュアルレート)・・・0~100%の間で設定可能。

111115_6 DR


CH1(AILE) DR ON=100%、DR OFF=50%
CH2(ELEV) DR ON=100%、DR OFF=50%
CH4(RUDO) DR ON=100%、DR OFF=50%


・・・次回に続きます。



CX250SEの送信機設定を解析_2

CX250SE RTFに付属の送信機CX-CT6Bのモデルメモリー解析の続きです。


Stick=MODE 1(モード1~4が選択可能)


Type=HELI-120(他にはHELI-90、HELI-140、ACROが選択可能)


Thro Curv(スロットルカーブ)

111116_1 Thro Curv


NOR・・・0 25 50 75 100
ID ・・・100 100 100 100 100


Pith Curv(ピッチカーブ)

111116_2 Pith Curv


NOR・・・0 25 50 75 100
ID ・・・0 25 50 75 100


Swash AFR(CCPM方式のスワッシュプレート調整)・・・0~100%の間で設定可能。

111116_3 Swash AFR


CH1(AILE) -60
CH2(ELEV) 60
CH6(PIT.) 90


MIX.(プログラムミックス)

111116_4 MIX


Mix Num:MIX 1~MIX 3の、3つのプログラムミックスが使用可能
Source:ミックスされるソース(各チャンネル、スイッチ、ポテンショメーター)を選択
Des:Destination Selection(出力チャンネルを選択)
Up Rate:ミックスの上限(-100~100%)
Down Rate:ミックスの下限(-100~100%)
Switch:作動方法(OFF、ON、SWA、SWB)


Mix Num:MIX 1
Source:VR B
Des:CH6
Up Rate:100%
Down Rate:100%
Switch:OFF

Mix Num:MIX 2
Source:VR A
Des:CH5
Up Rate:100%
Down Rate:100%
Switch:ON

Mix Num:MIX 3
Source:CH1
Des:CH1
Up Rate:0%
Down Rate:20%
Switch:OFF


Switch Program(Switch and Potentionmeters Settings スイッチとポテンショメーターの設定)

111116_5 プロポのスイッチ写真


Switch A・・・SW ON:ThroCut

111116_6 Switch A


送信機の右肩のスイッチがSwitch Aで、右のつまみがVR(A)です。
送信機の左肩のスイッチがSwitch Bで、左のつまみがVR(B)です。


Switch B・・・SW ON:NOR/ID

VR(A)・・・NULL

VR(B)・・・Pith Adjust


・・・以上でおしまいです。MIX以降の部分が自分でもまだよくわかっていません。^^;

なお、ご承知のようにCX-CT6B送信機は電波法認可品ではありませんので、国内で使うワケにはまいりません。それで私は上記の調査内容を元にして、Turnigy 9X(Er9x)で新規にモデルメモリーを設定するつもりです。(^_^)


ところで、今晩と明日は事情があってパソコンが使用できません。
コメントへのお返事は金曜日の夜以降になりますので、ご了承をお願い致します。m(_ _)m



Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR