FC2ブログ

マイクロヘリの難しさ

「マイクロヘリは難しいから、ヘリコプターを始めるなら T-rex 450 か 500 がいいよ。」と良く言われます。
これは本当です。マイクロヘリの6ch可変ピッチ機は、簡単には飛ばせません。(^^ゞ

操縦技術が伴わないのにムリして飛ばせば、クラッシュ(衝突・墜落)させてヘリコプターを壊すことになります。
しかし、450 や 500 はお金がかかりますし、事故を起こした時にケガをする危険性も高くなります。ですから私はシミュレーターをオススメします。

下の2枚のスクリーンショットは、リアルフライト6の練習飛行場の同じ場所に T-rex 500 と Nuvus 125 CP(Walkera 4G6) を置いた時のものです。

T-rex 500
120726_1 T-rex 500


Nuvus 125 CP
120726_2 Nuvus 125 CP


パソコンの24インチ・ディスプレイ上で機体の長さを測ってみました。T-rex 500 は33mm、Nuvus 125 CP は11mmでした。Nuvus 125 CP は T-rex 500 の1/3の長さしかありません。体積ではざっと1/9ですね。

プロポのエレベータースティックをちょっと前に倒して、T-rex 500 をちょうど機体の長さの分だけ前進させるとしましょう。1機体長分だけです。これはそれほど難しくはありません。
次に上と同じだけエレベーターを倒して Nuvus 125 CP を前進させます。正確なプロポ操作ができたとすると、Nuvus 125 CP は機体の長さの3倍の距離を前進しているはずです。つまり、Nuvus 125 CP で1機体長分だけ前進させようとすれば、T-rex 500 でやった時のスティック操作量の1/3でヤメなければならないということになります。

同じプロポを使い、同じモデルメモリー設定で比較すれば、上記のようになると思います。正確ではありませんがイメージは掴んでいただけるでしょう。

実際、私は T-rex 500 と Dominion 3D を使ってリアルフライト6の練習をしてきました。ピルエットホバーとピルエットサークルの練習を約 3ヶ月やりました。
これがなんとか形になってきたので機体を Nuvus 125 CP に変更した途端、上記のスティック操作の違いを体感することになりました。安定したピルエットホバーができません。ヘリが前後左右にブレまくります。最近ようやく慣れてきましたが、まだまだです。

Genius CP のシミュレーターである LAC Stick Trainer で、これからがんばって練習したいと思います。(笑)

マイクロヘリの6ch可変ピッチ機では、本当に微妙なスティック操作が要求されます。ちょんちょん という感じで操作します。同じマイクロヘリでも自立安定性のある4ch機とは大違いです。

諸先輩方がおっしゃるとおりです。
「マイクロヘリは難しい。ヘリコプターを始めるなら T-rex 450 か 500 がいいよ。」
シミュレーターでもまったく同じです。最初は T-rex 500 から始めて、次にマイクロヘリに移りましょう。(^^)



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索(FC2)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR