FC2ブログ

WK-2801PRO 日本語マニュアル4

WK-2801PROのマニュアル翻訳その4です。英語マニュアルの8~9ページのプロポのモード変更です。国内はモード1が大勢を占めていますが、海外の標準はモード2らしいですね。

わたしのWK-2801PROも最初からモード1仕様ですから、以下の説明にあるモード変更を自分ではやったことはありません。(^_^;)

---ここから----

5.3 Throttle stick switch(mechanical method)(スロットルレバーの変更)

5.3.1 Right-hand throttle swiched to Left-hand throttle(右スロットルを左スロットルへ変更する)

A.The stick position change(スロットル・スティックの位置変更)

最初に電池と送信機裏面の6本の取付ネジを外し、次に送信機の裏ぶたを外す。(このとき、中の配線を切らないように注意。)
【注】なお、以下の説明では下の写真を参照しながら読んでください。

ドライバーで、Right Throttle Position(右スロットル位置。写真左)のLinkage Screw、Screw A、Screw Bの3種のネジとThrottle Arresting spring(スプリング)を緩める。
次に、それらをLeft Throttle Position(左スロットル位置。写真右)の、それぞれ対応する位置に取り付ける。
そしてScrew Aのネジを好みに合わせて調節する(スロットル・スティックの強さを調整)。
最後に、送信機の裏ぶたを元どおりに取り付ける。

08_1.jpg


B.The data switch(データの変更)

Func.Menu(ファンクション・メニュー)に入り、UPキーかDNキーを押してSTICK(スティック)を選択し、ENTキーを押してSTICK screen(スティック画面)に入る。
スティック画面でUPキーかDNキーを押して、カーソルをサブメニューのSTICKの位置に移動する。
+.RキーかL.-キーを押してstick control mode(スティック・コントロール・モード)を選び、ENTキーで決定する。


08_2.jpg

MODE 1(モード1)とMODE 3(モード3)は、スロットルが右側になる。
MODE 2(モード2)とMODE 4(モード4)は、スロットルが左側になる。

なお、モード1~4のスティック配置は下の写真のようになる。

08_3.jpg

以上で右スロットルから左スロットルへの変更作業の説明を終わる。



5.3.2 Left-hand throttle swiched to right hand(左スロットルを右へ変更する)

A.The stick position change(スティック位置の変更)

最初に電池と送信機裏面の6本の取付ネジを外し、次に送信機の裏ぶたを外す。(このとき、中の配線を切らないように注意。)
【注】なお、以下の説明では下の写真を参照しながら読んでください。

ドライバーで、Left Throttle Position(左スロットル位置。写真右)のLinkage Screw、Screw A、Screw Bの3種のネジとThrottle Arresting spring(スプリング)を緩めて取り外す。
次に、それらをRight Throttle Position(右スロットル位置。写真左)の、それぞれ対応する位置に取り付ける。
そしてScrew Aのネジを好みに合わせて調節する(スロットル・スティックの強さを調整)。
最後に、送信機の裏ぶたを元どおりに取り付ける。

09_1.jpg

B.The data switch(データの変更)

Func.Menu(ファンクション・メニュー)に入り、UPキーかDNキーを押してSTICK(スティック)を選択し、ENTキーを押してSTICK screen(スティック画面)に入る。
スティック画面でUPキーかDNキーを押して、カーソルをサブメニューのSTICKの位置に移動する。
+.RキーかL.-キーを押してstick control mode(スティック・コントロール・モード)を選び、ENTキーで決定する。

09_2.jpg

MODE 2(モード2)とMODE 4(モード4)は、スロットルが左側になる。
MODE 1(モード1)とMODE 3(モード3)は、スロットルが右側になる。


09_3.jpg

以上で左スロットルから右スロットルへの変更作業の説明を終わる。

注意:ネジを取り外したり締めたりするときは、その締め具合の強さに注意せよ。強すぎるとネジがバカになる。

---ここまで----

ワルケラのプロポは上記のようにモード変更が容易なので、気軽に中国から購入できます。

たとえば、ホビーキング(Hobbyking.com)は安くて私も好きですが、ここで購入するとプロポはまずモード2です。が、ワルケラ製なら自分でモード1に変更できるので安心です。
でも、ヘリ付属のバッテリー充電器のコンセントも中国式ですから、そのままでは日本で使えないので要注意です。(^_^;)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索(FC2)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR