今日から送信機の持ち方を変更しました。

突然ですが、今日から送信機の持ち方を変更しました。
下の写真がその新スタイルです。(^^)

130525_1 新・送信機の持ち方


これは "1st U.S. R/C Flight School"(第1米国 R/C フライトスクール)の Scott校長が推薦するアメリカンな持ち方です。しかし、これは米国でも多数派ではなく、ほとんどの方は日本のスタイルと同じく親指をスティックの上に乗せるだけのようです。

やってみれば実に簡単。親指をスティックの上に乗せ、次に人差し指を横に添えます。たったこれだけです。2本の指でスティックをしっかりホールドできます。


この持ち方については3年前に「電動ラジコンヘリ独学奮戦記」さんで、すでに紹介されています。

電動ラジコンヘリ独学奮戦記: プロポの持ち方
http://blogs.dion.ne.jp/caliber/archives/9437055.html

管理人のアカミミさんは、「この海外スタイルって・・どうなんでしょう。」とおっしゃっています。


Scott校長がこの持ち方を推奨される理由を簡単に列挙します。

・自動車のハンドルを2本の手で操作するように、送信機のスティックも2本の指で操作しなければならない。

・この持ち方だと操縦時にヘリの反応がダイレクトに感じられヘリとの一体感が増す。

・初心者にありがちなオーバーな入力(オーバーコントロール)を防ぐ効果もあり、ひいては過大なエクスポネンシャルを設定しなくてもヘリを飛ばすことが可能になる。

・送信機にストラップをつけたり送信機をトレイの上に乗せると、オーバーコントロールになるので、ストラップもトレイも使うべきではない。


このスタイルでシミュレーターを使ってみましたが、非常に細かな操作が可能になりオーバーコントロールが押さえられます。ホバリングの安定感が増しピタホバしやすくなります。私はとても良いと感じました。
2本の指で均等に摘むのではなく、メインは親指で人差し指は軽く添えて2本指でスティックを固定する感じの方が良いようです。

送信機の持ち方変更は、送信機をモード1からモード2に変更して以来の大変更になりますので、慣れるのにちょっと時間がかかりそうです。(^^)

モード2の方はぜひやってみて下さい。モード1でも効果は変わらないと思います。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スティックの持ち方

tiger22さん、こんばんは。

自分は20年ほど前に数年間、グライダー、電動グライダーをロングスティックで、親指と人さし指でつまんで操作する方法で飛ばしたことがあります。プロポ(Graupner MC-17)は専用トレーに収めて使いました。

ロングスティック/トレー方式の利点は、スティックを前後左右、均等に動かしやすいこと、舵のホールドがしやすいこと、舵が混ざりにくいこと、左右のハンドレストに手首を置くと安定して操作できること、スイッチ類の操作が楽なこと。欠点は、瞬間的な大舵が打ちにくいことでした。

親指式のプロポを、スティックをつまんで操作する場合は、プロポの保持がむずかしくなり、1点支持のプロポストラップではちょっと不安定になりますが、トレーを使うとかなり安定します。

当時はロングスティック/トレー式プロポが国内では入手しにくく、その後、ふたたび親指式にもどりました。今は、スティックを短くして、適度なテンションで舵がまざらないようにして、電動へリや電動プレーンをフライトしています。

Re: 激しく同意

石敢當さん、こんばんは。

先生に「激しく同意」していただけると、とても心強いです。(^^)
教えていただいた後進飛行のレッスンを毎日少しづつやっています。
機体の動きを安定させるとか、正確なスティック入力を行うには2本指が圧倒的に有利だと思います。
何というかスティック入力がピタリと決まる感じで、後進もやりやすくなります。

このビデオは久しぶりに拝見しましたが、何度見ても凄いですね。おっしゃるとおり2本指では大変そうです。
ところで、先生は今ではさらにこの上を行かれているのでしょうね。ため息が出ます。

>私もストラップ・ボード同意見です。
これまた心強いご意見です。私もストラップは少し前から止めていましたが、もうストラップは捨ててしまおうと思います。(笑)

ありがとうございました。

Re: スティックの持ち方

cvlexさん、こんばんは。
この持ち方の利点と欠点はまさにcvlexさんのおっしゃるとおりだと思います。

上のScott氏のテキストには、プロポは上記の持ち方をして、かつストラップもトレーも使用禁止と書かれています。送信機の重さを手に感じつつ操縦する必要があるとの考えのようです。
つまり2本指でスティックを動かし、残りの指でプロポを支えつつスイッチを操作することになります。
最初はえっ!、と思いましたが、やってみたところ特にに問題なく送信機をホールドできました。
ただ、私の場合まだ慣れていないのでスムーズに操作するには一定の練習が必要だと感じました。

ストラップやトレーの使用禁止の理由は、自然で正確なスティックワークができなくなること、およびストラップ等の使用から生ずるオーバーコントロール傾向だそうです。
Scott氏によれば、このようにプロポを持つことによりラジコンヘリ操縦の学習速度も上がるとのことです。そしてこの持ち方はプロポの設定にまで影響します。expoの使用を必要最小限にすることができるので、過大なexpo(例えば30%)設定からくる弊害を極言まで少なくすることができるそうです。

ということなので、しばらくはScott氏と石敢當さんを信じて、この持ち方でやってみようと思います。
ありがとうございました。

Re: 何か嬉しい

石敢當さん、こんにちは。

>Tige22さんも同じ方式なら今後ニュアンスを伝えやすいと思います。
よろしくご指導をお願いします。(^^)

>この方式は摘むことだけに目が行きますが、親指はスティック真上に置いてることが大前提。更に言うと親指の先を立てるようにするといいようです。
私もそう思います。スティックも短めの方が、そしてバネも少し強めの方が良いみたいです。

趣味やブログは、長く継続するのが、なかなかむずかしいと思います。
それでも長くつづけていらっしゃる方もいらっしゃいます。たとえばcvlexさんとか、ホント尊敬しちゃいます。
私もヘリは3年近くになりますが、あまり集中せずダラダラとやってるから続いているように思います。
おっしゃるとおり、他にやりたいこともいろいろありますし~。(笑)

No title

tiger22さん、石敢當さん、こんばんは

室内フライトでちょっと試してみただけですけど・・・
こんなに違いがはっきり解るとは思いませんでした!

確かに、人差し指のサポートで親指が遥かに正確に操作できる感じですね。
親指だけに戻すと、スティックのテンションだよりで操作している感じで、
何だか頼りなく感じてしまいます。

ただ、まだ慣れていないので、大きな操作がしにくい感じです。
石敢當さんが書かれている様に、やはり使い分けが必要になりそうですね。

Re: No title

vuvuさん、どうも。

動きの機敏なマイクロヘリにはこの持ち方が合っているとおもいます。
慣れるまで少し練習が必要だと思います。
私もまだまだ練習中です。

No title

おはようございます。

下記はどうでしょう(^^

http://www.youtube.com/watch?v=p3nNiUStTE0

Re: No title

ブラウンさん、こんばんは。

ビデオ拝見しましたが、こりゃ、スゴイですね。(^^ゞ
私は一生かかってもこのレベルには到達できないので、なんとも言えません。
しかもまだこの持ち方に慣れていないので、どうにもぎこちない状態が続いています。
はっきり言って、ヘタになってしまいました。(笑)
Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR