FC2ブログ

農薬散布用ラジコンヘリで死亡事故発生(2013年7月18日)

以下に日テレNEWS24の記事を転載します。

---------------

http://news24.jp/nnn/news89062101.html

農薬散布用無線ヘリ接触、操縦中の男性死亡(千葉県) 7/18 13:52

千葉・君津市で18日朝、農薬散布用の無線操縦ヘリが地上で操縦していた男性に接触し、男性が死亡する事故があった。  警察などによると、18日午前8時半頃、君津市大戸見で、「ヘリが下にいた人の頭を切った」と近所の人から通報があった。警察官が駆けつけたところ、農薬散布用の無線操縦ヘリを地上で操縦していた60歳とみられる男性が、頭部に傷を負って倒れていて、その場で死亡が確認された。  男性と接触したヘリは、重さ約60キロ、長さ約5~6メートルで、水田に農薬を散布するため、男性が飛行させていたという。警察が事故の状況などを調べている。

---------------



もう一つ、NHK NEWS WEBの記事を転載します。

---------------

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130718/k10013119411000.html

無線操縦ヘリ接触し男性死亡 千葉  7月18日 13時54分

18日午前、千葉県君津市で、農薬を散布するための無線操縦のヘリコプターが墜落して、操縦していた男性にぶつかり、男性は死亡しました。

18日午前8時半すぎ、君津市大戸見の水田の近くで「無線操縦のヘリコプターが下にいた人に当たった」と110番通報がありました。
警察と消防が現場に駆けつけたところ、全長3メートルほどのヘリコプターが水田近くの道路に墜落していて、近くで60代とみられる男性が倒れていました。
男性は頭を切っていて、死亡が確認されました。
警察の調べによりますと、ヘリコプターは農薬を散布するためのもので、男性は近くの水田に農薬を散布するため、ヘリコプターを操縦していたということです。
警察によりますと、近くにいた人が「ヘリコプターは上空の電線にぶつかりそうになり、その後、バランスを崩して墜落した」と話しているということです。
警察は男性の身元の確認を急ぐとともに詳しい事故の状況を調べています。

---------------


上記の2つの記事ではビデオも見ることができますから、直接URLをクリックしてご覧下さい。

ちょうど3年ぶりの、ラジコンヘリでの死亡事故です。
私が調べたところでは 1996年から2013年の約18年間で 5人が死亡しています。農薬散布ヘリでは今回を含めて3人が死亡しています。(過去記事「ラジコンヘリは本当に危険か?」参照)

農薬散布用ラジコンヘリの操縦資格制度あるいは免許制度について、見直す必要があるのかもしれません。なにしろここ18年間の死者5人のうち、農薬散布ヘリのパイロットが2名も含まれています。また作業補助者も1名亡くなっています。

大きなラジコンヘリは危険です。もちろん小さくてもそれなりに危険です。安全には十分に気をつけましょう。

亡くなったパイロットの方のご冥福をお祈り申し上げます。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

悲しい事故

tiger22さんこんにちは

傷ましい事故が発生しましたね。私たちも十分安全には配慮しましょう。
海外でも、RCヘリに当たって死亡事故が発生しているようです。
Gaui X7が傍らに落ちていたとのことです。

http://translate.google.com/translate?hl=en&ie=UTF8&prev=_t&sl=auto&tl=en&u=http://www.blick.ch/news/schweiz/zentralschweiz/mann-41-von-modell-heli-getoetet-id2369590.html

Re: 悲しい事故

藪 丈二さん、こんばんは。

本当に残念ですね。
業務用のラジコンヘリですから我々のホビー用とはもちろん違うワケですが、他人事とは思えません。
まあ、マイクロヘリで命まで失うことはないと思いますが、他人も自分も傷つけないよう十分に注意したいものです。そういう意味では、まず飛行場所の選定が重要だと思います。

また不幸にして事故が起きたとき、違法プロポを使っていたりすると目も当てられませんね。

No title

痛ましい事故ですが、今回の事故報道から状況を推察すると
通常は必ずつける補助者を付けずにオペレーター単独でさぎょうをしていたようですね。
直接原因になった墜落時の目撃状況から考えられるのは、電線を避けて降下した時に急激な降下により俗に言うセットリンクに陥ったのではないかと思われます。
通常の規定通り補助者が居れば電線自体も問題なく避ける事が出来、
事故には至らなかったのではないかと考えられます。
補助者無しでの作業というのは規定上はありえないので、
通常の農家から地元農協が散布を請け負い散布業者に委託、
散布業者は個別の散布者に仕事を配分、という形の流れでではなく、
今回の場合は農家から機体所有者(散布者)が直接受ける中抜きで作業をしていた可能性もあります。



昔、散布助手をしていたときにも一歩間違えれば死亡事故という状況がありました。
その時は、圃場の奥から手前に向けて散布している帰り道の時に
向かい風の突風に煽られエレベーターを前に打っても止まらなくなったそうです。
さらに運悪く、立ち位置が圃場より少し高い場所だったので、ちょうど機体がオペの体の真ん前にくる高度だったとか。
運よくオペの直前1m位の位置で流れが止まり、まさに九死に一生を得たそうです。
過去に起きた事故もこのケースが多いようです。

その時のオペの方は「周りに居た奴ら皆見捨てて逃げやがってw」と冗談半分に怒っていましたが、皆口々に「それは俺でも逃げる」と
回転半径3mのローターが唸りを上げながら迫ってきたら普通は逃げますね。
「エルロン切って横に流せば良かったんじゃね」と言われると、「後から考えればそうなんだが、実際にその場では無理だわw」と言っていました。
まあ無事だったから笑い話に出来るんですけどね。

だらだらと長文失礼しました。

Re: No title

miyaさん、おはようございます。

ご説明ありがとうございました。私のような素人にはとてもわかりやすい説明でした。
miyaさんのご推察とおりだとすると、規定どおりやらなかったパイロットの自己責任ということになるのでしょうか。

ヘリが自分に向かって飛んでくるときはマイクロヘリでも恐くなる時がありますから、農薬散布ヘリくらいの大きさがあったら本当に恐いでしょうね。冷静な操縦ができなくなるかも知れません。

素人考えでは、農薬散布はマルチローターの方が安全に思えます。
マルチローターなら大量の農薬を積載できるでしょうし、GPSでウェイポイントを設定すれば自動操縦も可能です。突風にも自動で対処できるでしょう。GPのマルチローターが必要です。

ヘリよりは安全だと思いますが、如何でしょうか。

No title

tiger22さんこんにちわ
>農薬散布はマルチローターの方が安全に思えます。
確かに安全性、ペイロード共にマルチローターの方が有利なようにも思えますが、3点ほど気になる点があります。

農薬や燃料の補充時に、ローターを機体の前後方向に合わせてしまえば補充作業がやりやすくなるヘリに比べて、マルチの場合はローターの下に潜り込むような形での補充作業になりますよね。

それと散布中は場合によってはかなりオペと機体が離れることもあるのでマルチでは機体の向きが判りにくくなりそうに感じます。ヘリであれば最悪ラダーを打てばテールが見えるので簡単に向きが把握できます。

あとひとつ、ラジコンヘリでの散布はダウンウォッシュも効果的な散布には重要な要素になっています。
ダウンウォッシュによって作物の株元まで農薬を押し込んでいます。
マルチでローターが増える分単位面積にかかるダウンウォッシュが弱くなってしまうなら、散布の効果そのものが半減という本末転倒になってしまう可能性もありますね。

基本的に定点ホバリングで使用する空撮用途であれば、マルチの方が圧倒的に有利だと思います。

Re: No title

miyaさん、こんにちは。

なるほど。マルチでは解決しない問題もあるようですね。
となると、再発防止のためにはパイロットの教育とか、業務管理体制の徹底ということになるのでしょうか。
確かに一般的には、墜落しても場所が農地ですから、関係者以外に死傷者が出る可能性は小さいかもしれません。

関係者以外の人が死傷すると大騒ぎになるんでしょうね。そうならないことを祈ります。
ブログ内検索(FC2)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR