FC2ブログ

ローター・ヘッド組立_1

プラスチック製のローターヘッドを組み立てます。またしても初めてのことなので不安がないと言えば嘘になりますが、組立順序もあまり気にしないでやってみます。(^_^)

金属製のヘッドは見かけは良いのですが、墜落や衝突で変形しやすいのが欠点だそうです。変形するたびに部品交換が必要になります。
その点、プラスチック製は多少の衝撃は受け止めてくれ変形しないという利点があります。それで練習用のヘリにはプラ製ヘッドを採用することにしました。

最初に取り出したパーツは、Rotor Head Set(HM-4G3-Z-10)とMain Blades Holder(HM-4G3-Z-03)です。

110225_1 ヘッドセットパーツ


さて、袋から取り出してパーツを眺めてみましたが、上のパーツにはメインブレードシャフト(013 Main Blade shaft)が入っていないことに気づきました。これがないとメインブレードホルダーが取り付けられません。

また、分解図だけでは不安なので、最初に1号機のメタル製ヘッド部分をさらに分解して、その構造を調べることにしました。

金属ヘッドから金属ブレードホルダーを取り外します。ブレードホルダーの両側からドライバーを当てて、両側のネジを同時に回します。

110225_2 ブレード・ホルダー分解1


ネジ止め剤が塗布されているそうで、ハンダゴテで熱してから外すのがセオリーだとのことなので、それに従ってみました。まず片側のネジが外れました。

110225_3 ブレード・ホルダー分解2


続いてメインブレードシャフトを取り出して、シャフトから反対側のネジを外そうとしましたが、今度は大変。なかなか外れません。
シャフトは以前の衝突で曲がっている可能性があるのでダメにしてもかまいません。交換するつもりですから、ネジザウルスでメインブレードシャフトをくわえ込んで、ドライバーでネジを外しにかかりました。もちろんハンダゴテで熱した後にやったんですが、結果は下のとおりの大失敗!

110225_4 ブレード・ホルダー分解3


あはは・・。ネジをねじ切ってしまいました。ネジ止め剤が強力だったようです。

気にしないで次に行きます。交換パーツの Main Roter Shaft(HM-4G6-Z-11)と、ネジのセットはJadeから購入済みで在庫があります。あら、これも4G6との共通パーツですね。

しかし部品の名称が分解図ではMain Blade shaftなのに、交換パーツがMain Roter Shaftとは、中華的大らかさで結構ですが、初心者は混乱しますよね。

110225_5 交換パーツ


メタルヘッドを分解したお陰で、プラヘッドの組立順序がわかりました。

Rotor Head Set(HM-4G3-Z-10)から 011 Sleeve of Rotor Head を取り出して、両サイドの穴に黒いゴムパッキンを入れ、次に金属の輪っかをパッキンの外側に付ける形です。
まず、パッキンを取り付けて、Rotor Head Set(HM-4G3-Z-10)の部品をその回りに並べてみました。

110225_6 スリーブ


下の小さいピンが、メインシャフトに取り付ける時に使うピンです。紛失しないように気をつけなければいけません。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索(FC2)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR