FC2ブログ

ローター・ヘッド組立_2

ゴムパッキンをつけた 011 Sleeve of Rotor HeadにMain Roter Shaft(HM-4G6-Z-11)を通します。次にシャフトの上から、金属の輪っか、Main Blades Holder(HM-4G3-Z-03)の順に取り付けます。

110226_1 ホルダー取付1


メインブレードホルダーの両側からネジを入れ、2本のドライバーで締め付けます。ネジは磁性を帯びていましたのでドライバーに貼り付いてくれ比較的取り扱いが楽でした。
なお、タミヤのネジ止め剤を少量使いました。

110226_2 ホルダー取付2



さて、次はFlyber(HM-4G6-Z-02)とGuide Ball(HM-4G3-Z-09)の取付です。フライバーはこれまた4G6部品ですが、やはり4G3用と共用みたいです。

110226_3 パーツ2種


さて、ガイドボールを011 Sleeve of Rotor Headに入れようとしたら、なんと入りません。ここでなぜスリーブの頭に穴があるのか、ようやく理解できました。ガイドボールを上から入れるためにあるんですね。気づくのが遅い・・・。(^_^)

作業手順としてはガイドボールを最初に入れ、それからホルダーを取り付けるのが正解です。みなさんは私のような間違いをしないで下さい。

当然、あわててブレードホルダーを外して、ガイドボールを頭から入れ、息つく間もなく再度ブレードホルダーを取り付けました。ああ、忙しい!
幸いなことに、このネジ止め剤は固まるのに24時間も要するので、修正作業をする時間は十分にありました。

ところで、あわてて作業を急いだために、ここで写真を撮るのを忘れてしまいました。ヘタな文章だけの説明では、ご理解いただけないかもしれませんがご容赦願います。m(_ _)m

ガイドボールがスリーブの中に入ったら、フライバーをガイドボールの穴に通します。ちょっと固かったけど入りました。入れた後、フライバーの左右の長さが均等になるようにノギスを使って調整しました。

次に、ガイドボールの両側から、頭がボールになった小さなネジを取り付け、指で回してねじ込みました。根元が六角ナットの形状をしていますが、これを回す工具がありません。しょうがないので、ラジオペンチを使って適当に締め付けました。

110226_4 フライバー取付


最後に、スリーブの頭に 012 Blade arrester を六角レンチでネジ込んでヘッド部分の骨組みが出来上がりました。

110226_5 骨組み完成
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索(FC2)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR