米国における、RCエアクラフト&ドローンの飛行禁止(藪 丈二さん)

標題について、HeliFreak.comから拾ってみました。

ラジコン飛行機によるテロの可能性に関しては、先日、tiger22さんが紹介されておられましたが、今回はすべてのドローンやRC飛行機(5ポンド=約2,275グラム以上)の飛行禁止のお触れがアメリカで出されたようです。

発表のタイミングがエイプリル・フールと重なったため疑問視する向きもあるようです。

・・・・・・・・・・・・・・

米国の連邦航空局は、すべてのドローン&RC航空機の飛行禁止を発表しました。
http://www.helifreak.com/showthread.php?t=613586

即日発表用:
連邦航空局(FAA)は、ホワイトハウス総務局と連携して、無線制御によるあらゆるタイプの航空機を含むすべての無人航空機システム(UAS)を即日禁止する旨を発表しました。

FAAの担当者マイケル・ウエルタ氏は次のようの述べています。
“公共の安全に脅威となるいわゆるドローンによって引き起こされた最近の悲劇的な死亡事故や怪我などの事故のあと、FAAはオバマ大統領と連携してあらゆるタイプの無線操縦航空機の飛行を停止させます。

我々は、モデル航空学アカデミー(AMA)のようなホビイストグループからの法的な挑戦と向き合うことになると思いますが、一方、この「禁止」は、公共の安全に資する最良の方策だと思います。”

ウエルタ氏は、後日この禁止事項の詳細について説明する予定ですが、1万ドルの罰金や、特に飛行場近傍での度重なる違反者に対する拘留の可能性もあるようです。

また氏は、米国内の法執行官は、この新たな指令の執行を優先するように命ぜられることになるだろうと述べています。特に、50フィート以上の高度を飛行できる5ポンド(約2,275グラム)以上のモデルが対象になるようです。

ただし、小型のトイを安全に楽しむホビイストは対象外です。


2014-04-02  藪 丈二






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

藪 丈二さん、どうも。(^^)

これが事実かどうかは、FAA(Federal Aviation Administration)のホームページを見ればわかるのではないでしょうか。

私はまだ恐くて見ていませんが。(笑)

No title

tiger22さん、こんばんは。

FAAのサイトに、無人機とFAAについての俗説について解説したページがありました。

Busting Myths about the FAA and Unmanned Aircraft–Update
http://www.faa.gov/news/updates/?newsId=76381

Re: No title

cvlexさん、ありがとうございます。

たまたま昨日、北朝鮮の無人機がニュースになっていました。世界各国で無人機開発合戦が起きているようです。
アメリカ軍の航空戦力のうち、すでに3割以上が無人機になっていると「第五の権力」に書かれていました。
人を殺戮する能力を持った戦闘ロボットもすでに開発済みですが、まだ実戦には投入されていないそうです。

最近、アメリカにおいてマルチコプター規制の動きがありましたが、いったんは消滅したようですね。
しかし、実際にテロが起きれば、すぐにでも規制される可能性が高いと思います。

なにはともあれ、今回の藪丈二さんの情報はエイプリルフールだったようです。(^_^)
Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR