ラジコンヘリの、ホバリングのコツ

3軸ジャイロの可変ピッチ・マイクロヘリでは、ピタホバがなかなか難しいです。

実際、マイクロヘリの静止ホバリングは、500サイズや600サイズのヘリに較べてむずかしいというのが、世間の定説になっているようです。
ヘリは小さくなるほど動きが敏感になり、不安定になりますが、これはスケール効果といわれるもののせいです。

ラジコンヘリやラジコンクアッドを始めると、普通はホバリングの練習から入ります。私はヘリを初めて3年8ヶ月になりますが、未だにマイクロヘリでのピタホバがうまくできません。

で、昨日ご紹介した本「これで飛ばせる RCヘリコプター」のお陰で、このむずかしいホバリングに、少し開眼したかも知れません。(*^O^*)




同書 129ページから少し引用します。


---------------

ヘリコプターの舵の打ち方には一種独特のものがあります。これは舵が遅れて効いてくるという特性のためで、操縦量とタイミングに少しコツが必要です。私がヘリコプターを始めた頃に、実機のヘリコプター・パイロットからおもしろい言葉を教えてもらいました。

「ガバッと打って半量戻す」という言葉です。
ホバリングがままならなかった頃の私にとって、これを聞いてから急に道が開けたことを記憶しています。私なりの解釈ですが、この意味は、とにかく傾いた方向と逆に大きく舵を切り、姿勢が直っても直らなくても半分戻し、しばらくそのまま待っているということです。

これは舵が遅れて効いてくるという特性を考えると非常に的を得た表現です。初心者の場合、傾きが直るまでそのまま舵を切っていることが多く、姿勢が直った次の瞬間には逆に大きく傾いてしまうことになるのです。そのために、また逆に舵を切るという悪循環をくりかえしてしまいます。

これを理解するために大変わかりやすい実験があります。まず長い糸の先におもりを・・・(以下省略)

---------------


一般には、送信機のスティック操作は大きな舵を避け、ミリ単位で少しづつ動かせと言われます。
たとえばヘリを左へ移動させる場合、エルロンスティックをちょっと左に傾けてヘリの動きを見る。足りなければ、さらにちょっと左に動かす。こういう説明がされている本もあります。あるいは、「舵はチョンチョンと打つ」という説明もあります。

しかし、このような舵の打ち方では、常にヘリの動きに追従した「遅れ舵」となってしまいます。そのため、これらの本では「ヘリの動きを予測することが大切」とも書かれており、「ヘリが動く前にその方向を予測して先に舵を打て」ということになります。

初心者に「ヘリの動きの予測」を要求するというのは、教え方としてどんなものでしょうか。決して上手とは言えないと思います。

ヘリの動きの予測は、中級者にだって簡単ではありません。予測して、さらにその予測に対して適切な舵を入力しなければなりません。そんなことが瞬時にできるなら、そもそも墜落などするわけがありません。(笑)

私は平田 隆志さんの、上記の文章を読んで完全に納得しました。
そして、この方法で舵を打つようしてから1週間経ちます。
以前に較べて、明らかにホバリングが安定してきました。

独学でラジコンを学ぶ場合、このような理論的説明でないと、ホバリングのコツがなかなか理解できません。ビギナー独習者の方は、このやり方を試してみて下さい。少なくとも、私の場合は大成功でした。平田 隆志さんに感謝申し上げます。


というわけで、「これで飛ばせる RCヘリコプター」は、古いですが、今でも役に立つ良い本だと思います。(^_^)





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ヒラー機はまさにそのとおりですね

舵が遅れる…

固定ピッチのヒラー機(4#3)とか
古いタイプのベルヒラー可変ピッチ機(4G6)とかはまさにその通りですよね〜
それらに比べるとベルヘッド機(260A、V911)は遅れ感は少ないですね

で、最新のバーレス機は…
ジャイロ感動の味付け等で各機のクセに差があると

主翼を硬くすると遅れ感は減りますが、その分キレ感が出るので、
慣れないうちはバランスが重要

で、機体によっては〜
遅れるくせにキレが鋭い…
というトンデモナイ特性だったりするわけで

飛ばし比べるとそこいらへんも面白かったりします

って…懐かしい…

Re: ヒラー機はまさにそのとおりですね

KKDDMMさん、こんにちは。

私の場合、ヘリの舵が遅れるというよりは、私の反射神経が遅れている方が問題です。(^^ゞ
どっちにせよ、遅れているのに変わりはないですから、このスティック操作のやり方が有効だったみたいです。

たしかに、最近のフライバーレス機は、フライトコントローラの味付け次第でも操縦感は変わってきます。
あまり多くのヘリは知りませんが、まさにおっしゃるとおりだと思います。
特に、3軸ジャイロに加えて、6軸ジャイロ機もありますので、すべてのヘリを同列に論ずることがますますむずかしくなっているようです。

私は最近、ヘリはご無沙汰で、ナノスパイダー(ナノクアッド)を室内で地味に飛ばしています。(笑)

ピタホバできますよ

舵の「大きい」「小さい」という表現はなかなか難しいですね。

CP機に限りませんが、ホバリングの基本はリンケージ調整だと思っています。
とりあえずトリムでその場しのぎをしますが、その後にトリムがゼロに近づくようにリンケージロッドの長さを最適化します。
当たり前すぎる話なのですが、ヘリの操縦に慣れている人も慣れていない人にとっても、最も大切なことです。

そうすると、思わぬ方向に動いた際に、逆の舵を「ちょっと」切ってすぐに「センターに戻す」(=手を離す)、これだけでピタホバできるはずです。

これを「大きい舵」と言うのかはわかりませんが、私にとっては「ちょっと」の舵です。足りなければ「ちょっと」を何度も繰り返します。

Re: ピタホバできますよ

はまちゃん、お久しぶり。

マイクロヘリでピタホバはすごいですね。
おっしゃるとおり、調整はとても大切だと思います。

私の場合、調整の完璧なシミュレーターでやっても、ピタホバできません。
ミュレーターの中の模範演技を参考にしているのですが、さすがプロのピタホバは違います。


調整以前に、私のホバリングはまだまだダメです。
予測の舵を打てないからでしょうか。
ヘリを、狙った位置にピタリと止め続けられないのです。(^^ゞ

No title

tiger22さん、お久しぶりです。

いまやベテランの域に達しておられるかたには言うまでも無いことですが、ここには、これから飛ばそうとしているかたがたも、たくさん見に来ておられると思いますので、自分なりの経験を少し言わせていただきます。

まず、ヘリを信用しないことですwww
1コマ以内のトリム調整をしても、必ずどちらかに流れます。

私が過去に飛ばしたマイクロCPヘリは、放置して静止している時間は2秒程度でした。トリムを完璧に合わせてもどちらかの方向に必ず流れますので、動き出す前に逆の舵を小さく打っておきます。

例えば、前、右に流れることがわかれば、動いていなくても数秒に1回程度、後ろ、左の舵を小さく打ちます。

これでピタホバ完成、簡単ですw


ゲームは小休止していましたが、「terraria」っていう4年ほど前に買ったゲームが大幅なリニューアルしたのでやっています。アイテム課金ゲームとは違う、本格的なゲームなので、ちょっと、いや、かなり苦労しています。

Re: No title

はまちゃん、こんばんは。

>これでピタホバ完成、簡単ですw

まさに「予測の舵」ですね。それができません。
実はフライトシミュレーターのヘリでも、ホバリングが安定しません。
私はやはり、才能なさそうですね。(泣)

terrariaは知りませんでした。これ、ゲーム機用ですからソフトを買う必要がありますね。

「艦これ」は休止中ですか?
いよいよドイツ駆逐艦とかの外国艦も登場したようですが。

No title

連投になってしまいますが、お許しください。

ピタホバ実現はいろんな方法があると思いますが、自分なりの方法を見つけるのが一番ですね。

風の影響を受ける屋外で飛ばすケースを考えるとわかりやすいですが、人が見て「止まる」ということは、空中に浮いているヘリにとっては、風に逆らって「細かく動く」ということですね。常に舵を切らないと、地上の物体に対して「止まっている」状態にはならないですね。


「艦これ」は2月時点で、ほぼコンプリート状態にしましたが、ビスマルクが実装される前にやめました。理由は、次々と実装される新艦、レア艦をキープしようとすると30隻程度は枠を増やさなければならなくなったからです。いい潮時でした。

「terraria」は元々PC用のみでした。Steamで $9.99 です。ダウンロード販売が普及して、この程度の価格でおもしろいゲームが買える、いい時代になりました。


常に新しい話題を探して紹介してくださるtiger22さんにはいつも感謝しています。
現状ではマルチコプターがメインになるのは仕方ないですね。マイクロサイズのシングルローターヘリは、一つの到達点に達してしまった感があります。

Re: No title

はまちゃん、こんにちは。

ピタホバ技法を詳しくご説明いただき、ありがとうございます。
とても参考になりました。

フライトシムを再開した時にも気になっていたのですが、このSteamはスゴイですね。
安いです。英語版ですか。日本語版だともっといいですね。

「艦これ」は卒業。どんなゲームも、いずれは飽きがきます。「艦これ」は、私の方が早かったですけど。

戦車ゲームや空中戦ゲームもやりたいのですが時間と気力が続かず、今は中断しています。
「terraria」も面白そうですが、今はちょっと手を広げられない状況です。
フライトシムもありますし・・・。(^^ゞ

ところで、本文でご紹介した「これで飛ばせる RCヘリコプター」の中古本のこと。
私が買った時は、amazonに40円くらいで20冊ほど在庫していましたが、今見ると2冊しかなくなっています。
しかも値段が急騰しています。1冊は800円で、もう1冊は5000円!!

このブログのせいでしょうか。だとすると嬉しいかも。
つまりこれは、ヘリの操縦を学びたいという人がまだまだ多いことの証明ではないでしょうか。

電波実験社さんには、いまこそ新刊のラジコンヘリとクアッドの入門書を、気合いを入れて出して欲しいですね。できれば、10年早かったヤングブラッド本の時のように、モード2で。ぜひ。

残念ながら、ビギナーに役立つ新刊の良い本が少ないです。
雑誌やムック本は定期的に出ていますが、ご承知のような内容ですし・・・。

はまちゃんの、今回のピタホバ解説の方が、よっぽど勉強になりました。(^^)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR