マルチコプター、終わりの始まり? (藪 丈二さん)

おはようございます。

マルチコプター熱の上昇とともに、危惧していたことが現実味を帯びてきています。
国内でのマスコミの取り上げは現在のところ不活発ですが、海外ではドローンの危険性について大々的に報じられています。

http://www.helifreak.com/showthread.php?t=622389

http://www.helifreak.com/showthread.php?t=621105

最近では、北朝鮮からと思われる無人機が韓国の青瓦台上空を飛行したとのニュースが流れてきましたが、防御する側からみると法整備も手つかずで、またホビーなのかテロなのかの識別も不可能となればお手上げです。

つまるところ、法規制の網がかけられるとすれば、まさにRCファンにとって「終わりの始まり」がすぐそこに来ているように思われます。


2014-05-11  藪 丈二


---------------



では、tiger22からも少し説明させて下さい。

藪 丈二さんが上でリンクを張られている最初のスレッドの話題は、5月5日付けの下のニュースです。

U.S. passenger jet nearly collided with drone in March: FAA
http://news.msn.com/us/us-passenger-jet-nearly-collided-with-drone-in-march-faa


幸い、CNNが同じニュースを日本語で発表していますので、そっくり引用させていただきます。
http://www.cnn.co.jp/business/35047681.html

********************

フロリダ上空で旅客機と無人機がニアミス FAA

(CNN) 米フロリダ州タラハシーの空港近くの上空で今年3月、民間航空機と無人飛行機があわや衝突するニアミスが発生した。米連邦航空局(FAA)の無人飛行機部門の責任者ジム・ウイリアムズ氏が 8日にサンフランシスコで開催された無人飛行機の見本市の中で明らかにした。

FAAによると、3月22日、無人機と衝突しそうになった旅客機はノースカロライナ州シャーロットからタラハシーに向かっていた米航空会社USエアウェイズ 4650便だという。

旅客機の操縦士は当時の状況について、空港近くの約700メートル上空で「遠隔操縦」された小型飛行機が突然現れたと語った。

ウイリアムズ氏は「旅客機と無人機の距離があまりに近かったため、操縦士は間違いなく衝突したと思ったという」と述べた上で、「幸い、着陸後の点検で機体に損傷は発見されなかったが、いつもそうとは限らない」と語った。

またUSエアウェイズも今回のことを把握しており、現在調査中との声明を発表した。

********************


msnニュースによると、上の記事の中の「遠隔操縦」された小型飛行機とは、ラジコンの模型ジェット機だそうです。空港から水平距離で約 5マイル(8km)の地点で、高度は 2,300フィート(約700m)だったそうです。信じられない愚行ですね。

日本も同じですが、空港の近くではラジコン機を飛ばしてはいけませんし、そもそも高度700mというのはラジコン機が絶対飛んではいけない高さです。FAAはこのラジコンのパイロットを捜しましたが、見つかっていないそうです。




さて次。
藪 丈二さんのリンクの2つ目では、5月3日付けの ABCニュースが議論の種になっています。

Drones a Daily Sight in Yosemite
http://abcnews.go.com/US/wireStory/drones-daily-sight-yosemite-23573554

超適当に訳します。

********************

(AP通信) 米国のヨセミテ国立公園の上空を飛ぶ、うるさいドローンが問題になっています。

国立公園局は金曜日、来園者に対し、連邦政府の規定によりヨセミテ公園内でのドローン(無人機)の飛行は禁止されていることを発表しました。

実際、この有名な国立公園内においては、空撮ドローンの飛行が日常茶飯事となっていると、公園管理者は言っています。

「ドローンを飛ばしているパイロットは、公園内で飛ばすことが違法であることさえ知らないんです。ドローンの飛行音はうるさいし、電波障害の原因になるし、ハヤブサ等の鳥類の営巣活動を妨害したりして、公園の自然破壊にもつながります。」

「金曜日の発表により飛行禁止が徹底されることを望みます」と、この公園管理者は言っています。

********************


このスレッドでは、「法律を犯して、こんなバカをやるヤツがいるから、我々まじめにラジコンをやっている者まで迷惑することになる」と議論されています。

「ラジコンヘリはドローンじゃないぞ。違法なFPVをやったり、禁止場所で飛ばす空撮クアッド(ドローン)のパイロットとは、いっしょにしないでもらいたい」ってところですね。(^^ゞ

旧来の空ものラジコンファンは、最近クアッドを飛ばし始めた人たちは、GPSとコンパスの助けがなければクアッドを飛ばすことさえできないのに、操縦技術や飛行メカニズムや電波法等について学ぼうとしないことに、危惧を覚えています。
特に、これらのクアッドが極めて危険であることの認識が、あまりにも低すぎると感じています。



私も同感です。
日本でも事情は米国と同じです。空撮クアッドを飛ばす方は、よほど安全に注意して欲しいと思います。

最後に、YouTubeには違法な空撮ビデオが多数アップロードされています。

たとえば、下のビデオのような危険な飛行、犯罪?自白行為は絶対にやってはいけません。
こういう違法の疑いが濃厚なビデオを公開する方は、いったい何を考えているのでしょうか。不思議です。

(ビデオ)Airplane landing at Vancouver International Airport (YVR)
https://www.youtube.com/watch?v=CFCqUixsiMM



【参 考】過去記事「米国における、クアッドコプター等の規制案について」
http://tiger22618.blog104.fc2.com/blog-entry-2086.html




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰しています。
日本の新聞で一面に載った記事を紹介します。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014042790085957.html

日本でも、無謀な人が出現しています。

Re: No title

からぴーさん、お久しぶりです。
昨年9月以来ですね。(^^)

この事故は知りませんでした。
私はどちらかというと海外情報専門なので、国内事情にはうといのです。(^^)
教えていただき、ありがとうございます。

しかし、電波塔の近くで空撮クアッドを飛ばすなんて信じられません。アホとしか言えません。
電波干渉の可能性が最も高いので、絶対飛ばしてはいけないエリアですが、そんなこと知りもしなかったのではないでしょうか。普通の電線の近くでさえ、飛ばしてはいけないと言われているのに・・・。

そもそも、街や建物の上を飛ばすなんて、もっての他です。
人がいない国立公園でもダメだと言われているのに。
この人は、万一クアッドが落ちたらどうなるかとは、考えなかったのでしょうか。
ホントに困ったものです。(苦笑)

クアッドの世界では、「GPSやコンパスの性能を信頼してはいけない」と、しつこいほど言われています。
異常が起きたら、すぐにマニュアル操縦に切り替えなければいけません。

電波塔近くを飛ばすのは、初めから問題外ですが、万一やむなく飛ばすとしても、マニュアル操縦でなければいけないでしょう。この方は、GPSに頼らずにクアッドを操縦する技術はあったのでしょうか?

海外でも同じですが、一番危険なのは、不動産業とカメラやビデオ関係の空撮ビギナーの方ですね。
もともとがラジコンが好きなワケではなく、空撮が主目的ですから、そもそもが主客転倒しています。
カメラの前に、クアッドをちゃんと飛ばせなくては話になりません。

これは販売店側にも責任はありますね。売る時にしっかり教えないと。
もっとも、この方は海外から違法機を購入されたのかも知れません。
もし、違法機を操縦してこのような事故を起こしたのなら、行政サイドはそれなりに厳しい対応をしないと、このような事故が続発する危険性が高いと思います。

最悪の人身事故が起きてからでは遅いですから。

ガスガンと似た事にならないで欲しい

ども
デジコン事件の際はイタズラの延長(と思いたい)であんな事に…
空撮ブームの先に同じような事にはなって欲しくない…

空撮機メーカーがシステムの多重化をせずに〜
四発や六発の落ち易いマルチコプターで〜
『手軽に空撮』を推し過ぎでしょ?

後先考えない安易なメーカーが悪い?

気軽に空撮するなら
多重化+オクタ以上でっ!

Re: ガスガンと似た事にならないで欲しい

KKDDMMさん、こんにちは。

空撮GPSクアッドは今のままの野放し状態が続けば、いずれどこかで必ず事故が起きます。
事故が起きれば、当局は飛行規制をせざるを得なくなります。

そして、ガスガン規制と同じ道を辿ることになります。
たとえば、「4ローターのクアッドにカメラを積んではいけない。空撮できるファントムは所有しているだけで違法。すぐに警察に届け出て廃棄しなさい。」ってな具合ですかね。(笑)

まあ、これは冗談ですが、GPSとオートパイロット機能だけを使えなくする手はあります。
マニュアル飛行しかできなくすれば、これを飛ばせる人の数は激減するハズです。
オートパイロットによるテロ行為の防止にも役立つでしょう。

テレビの空撮をするとなると、どうしても人が住む街や家の上空を飛ばすことになります。
今年初めの民放テレビ番組の中で、ファントムを撮影に使っているシーンを見ましたが、あれは危険でしょう。
そもそもファントムのような不安定で危険なクアッドを業界人が使ってはいけません。

KKDDMMさんのおっしゃるように、プロの空撮にはオクタコプターを使うべきですね。安全なハズのオクタだって、米国では撮影中に墜落事故が起きて問題になっていますから。
日本では業界人でさえこの程度なのに、恐れ知らずのビギナー君は何をやるかわかったものではありません。

テロリスト等が空飛ぶ爆弾として利用する可能性は十分に考えられます。
東京オリンピックまでには、日本もクアッドによるテロに備える必要があります。
クアッド撃墜用のマイクロミサイルシステムなど開発してはどうでしょうか。ロンドンオリンピックの時の対空ミサイルはクアッド撃墜用としては大袈裟すきます。

・・・この先、いったいどうなるやら。
とはいえ、空撮クアッドは非常に便利な道具なので、むやみやたらに規制するのもどうかと思います。
むずかしい問題です・・・。
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR