DJI Phantom 2 Vision Plus の、ギズモードのレビュー記事_2

続きです。写真はリンクから直接見て下さい。

http://gizmodo.com/dji-phantom-2-vision-review-buttery-smooth-quadcopter-1559567158


--------------

Using It (テスト飛行)

クアッドを飛ばすのは楽しいです。クアッドは、速く、遠く、高く飛びます。プラスチック製の子どものオモチャのように見えますが、外見にだまされてはいけません。
これは冗談ではありません。クアッドは人や物に深刻なダメージを与えることができます。ええ、ヘタをするとあなたは刑務所に入ることになります。
それでも楽しく飛ばすことができますか? もちろんです。 しかし、馬鹿なことはやってはいけません。


さて、それはさておき、スイッチを入れて飛行を始めましょう。それは一見複雑で、マニュアルにはいろいろ書いてあります。飛ばす前に、クアッドと送信機と WiFiリピーター(中継装置)の電源を入れ、次にスマートフォンとリピーターを接続し、アプリを起動します。その後、クアッドのライトが黄色になるまで、送信機の右上のスイッチをしばらく押す必要があります。そして、コンパスをキャリブレーションするために、クアッドを持ち上げて Z軸の周りに回転させ、次にカメラが下を向くように 90度回転させ、さらに新しいZ軸の周りに 360度回転させます。
すべてが正しくできたなら、ライトが緑色になります(GPSロック)。これで飛ばす準備が整いました。とても直感的です!


ローターを回転させるには、2つのスティックを下げて、内側に向けて押して下さい。左スティックで高度とローテーション(回転)を操作します。右スティックでピッチとロール(前後左右への動き)をコントロールします。操縦を始める時は、あなたから離れるように飛ばすのが明らかに最も簡単で、機体が回転しても混乱することはありません。いったん機首があなたの方を向いたら、機体はあなたに向かって戻るように動き、すぐにあなたは操縦困難に陥ります。これには慣れるしかありません。


Phantom 2 Vision Plusをうまく飛ばすには、たくさんの練習をする必要があります。あなたは最初からできるだけ速く飛ばしたいという衝動に駆られるでしょう。しかし、その気持ちは抑えてください。クアッドは時速35マイル(56km)で飛べます。このスピードでぶつかれば(人や物、少なくとも新品の高価なクアッドに)被害が及ぶのは確実です。
で、私たちはワインの国(カリフォルニア)のある辺鄙な場所にクアッドを持ち込み、周囲に航空機が飛んでいないことを注意深く確かめ、それから高度を上げました。920フィート(276m)まで上昇したところで、電波が届かなくなり、コントロールを失いました。

しかし、コントロールを失うこと(ノーコン)は、思ったほど恐くはないです。Phantom 2 Vision+ (その前のPhantom 2も) は GPSと高度計を内蔵しています。コントロールを失うと、クアッドは最後に電波が届いた場所へ向かってゆっくりと戻り始めます。次に送信機の右上のスイッチを下げると、コントロールが回復します。私たちはこれを数回試して、毎回完全に動作しました。
また、素晴らしいことに送信機のバッテリーが無くなった場合も、リターン・ホーム機能が働きます。私たちはマンホールの蓋の上から離陸させ、50ヤード(45m)離れたところまで飛ばして、送信機のスイッチを切りました。Phantomは高さ50フィート(15m)まで(障害物を避けるように)上昇し、離陸地点へ戻って、着陸してモーターが止まりました。このテストでは、離陸地点から 4フィート(1.2m)離れた場所に着陸しました。本当に印象的でした! とは言うものの、私たちは、ボートの上から発進させてリターン・ホームさせた時の恐ろしい話を、いくつか聞いたことがあります。
また、GPSの働きで、あなたがスティックから手をはなすと、クアッドは止まって空中に留まります。しかし、それは私たちが期待したほどには安定せず、少しドリフトしました。


カメラをコントロールするためのアプリは素晴らしく、操作は直感的です。アップとダウンの矢印を押すだけで、カメラの傾きを調整できます。ボタンを押すだけで、ビデオ録画のスタートとストップや写真撮影ができます。
おそらくリアルタイムで毎秒30コマの映像をスマートホンへ送ることができるはずですが、我々のテストではうまく行きませんでした。約10秒でビデオは完全にフリーズし、その後少し回復して、再びフリーズしました。これでは、カメラからの画像だけを見て飛ばす(FPV飛行)ことは出来ません。失望しました。
JPGあるいは Adobe DNG RAWファイルで静止画を撮影することができます。これは素晴らしい機能です。しかし、写真撮影するとスクリーンが真っ暗になり、これが約9秒間も続きます。非常に長い時間です。
ビデオも写真もマイクロSDカードに保存されますが、これは大変便利です。


数回の練習をした後で、私は少し自信をもって飛ばせるようになりました。バッテリーで約25分間飛ばせます。最終的に、高速バンクターンができるようになれば、非常に満足できるでしょう。
また、上空から美しい風景を俯瞰撮影できるというのは、信じられないほど素晴らしいことです。ほんの数年前までのアマチュアには絶対できないことでした。これは本当にすごいことです。

--------------


続きます。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR