「八二蕎麦」が、あった!! 

しかし、フィリップス・ヌードルメーカーの「そば」レシピは、どうしても納得できません。
そば粉が3で小麦粉が7。「そば」というより明らかに「うどん」。(笑)

百歩譲っても「そば風味うどん」が良いところ。

それを何で「そば」と書くのか?
ひょっとして、これは誇大広告?


「フィリップスはオランダのメーカーだからゴメンね。日本のことは良く知らないのよ。」という言い訳は聞きたくありません。これを黙認放置している日本のマスコミも問題かも。
ヘンな「日本食モドキ」を放置してはいけません。政府のクールジャパン政策ともズレてるのでは?


と、思いつつ半ば冗談で、「八二蕎麦」「七三蕎麦」 「三七蕎麦」でネット検索すると、あらっ、出てきましたよ~。(大笑)

ドンキの激安小麦粉で「八二蕎麦」打ったった~前篇
http://mag.japaaan.com/archives/8456

ドンキの激安小麦粉で「八二蕎麦」打ったった~後篇
http://mag.japaaan.com/archives/8468


さらに驚いたのがこれ。

http://nemariushi.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-d035.html

http://www.kjclub.com/jp/exchange/photo/read.php?tname=exc_board_1&uid=11973&fid=11973&thread=1000000&idx=1&page=14&number=5838


コンビニやスーパーの蕎麦は、つとにそうだったんですね。
これは知りませんでした。(汗)

フィリップスの「そば」のモデルは、コンビニやスーパーだったのか・・・。
こっちが、誇大広告の大本かぁ?

ちょっと、大手スーパーへ行って、調べてきます。(^^ゞ



【追加訂正 2014年6月23日】

やはり気になるので、「そば」の定義をキチンと調べてみました。(^^ゞ

「生めん類の表示に関する公正競争規約」に、各種の「めん」について次のように定義されています。

(定義)
第2条 この規約で「生めん類」とは、小麦粉等の穀粉類を主原料として製めん、成形したもの及び製めん、成形した後「ゆで」、「むし」、「油揚げ」、「半なま」又は「冷凍」の工程を経たもの(以下「加工したもの」という。)であって、「うどん」、「そば」、「中華めん」、「生マカロニ類」、「生スパゲッティ類」、「ソフトスパゲッティ式めん」、「大麦めん」、「大麦そば」、「冷めん」、「米粉めん」及び「ぎょうざの皮等」並びにこれらに準ずるものとして公正取引協議会で査定し、消費者庁長官及び公正取引委員会の承認を得たものをいい、乾めん、即席めん、食堂で顧客に提供するために調理しためん類及び自動調理販売機により販売されるめん類は含まない。
2 この規約で 「うどん」とは、ひらめん、ひやむぎ、そうめん、その他名称のいかんを問わず小麦粉に水を加えて練り合わせた後製めんしたもの又は製めんした後加工したものをいう。
3 この規約で「そば」とは、そば粉30%以上、小麦粉(灰分が 0.8%以下のものに限る。)70%以下の割合で混合したものを主たる原料とし、これに水を加えて練り合わせた後製めんしたもの又は製めんした後加工したものをいう。
4 この規約で「中華めん」とは、小麦粉にかんすい(唐あくを含む。)を加えて練り合わせた後製めんしたもの又は製めんした後加工したものをいう。
5 この規約で「生マカロニ類」とは、高たん白質の小麦粉を主たる原料とし、これに水を加えて練り合わせ、マカロニ類成形機により高圧で押し出して成形(棒状及び帯状を除く。)したもの又は成形した後加工したものをいう。
6 この規約で「生スパゲッティ類」とは、高たん白質の小麦粉を主たる原料とし、これに水を加えて練り合わせ、マカロニ類成形機により高圧で押し出し、棒状に成形したもの又は成形した後加工したものをいう。
7 この規約で「ソフトスパゲッティ式めん」とは、小麦粉に水を加えて練り合わせ、製めんし表面糊化した後加工したものをいう。
8 この規約で「大麦めん」とは、次に掲げる穀粉類を主たる原料とし、これに水を加えて練り合わせた後製めんしたもの又は製めんした後加工したものをいう。
(1) 大麦粉30%以上(灰分0.85%以下、タンニン量 0.7㎎以下)、小麦粉70% 以下の割合で混合したもの
(2) (1)にそば粉を混入したものであって、大麦粉が30%以上及びそば粉が30%未満の割合で混合したもの
9 この規約で「大麦そば」とは、大麦粉30%以上、そば粉30%以上、小麦粉40%以下の割合で混合したものを主たる原料とし、これに水を加えて練り合わせた後製めんしたもの又は製めんした後加工したものをいう。
10 この規約で「冷めん」とは、次に掲げる穀粉類を主たる原料とし、製めん工程において加熱加工をしたものを成形したもの又は成形した後加工したものをいう。
(1) でん粉15%以上、小麦粉85%以下の割合で混合したもの
(2) (1)にそば粉等の穀粉類を混入したものであって、でん粉が15%以上含有されているもの
11 この規約で「米粉めん」とは、次に掲げるものをいう。
(1) 米穀粉又は米穀粉にでん粉を混入したものを主たる原料とし、これに水又は湯を加えて混練若しくは蒸練したものを成形したもの又は成形した後加工したもの
(2) 米穀粉30%以上、小麦粉70%以下の割合で混合したものを主たる原料とし、これに水又は湯を加えて製めんしたもの又は製めんした後加工したもの
12 この規約で「ぎょうざの皮等」とは、小麦粉に水又はかんすいを加えて練り合わせた後圧延し、ぎょうざ、わんたん、しゅうまい、春巻等の皮に成形したもの又は成形した後加工したものをいう。(以下省略)


ですから、フィリップス・ヌードルメーカーの「そば」は、日本の法規制上は問題無いことになりますね。
でも、私の中ではヌードルメーカーの「そば」は、「日本蕎麦」ではあり得ません。

まっ、そんなにこだわる問題でもないですけど・・・。
「うどん」の定義もなかなかスゴイです。 「ひやむぎ」や「そうめん」まで「うどん」だとは知りませんでした。
小さな子供から「そばって、なあに?」「うどんって、なあに?」と質問されて、正確に回答できる大人が、学校の先生を含めていったいどれほどいるのでしょうね。
我々の生活感覚とは、ずいぶんかけ離れているように思います。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR