FC2ブログ

Quanum Nova ユーザーマニュアル _2

Ⅲ.送信機の機能と一般的設定(モード2の場合)

1.送信機について

140809_1 Novaマニュアル



2.送信機のフライトモード設定

140809_2 Novaマニュアル


注意: 屋内であろうと屋外であろうと、飛ばす時はいつも、Manual Mode(マニュアルモード)で離陸して下さい。



Ⅳ.基本的操作

1.バインド

(1)クアッドコプターのバッテリーベイにバッテリーを入れ、電源プラグを接続します。赤色と緑色のインジケータライトが交互に素早く点滅しますので、クアッドコプターを動かしたり揺らしたりしないで下さい。赤色と緑色のインジケータライトが交互にゆっくりと点滅するようになったら、バッテリーカバーを閉めて下さい。

(2)送信機の電源を入れて下さい。送信機のビープ音が止まったら、クアッドコプターとのバインドは成功です。(注意: バインドする前に、送信機のスロットルスティックは1番下まで下げておいて下さい。SWAとSWBのスイッチは、ゼロ位置にしておく必要があります。)



2.GPS信号の受信

(1)初めて屋外で飛ばす時は、GPS信号の受信に長い時間がかかります。LEDインジケータライトが点灯したままになるまで、約2分間は待って下さい。

(2)室内では、GPS Modes(Stable ModeとReturn Home Mode)は使用しないで下さい。使用すると、事故につながります。



3.モーターのアンロック(Unlock)と、モーターのロック(Lock)

(1)モーターのアンロック(Unlock):
バインドしたら、スロットルスティックを右下の位置で保持して下さい。赤色ライトが点灯したままになったら、モーターはアンロック(すなわち、アーム)されています。

(2)モーターのロック(Lock):
バインドしたら、スロットルスティックを左下の位置で保持して下さい。赤色ライトが点滅したら、モーターはロック(すなわち、ディスアーム)されています。

140809_3 Novaマニュアル



4.コンパス キャリブレーション

キャリブレーションの目的は、Return Home(リターンホーム)機能が正しく動作するように、GPSと連動してクアッドコプターのコンパスがそれ自身の位置を特定できるようにすることです。新しい飛行場所でクアッドコプターを初めて飛ばす時は、その場でキャリブレーションすることが特に大切です。

モード 2(Mode 2):
スロットルを1番下まで下げ、エルロン/エレベータのスティックを右下隅に置き、クアッドコプターにバッテリーを接続します。次に、右スティックを右下隅に保持したまま、送信機の電源を入れます。(フライトコントローラがアームするのに5秒かかります。この5秒以内に同期が成功しないと、フライトコントローラはキャリブレーション・モードに入りません。)

モード 1(Mode 1):
エレベータスティックを1番下まで下げ、スロットルスティックを右下隅に置きそのまま保持します。クアッドコプターにバッテリーを接続し、次に送信機の電源を入れます。(フライトコントローラがアームするのに5秒かかります。この5秒以内に同期が成功しないと、フライトコントローラはキャリブレーション・モードに入りません。)

フライトコントローラがキャリブレーション・モードに入ると、左インジケータは赤色と黄色に交互点滅し、GPSインジケータには変化はありません。
キャリブレーションでは、一方向につき3~5回クアッドコプターを回転させます。次にクアッドコプターの機首を地面に向けながら、3~5回クアッドコプターを一方向に回転させます。バッテリーを取り外すと、フライトコントローラは自動的にキャリブレーションを保存します。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索(FC2)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR