いまさらmSRX 箱出しレポート(藪 丈二さん)

tiger22さん こんにちは

♪♪ あれは確か、3年前の雨降る秋に....♪♪
歌の文句じゃありませんが、ディスコンになってしまったmSRX BNF(5,500円)を昨日ゲット、本朝、無風状態の屋外でテスト・フライトを敢行しました。

結論から申し上げますと、mCPX V2やNanoCPXよりも扱いにくい暴れ馬なのには驚かされました。二重反転ヘリやフライバー固定ピッチヘリからフライバーレスCPヘリに至る、「通過機体」という位置付けには賛否両論があるようですが、私は賛成派です。

W社の、どちらかといえば初心者フレンドリー機よりも、早い時期からCPヘリの難しさを体験しておくことは大変良いことだと思います。

テスト・フライトのセッティング(Heli Mode)は以下のとおりです。
DR/EXPO:AILE、ELEV、RUDD共に100%/LIN
Throttle Curve:0%、35%、50%、65%、85%

さて、箱出し1本目の結果です。
① 離陸と同時に、左方向へのカットビには驚かされたが、ホバリングさせると結構素直で、手放しも一時的には可能であった。

② ホバリング時、こんなに傾斜してもいいの?と思うくらい、機体の右傾斜がCPヘリよりも大きかった。

③ 飛行速度は、mSRとは比較にならないほど早い。

④ 右バンク・ターンは「それなりに」であったが、左バンク・ターンでは機首がうまく回りきらず、左横移動飛行のようになって、「サマに」ならなかった。

着陸後、機体セッティングを注意して観察しますと、工場出荷時のスワッシュ・プレートリンケージが「上級モード」のコントロールボールにリンクされていました。

基板はVer1.6で、幾多のバージョンアップが加えられているようですが、多くのユーザーの指摘どおり、離陸時のひどい左ドリフトは当初のままでした。

2本目は、次の調整を施した後実施しました。
① リンケージを「初級モード」に変更

② MMMメソッドを取り入れ、AILEロッドを3フルターン長くし、ELEVロッドを2フルターン短くした結果は、

③ 離陸時の左ドリフトは軽微となり、操縦が容易になった。

④ 左バンク・ターンも「それなりに」なってきているが、旋回半径を右バンク・ターンとバランスさせるには、「Mixing」調整を試みる必要がありそうだ。

⑤ 定点スロー・ピルエットは、ラダーコマンドを入れると前進する癖があり、CPヘリよりも難しいと感じた。

以上、「いまさらmSRX」の箱出しフライトテストをレポートしましたが、じゃじゃ馬馴らしは楽しいことで、ディスコンになってしまったことは非常に残念でなりません。

マルチコプター熱が冷める頃、リバイバルすることを心から願っています。


2014-08-20   藪 丈二





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

HiSky HCP60

tiger22さん こんにちは
昨日のRCGroups.comの記事から。

Hisky Officialの発言によれば、HCP60の開発は現在、ソフト編集の最終段階とのことで、可能であれば明日、すなわち今日、写真若しくはショートビデオをアップするとのことです。

市場に登場すると、まさに世界最小のCPヘリとしてギネスブックものになることでしょう。
マイクロ・マルチコプターを凌駕出来るかどうか興味津津です。

Re: HiSky HCP60

藪 丈二さん、こんばんは。

情報ありがとうございます。
HCP60は、とても気になります。(^_^)


Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR