Cheerson CX20 / Quanum Nova スレッド追跡_20

http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?s=adf28102ec140a54b56db05262e707c4&t=2112759&page=270

---------------

Jul 19, 2014, 07:13 PM
smallheadzさん:

ついに決心して、今日、Quanum Nova RTFを購入しました。このスレッドは最初から全部読みましたので、私の頭の中は知識でドロドロの状態です。私はラジコンの経験者ですが、電動化が始まったころにこの趣味を止めました。450ヘリ等のいくつかの電動機に手は出しました。以下は、私がこのスレッドの大量の情報から得た知識です。

私がQuanum Nova RTFで始めた理由は、2つあります。1つはNovaがオープンソースのフライトコントローラを使っていることです。2つ目はRTFの送受信機で学習して、その後で送受信機を別のものに変更できることです。私はMacBook ProにAPM Planner 2.0をインストールし、Windows 7のデスクトップにはMission Plannerをインストロールしました。どっちを使うか決めたいのですが、どちらもほとんど同じ機能ということでよいのでしょうか。

Novaが到着したら、皆さんがおっしゃるように、ボディの内部を開けてハンダ付けや配線や基板等のチェックを行うつもりです。おそらく、予備のランディングギアとプロペラとボディ用の六角ネジも注文することになるでしょう。

テレメトリを搭載する計画も持っています。私はAPMとMission Plannerについて学習するのを楽しみにしていますが、きっと疑問がいっぱい出てくると思います(検索して自己解決するつもりです)。過去の投稿を全部読んで、それでもわからないことがあれば、こちらで質問させていただきます。

私はこのスレッドを読むまでは、完全にPhantomを買うつもりでした。このスレッドの豊富な情報がなければ、私はQuanum Novaを決して注文しなかったでしょう。



Jul 19, 2014, 08:12 PM
swervynさん:

予備のプロペラとランディングギアを買うつもりなら、プロペラガードも買った方が良いですよ。それらは非常に壊れやすいので、プロペラガードがあると他のパーツの損害を最少限に抑えることができます。



Jul 20, 2014, 10:44 AM
burcoさん:

フライトコントローラのケースを開けると、基板が上下の2段になっていました。他の写真と較べると、私のは(工場出荷時点から!)下の基板が180度逆になっていました。正しく設置しなおして、今は正常に動いています。
ミッションプランナーが送受信機の無線信号を検出し、CPPMが動いています。無線信号が認識されない場合は、フライトコントローラのケースを開けて確認してみて下さい。



Jul 20, 2014, 04:12 PM
c131frdaveさん:

うわ~、あり得ないですね。
私も同じ問題を抱えています。チェックしてみます、ありがとう。



Jul 21, 2014, 10:19 AM
ajghorさん:

loiterモードでの飛行でトラブルを抱えている人のために書きます。
私は次のようにして解決しました(すべてGPSがらみです)。

1. GPSの位置を変更しました。ですから、プラスチックケースとGPSだけです。
私はGPSをコンパスとともに外部ドームの中に設置しました。
ケーブルの延長と多少の改造が必要です。

2. GPSがボード等の上に水平に設置されているか確認して下さい。私のはなぜか、QCマークの上に乗っていました。しっかりと取り付けられていないので、実に不安定でした。

3. 小さいコネクタをチェックして下さい。私のはGPS側のコネクタがゆるくて、接触不良を起こしていました。

4. ワイヤもチェックして下さい。GPSのLEDを近くで見ていると、クアッドの電源を入れるとワイヤが曲がります。私はワイヤを交換しました。

私のはオートチューンやパラメータの設定変更をせずに、GPSモードの飛行が安定するようになりました。中くらいの風程度なら、loiterモードでも非常に安定しています。



Jul 21, 2014, 12:42 PM
julian.roeloffさん:

Quanum Nova RTFを購入しました。調整の後、すばらしい動作をするようになりました。3セルの2200mahバッテリーで、6分のホバリングと9分の飛行が可能です。私の行った調整は以下のとおりです。

ファームウェアをArducopter 3.1.5に変更。
コンパスキャリブレーションの実施。
compassmot(コンパスモータ)の実施。8パーセントだけ。

パラメータ調整で重要なのは、 Altitude P=0.7 (from 1)にして、Rate Loiter P=0.7 (from 1)にしたことです。これだけでloiterモードが超安定しました。また、3Dロックするために約5分間放置しています。

---------------





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR