FC2ブログ

放射能測定器を購入。

福島第1原発の放射能汚染問題が数年単位で長期化しそうな様子なので、放射能から自分自身を守るための第一歩として放射能測定器を買うことにしました。ラジコンヘリは外で飛ばすことが多いので、これからは必需品になるかもしれません。ヘリに付着した土や埃が局所的に放射能汚染されていて、それを知らずに室内に持ち込んで家族全員被曝では洒落になりませんから。(^_^;)

たとえば、NAVER全国放射線量情報をみますと全国主要都市の放射線量がわかります。

110403_1 NAVER全国放射線量情報


ここで、さいたま市をクリックすると下のように放射線量が表示されました。

110403_2 NAVERさいたま市


4月1日19時に文部科学省が発表した数字で、毎時0.078マイクロシーベルトです。1日ならこの24倍の1.872マイクロシーベルトです。小さい数値に思えますがさいたま市にこのまま1年間住むと仮定すると、0.078×24時間×365日=683マイクロシーベルトを被曝することになります。それ以外に水や食物からも被曝することになるでしょうから、安心はできません。またこの線量自体が毎日変動します。これから大幅に上昇しないとも限りません。

福島第1原発事故が起きる前は、年間で50マイクロシーベルトが原子力発電所(軽水炉)周辺の線量目標とされていたことを思うと、現在の数値の異常な高さが理解できます。

NAVER全国放射線量情報では、都市毎に色分けして危険度が表示されています。福島県双葉郡はすでに上限値を示す赤色で表示されています。現在の基準で赤色になると避難退去命令が出るということですね。

そして、この地図で驚くのが、原発からほぼ200㎞圏の東京やさいたま市が緑色なのは理解できますが、新潟、富山、奈良、岡山、愛媛、山口、そして九州の大分までもが緑色だということです。汚染物質はその日の風に乗ってどこへ飛んで行くかわかりません。500㎞離れているからといって安心はできないのです。これからはヘリコプターを飛ばす時と同じく風力と風向には注意が必要です。


さて、放射能測定器です。日本国内では売り切れ続出で、たまにあっても値段が高騰しています。世界的にガイガーミューラー管が払底していて、測定器が品薄になり価格上昇が続いているようです。
ちなみに、日本の放射能が世界中に拡散している様子は以下で確認することができます。

http://www.zamg.ac.at/pict/aktuell/20110325_Reanalyse-I131-Period2.gif

これを見ると、世界中で放射能測定器が品薄になっていることが一瞬にして理解できます。

今日の午前中、グーグル検索で捜していましたら5月頃入荷予定の中国製ガイガーカウンターを見つけました。恐らく価格は福島原発ポポポポーン前より3倍くらいにはなっているのではないでしょうか。
で、注文したのは「デジタル放射線量計測器ガイガーカウンターJB4022」です。

110403_3 JB4022


製品番号: JB4022
生産地: 中国大陸 上海市

技術説明:
・ハンディタイプの軽量コンパクトなガイガーカウンター。
・高容量リチウムイオンバッテリーを搭載、パソコンのUSB端子からの充電可能です。
・検知方式:ガイガーミューラ計数管を使用
・測定範囲:線量率0.01 μSv/h-99.99 mSv/h 累計量:0.00 μSv/h-999.9 mSv/h
・測定時間:3、9、30秒
・アラーム値:0.5、2.5、10μSv/h
・保護アラーム時間:5秒
・稼動時間:1200時間
・サイズ:10×5.5×2.5(CM)
・重量:約100g(バッテリー含む)

商品特徴:
・広範囲な高感度計測
・線量率と累計量を同時標示
・高性能マイクロチップによる多機能コンパクト設計
・シンプルなボタン操作
・電池残量アラーム
・電池切れ後も累計量データを保存
・時計アラーム機能
・ブザーとバイブ2種類の警報
・見やすい大型デジタル液晶画面

放射能に関しては全くの素人なので、はたしてこの製品が良いモノかどうかはわかりません。X線、ベータ線、ガンマ線が計測でき、測定範囲が線量率0.01μSv/h-99.99 mSv/hで、累積線量測定が可能。小型軽量で稼働時間が長いなどのカタログデータだけで選びました。

中華製品にはワルケラその他で日常的に接しているので、最近の品質向上ぶりは承知しています。そこであえて中国製を選んでみました。それでも送料込みで64,300円もしました。予想外の大変な出費です。
これもすでに3倍くらいに値段が上がっているんでしょうね。品薄は当分の間続き、さらに価格は上昇するとの読みで、思い切って買ってみました。海外のサイトでは615ドルで売られていました。

とにかく今回の原発問題は早急に解決して欲しいですね。ラジヘリ飛ばすのにガイガーカウンター持参など、我ながらあまりにも滑稽な話です。(+_+)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ん~・・・・・・
そっちは、かなり過酷な状況のようですね・・・・・・・
自分の身は、自分で守らねば!ですね~
大体、初期の段階で、アメリカさんが
「廃炉にしますか?」って言ってくれた時に
素直に受けてればこんなことには・・・・・・
しかも、まき散らした挙句に廃炉だし・・・・・・。

Re: No title

SIGさん、こんにちは。

東電も保安院(不安院?)も政府も信用できないですよね。これでは不安になるなという方がおかしいです。今回の事件は、誰が最後に責任を取ってくれるのでしょうか?

風向きによっては北海道も安全ではないかもしれませんよ。秋には台風に乗って福島からのお便りが届くかもしれません。本日アップした記事から、ドイツ気象庁の拡散予測をご覧下さい。

ガイガーカウンター

ヤフオクにたくさん出てますよ。
機能的にどうかはわかりませんけど。

Re: ガイガーカウンター

X-718さん、こんばんは。
そうですね、ヤフオクに出ています。はっきり言ってよくわかりません。
価格が高騰しているのは間違いないですし、今買うのは単なるバカかもしれません。(^^ゞ

ちゃんとしたものは、やはり20~30万以上はするようです。
私の買ったのは、当然ながら簡易型の安物です。プルトニウムの出すアルファ線が計測できません。
ヨウ素やセシウムの放射線は測れるようですから、まあいいかなと割り切って購入しました。
福島問題が早く解決するといいですね。

No title

tiger22さん、こんにちわ! ∠( ̄∇ ̄)

> 線量率0.01 μSv/h-99.99 mSv/h

おおお!!! ∑∑∑(゜◇゜)
先ほど偶然にも私も検索して放射線測定器を見ていたのですが、上限が999μSV/hまでだったので”民生品としては これくらいまでが普通かな? (^^ヾ”と思ってたのですが、これは100mSVまで測れるんですね!!! さすが中国製!!! (^◇^;
核実験をやる国なのでこれくらいのレンジがないと中国では測定器として意味がないのかもしれませんね! (^^;

まぁ、水や野菜といった食べ物に放射性物質が付いてくるのはよくないですが、現在の関東の線量率での外部被爆は全然問題ないレベルなのであまり気にしない方がいいかと思います(精神的に)。
0.1μくらいなら平時の線量率の変動範囲ですし。

私も最近原子力関連が気になってニュースとかニコニコ動画の各種会見等を見ているのですが、地点ごとの線量率よりも、食べ物と大気中の放射性物質の方が直接取り込まれるだけに影響は大きいような気がします。内部被爆は症例も少ないでしょうし。。。
私はそっちの方が心配です~ ( ̄∇ ̄;)

Re: No title

TAKさん、どうも。

> > 線量率0.01 μSv/h-99.99 mSv/h
そうです。広いですよね。わたしもこれで決めました。

>現在の関東の線量率での外部被爆は全然問題ないレベルなのであまり気にしない方がいいかと思います(精神的に)。
おっしゃるとおりです。0.01 μSv/h未満なら平常時+αの水準で気にしません。問題はセシウムとかプルトくんとかの半減期の長い放射性物質ですね。肺に侵入されて体内被曝はたまりません。
水や食物も同様です。特に動植物を通じて濃縮されるのは、かんべんして欲しいですね。

線量率0.01μSv/h以上で反応するので、事件が落ち着いてたら福島あたりをドライブする時にも使えるかな?と思っています。

今後とも、このガイガーカウンターの出番がないことを祈っています。

No title

私も、腕時計型を購入しました。 先日、日本帰国時に使いましたが、時間よりも放射線量のマイクロ・シーベルトの方ばかりを確認していました。 10,000メートル以上の上空の飛行機の中のほうが、放射線量が多いようでした。

http://blogs.yahoo.co.jp/bismarck2011/3606933.html

Re: No title

TOM2さん、こんにちは。

> 私も、腕時計型を購入しました。 
ブログの記事を拝見いたしました。東京では、ほぼ0.07 - 0.12 マイクロ・シーベルトとのことですが、私の計測結果もそのくらいです。24時間スイッチを入れっぱなしでこまめにチェックしていますので、上下の変動幅が大きくなります。(^^ゞ
東京都内で0.2マイクロ・シーベルト以上のところにはまだ遭遇していませんが、0.18くらいにはよくなります。東京で暮らすと外部被曝だけで国の基準である年間1ミリシーベルトは超えそうです。さらに内部被曝と食料・水からの被曝を加えると・・・まずいですね。

豊洲の数値が福島並みに高いという報告をしている米国の学者さんがいらっしゃいます。新宿都庁前も高いようです。チャンスがあったら測ってみてください。

今日スーパーへ行きましたが、野菜は関東近県のものが多いですね。国の基準がゆるいので一時は姿を消していた近県物の牛乳なども販売が再開されているようです。

No title

現在、米国LAなので、新宿都庁前、豊洲とうでの測定は次回帰国時にチャンスがあったらやってみます。 兄貴が栃木から帰ってきたとき、いきなり0.50マイクロ・シーベルトになったのは驚きましたが、飛行機の中で4マイクロ・シーベルト位で6-7時間放射線を浴びていた事を思うと、大したこと無いかな? と思っています。 ナレデスカネ! まだ、福島原発は放射能の隔離に成功していないので、今後は、ナレで放射線量を浴びていくような気がします。 来年の今頃は、東京で1.5-2.5マイクロが当たり前になっているかもしれませんね。

Re: No title

あら、もうアメリカにお帰りですか。早く帰ってきてください。(*^O^*)

放射能の問題はむずかしいですね。今の日本のように低レベル放射能を連続して浴びるというのは、過去、世界中で例がないと思います。つまり経験のない歴史的事態が起きていることになります。いったいどれたけの放射線を浴びたら、人はどんな病気になるのか、過去の実績データはありませんし、本当に知っている人もいないとおもいます。だから不安です。特に政府の言っている年間20mSvなら子供でも安全というのは、えっ????と思いますが、とにかく過去データがないので反論もできません。せいぜいが、従来基準が年間1mSvだったのがなぜ突然20倍になったの?という違和感を強く感じるだけです。まあ、常識的には突然、基準を20倍に緩める方が間違っているとは思いますよね。どうも今の政府や役人はおかしいです。

世界には自然放射能の高い地域があり、そういう所では年間10mSvを浴びても元気に生活しているとか、多少は放射能を浴びた方がかえって健康に良いという学者が日本のテレビに登場しています。まったく逆のことをいう少数派の先生もいます。ホントに国民は混乱しています。特に福島の方は大変だと思います。

厚生労働省が過去に認定した事例で、年間6mSv弱の被曝で白血病になった方がいらっしゃいます。お兄さんの例で、仮に毎時0.5マイクロ・シーベルトを一年間浴びるとすると、年間では0.5×24時間×365日=4.4mSvになります。日本ではこれに内部被曝分と水・食料からの被曝が加算されますので、普通に危険レベルに達すると思われます。

これから先、いったいどうなるのか誰もわかりません。関東地方は危険かもしれません。
しかし、放射性物質はすでに広く拡散し国内各地に堆積しつつあります。半減期の長いセシウムやプルトニウムもばらまかれているようです。TOM2のおっしゃるように
>来年の今頃は、東京で1.5-2.5マイクロが当たり前になっているかもしれませんね。
・・・ということにならないことを希望していますが、本当にそうなる可能性も少なくはありません。

この問題、いったい誰が責任を取るんでしょうね。

ブログ内検索(FC2)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR