インバーティックス 400(Invertix 400) 発売。

3Dクアッドには、可変ピッチプロペラのものと、固定ピッチプロペラのものがあります。すでに販売されているクアッドの中で、前者の代表はStingrayで、後者の代表はこのInvertix 400とBlade 200 QXになります。

しかし、Invertix 400のスレッドは非常に不活発と言わざるを得ません。私には現在のところ、3Dクアッド人気はBlade 200 QXに集中しているように感じられます。(^_^)

http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=2160470&page=4


---------------

Jun 03, 2014, 03:55 PM
yves2000_chさん:

superbe machine recu hier
tres bonne qualite belle finition superbe manuel pour l'instant je suis heureux
je test ce week end



Jun 03, 2014, 10:42 PM
bobepineさん:

翻訳しました。

「素晴らしいクアッド。昨日届きました。
非常に品質が良いです。仕上がりも美しい。良く出来た取扱説明書。私は満足しています。
今週末にテストする予定です。」



Jun 14, 2014, 08:18 AM
DParkerさん:

(ビデオ) Invertix 400
http://www.youtube.com/watch?v=tlnuj-Nx1_I&feature=youtu.be



Jun 19, 2014, 08:33 AM
jwallace1809さん:

非常にクールなクアッドですが、私が見たビデオはすべて、3D飛行の世界チャンピオンが飛ばしています。平均的なパイロットは、どの程度飛ばせるものでしょうか?



Jun 20, 2014, 09:10 AM
Tim H.さん:

私は3Dクアッドを飛ばしたことがありません。誰かが言ったように、プロペラをたくさん用意して、草むらで飛ばす必要があるでしょうね。インバーティックス 400のキットは届いていますが、忙しくてまだ組立ていません。

3Dクアッドの飛行練習には、Real Flightの Stingrayが良いと思います。私はReal Flightの Stingrayで練習してきました。



Jun 21, 2014, 06:25 AM
vrexさん:

手に入れました。すでに組立てた方の報告を期待します。



Jun 21, 2014, 10:34 AM
Tim H.さん:

2時間で組立てましたが、写真に撮るのを忘れました。組立は簡単です。組立説明書はとても良くできていますから、それに従って組立てるだけです。



Jun 22, 2014, 04:31 PM
Tim H.さん:

1時間ほど前に、小学校の運動場で初飛行しました。とにかく速いです! 6分の飛行で、2枚のプロペラを破損しました。慣れが必要です。前方飛行から背面に移行するタイミングを遅らせるようにしました。明らかにタイミングのわずかな遅れがありますが、私は最初ヘリコプターのつもりで飛ばしていました。背面に移るパワーが出るのに、1秒かそこらの遅れがあります。

私は大量のプロペラと数個のバッテリーを注文し、飛行高度をもっと高くするつもりです。高度を下げたいという欲求に抵抗しなければなりません。とにかく、練習、練習。練習あるのみです。

ビデオを撮りましたので、後で投稿します。



Jun 22, 2014, 09:10 PM
Tim H.さん:

お約束のビデオです。笑ってやって下さい。プロペラは10セット注文しました。

(ビデオ) Invertix 400 3D Quadcopter - Maiden Flight
https://www.youtube.com/watch?v=D0xn9bYD3T0&feature=youtu.be

---------------





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

tiger22さん、こんにちは。

JRが3DクワッドNINJA 400MRを発表しましたね。

http://www.jrpropo.co.jp/jpn/heli/ninja/

固定ピッチでモーター逆転のようですが、特筆すべきは、前後の方向が分かりやすい形状のボディを採用していることです。

プロトタイプのフライト動画もあります。
http://youtu.be/DHApujJIOqg?list=UUNIOV6ONVnsR4E-YWXWGvdw

大きさも手ごろで、期待できそうですね。以前のショーでは、可変ピッチタイプも参考出品されていたので、こちらも期待したいところです。

Re: No title

cvlexさん、こんばんは。

情報ありがとうございます。いよいよ発売ですね。(^_^)

形はTALI H500のような非対象形ですから、前後がわかりやすいというメリットがあります。
ところが、Invertix 400や200 QXのインプレを読むと、やはり固定ピッチではモーター反転にタイムラグが発生するようです。JRさんがこの問題をどう解決しているか、お手並み拝見というところです。
400サイズならば、価格面で200 QXと勝負できるだけのプラスアルファがないと厳しいのではないでしょうか。
もちろん、Invertix 400を超える必要があります。がんばって欲しいですね。

あと、フライトコントローラの出来が気になります。
独自開発なら、なおのこと気になります。

ビデオを拝見しました。なかなか良さそうですが、やはりタイムラグを感じます。
ところで、この解像度はマズイですね。今どき1080Pでしょう。
YouTubeのフライトビデオを見たことのない人が作ったのでしょう。ダメですね~。

ビデオにはさっそくコメントが入っていますが、私も同感です。(笑)


DDVP

tiger22さん cvlexさん おはようございます。

まったくの門外漢の寝言です。
カッドコプターに関して、可変ピッチと固定ピッチの2機種が世に出ており、それぞれの長短が議論の的になっていますが、可変ピッチの場合、ベルトドライブ形式とDDVP、すなわちDirect Drive Variable Pitch 形式とが存在するようですが、JRの可変コプターはどちらの形式なのでしょうか。
ちなみに、DDVPコプターのこんなユーチューブがありました。
https://www.youtube.com/watch?v=TAopB_xKIH0



No title

tiger22さん、藪さん、おはようございます。

静岡ホビーショーのJR新製品紹介動画に、ちらっと可変ピッチクワッドが出てきますね。小生が見る限り、どうも1モーター/1ESCのベルトドライブあるいはシャフトドライブに見えますが、いかがでしょうか。

4モーター/4ESCですとベルトやギアの伝達ロスや騒音が軽減されそうですね。Stingray 500はけっこううるさいです。ただ、価格的には割高になりそうです。

Re: DDVP

藪 丈二さん、cvlexさん、おはようございます。

以前にcvlexさんがおっしゃっられたように、固定ピッチの3D機はプロペラ効率が悪化して、アップライトでもインバートでも飛行時間が激減する問題があります。Bladeのスポーツプロペラの評判が今一つなのを見ると、この問題はけっこう重要ポイントなのかもしれません。

Stingray 500はRealFlightシミュレータで時々飛ばしていますが、背面への切り替えでタイムラグを感じることはありません。ヘリに近い印象がありますが、本物はいかがでしょうか。
ダイレクトドライブかベルトドライブは、価格問題を考えての結論になるのでしょう。私もメカ的にはダイレクトドライブが優れていると思います。

固定ピッチの3Dクアッド間においても、価格が最も重要だと思います。
Invertix 400の飛行練習用として、Blade 200 QXを買ったという人がいましたが、おそらく3Dクアッドを買った人のほとんどは練習用として最安値の200 QXも買うことになるでしょう。
すると、200 QXと比較せざるを得なくなります。

つまり、固定ピッチ3Dクアッドの標準機は、200 QXということになります。
私はそのような展開を予想しています。

もちろん、私も今のところ200 QXを買う予定でおります。(^_^)

No title

tiger22さん、こんにちは。

Stingray 500のバックフリップや背面ホバ時の操縦感覚は、自分のレベルでは可変ピッチ450ヘリとほぼ同じですが、ラダーだけはまったりです。

これまでの情報から、3Dクワッドの方式の、それぞれの得失を考えてみました。

(1)固定ピッチ逆転クワッド:

4モーター、4ESC
もっともシンプルで安価。調整もシンプル。逆転ESCはやや高価か?

(2)1モーター可変ピッチクワッド:

1モーター、1ESC
4サーボ、4可変ピッチ機構
ベルト/シャフトドライブ機構

サーボとメカの調整が面倒。ベルトあるいはシャフトドライブの調整も面倒。ESCは逆転が不要なので、従来型が使用できますが、ひとつで4ローターぶんのパワーをハンドリングする能力が必要です。

(3)4モーター可変ピッチクワッド:
4モーター、4ESC
4サーボ、4可変ピッチ機構

部品点数は多くなりますが、ESCは逆転の必要がないので従来型の小型の安価なものが使えると思います。価格的には(2)と同じか、やや高くなるかもですね。

Re: No title

cvlexさん? 、こんばんは。

わかりやすい比較をありがとうございました。

Stingray 500の反応がラダーを除いてヘリ並みというのは、さすがです。
Stingray 500のラダーは、4つのローターの回転速度をそれぞれ変化させることにより実現されていると思いますが、さすがにモーターが1つしかないとスムーズに行かないということでしょうか。
そう考えると、やはり4モーターが理想的かもしれませんね。

最終的にどの方式が優勢になるんでしょう。
将来の結果が楽しみです。

どうなってるの?

tiger22さん おはようございます。

本題から脱線して申し訳ございません。
あのHH社までがナノスパイダーを売り出すようです(39.99ドル)。
今頃になって、どうなっているんでしょうね。

http://www.horizonhobby.com/products/faze-rtf-ultra-small-quad-HBZ8300

おまけに、通信プロトコルに関しては何の情報も提示していません。

No title

tiger22さん、おはようございます。

ラダー操作時に、ピッチだけではなくて各ローターの回転数を変化(差動)させると、ラダーの効きもよくなるかもですね。

ただ、そうなるとコントローラーが4サーボと4ESCを制御しなければならなくなり、かなり複雑なものになりそうです。

4モーター可変ピッチでも、実質はStingray500と同じ、つまり4モーター回転数は一定にして、上下動のみ、3軸の操縦は可変ピッチのみ、という方式も考えられますね。JRのプロトタイプはどうなのか、興味が尽きませんね。

#先のコメントでうっかりハンドルネームを入れ忘れました。
#失礼しました。

Re: どうなってるの?

藪 丈二さん、おはようございます。

Hubsan Q4のリブランドなのか、そのコピーなのか不明ですが、Hubsan Q4(童友社ナノスパイダー等)は昨年末頃から世界中で爆発的にヒットしています。
類似品が各社からぞろぞろと発売されていますから、ホライゾンホビーが売っても不思議ではないかもしれません。

今でも売れば、それなりに儲かるのではないでしょうか。
予想外に息の長い商品になるのかもしれません。

ぜひ、1機お買い求め下さい。楽しいですよ。(^_^)

Re: No title

cvlexさん、おはようございます。

うっかりしていました。
Stingrayは4つのローターのピッチ変化で、ヨーを操作するんですね。
通常の固定ピッチクアッドは4つのモーターの速度変化で機体を回しますから、Stingrayも同じだと早とちりしてしまいました。

4モーター可変ピッチの場合、どういうメカニズムになるのでしょう。
JRの可変ピッチに興味が湧いてきました。(^_^)

No title

tiger22さん、おはようございます。

Stingray500の場合、1モーターで、シャフトとベルトを介して4つのローターを回していますが、上述のように、その機械的な抵抗とロスはけっこう大きい感じがします。

4モーターにすれば、この機械的なロスは大きく低減されるでしょうが、今度は4ESCと4モーターの電気的な効率が問われると思います。

そんなこんなを考え合わせると、JRの可変ピッチクワッドも、Stingray500と基本的には同じで、1モーター/1ESCで、ベルトorシャフトドライブの可能性が高いと思います。

ところで、Ninja 400は今秋発売、ということですので、自分は発売されたら速攻で購入しようと思っています。バッテリーも、450ヘリで使っている3S2200が使えそうですし。

No title

tiger22さん、こんにちは。

下記のページに掲載されている、静岡ホビーショーで展示されたJRのクワッドのプロトタイプの写真からすると、可変ピッチ機はベルトドライブのようです。また、機体中央に大きめの白いギアが複数、見えるので、モーターは1個ではないでしょうか。

そして、この機体は+型あるいはX型ですね。Ninja 400MRのようなオフセットされた変形X型のアームの配置だと機体の前後がわかりやすいですが、ベルトドライブでは、むずかしいのかもですね。

bit.ly/1q2NgSo

Re: No title

cvlexさん、こんにちは。

NINJA 400MRを購入される予定ですか。
Stingray 500との比較レポートをお願いします。

期待しています。

Re: No title

cvlexさん、こんばんは。

写真を拝見すると、確かにベルトドライブのようですね。
Stingrayと同じようなメカでしょうか。
そして、対象型なので機首はわかりづらいですね。
プロペラの色とかLEDで前後を見分けることになりそうです。

JRさんがどの部分で独自色を出してくるのか、気になります。


No title

tiger22さん、おはようございます。

+型、X型でボディが中心にあるタイプのクワッドは、ほんとに姿勢(方向)がわかりにくいです。仲間がDJI Phantomを飛ばすのをよく見ますが、ホバしていても、ちょっと遠くになったり、高度が高くなると、もう方向がわかりません。

高速飛行させない空撮の場合は、それほど問題にならないでしょうし、危なくなったらリターンホームさせればいいのでしょうが、積極的に操縦して飛ばすとなると、姿勢の判断ができないと話になりません。

ローターの色の区別や、LEDは、晴天屋外ではあまり役に立たないように感じています。

Re: No title

cvlexさん、おはようございます。

おっしゃるとおり、クアッドは機首方向を簡単にロストしてしまいます。
わからなくなると、とりあえず直進させてみて進行方向を判断するようにしていますが、それも距離が離れるとダメです。最終的にはGPSやコンパスを使って、ホームポジションに戻すことになりそうです。

FPVができれば事情は違ってくるでしょう。
Blade 200 QXのユーザーがFPVに関心を持つのは、そんな理由もあるのかもしれません。
私は日本の事情を考えて、この話題を全部スルーしていますが、200 QXのフォームではFPVの話が多く語られています。
JRさんも、スポーツクアッドにこそFPVの利用を検討されてはどうでしょうか。スポーツ飛行がさらに楽しくなりそうです。

もちろんGPS搭載も考えられます。スポーツクアッドになぜGPSが搭載されていないのか不思議です。
ただ、FPVの実現に関しては、ここでも電波法が大きな障害になりますね。

No title

tiger22さん、たびたび恐縮です。

従来型の外部視点で操縦するラジコンと、FPVで操縦するラジコンは、本質的に違うものといえそうですね。たとえば、従来はまず対面操作をマスターするのが課題でしたが、FPVではその必要はありません。

ただ、あくまで推測ですが、ヘリやクワッドの3Dは、FPVでは動きが激しすぎて、かえってむずかしいと思います。外部視点だからこそ、可能なのではないかと思います。

あと、スケール機はFPVで飛ばす意味がないですねw

一方、前進飛行や3Dの練習時に、自動的に水平に復帰する機能(self-levelling)は役立つと思います。ただ、スイッチを操作している余裕があれば、ですけどね。

3Dはパイロットから近いところで飛ばすので、GPSによるリターンホームはあまり必要性がなさそうですが、それでも、うっかり機体を遠くに出してしまって姿勢が分からなくなった、というような緊急時に役立ちますね。

Re: No title

cvlexさん、こんばんは。

FPVはフライトシミュレータの操縦感覚に近いのではないかと想像しています。
カメラを通した前方視界なので遠近感が掴みづらいですし、機体の全周情報も得られません。限られた視界とOSD情報(HUD)で飛ばすことになります。しかし反面、機体の操縦席にいるような迫力があるのではないでしょうか。

もちろん、外部視点とは違った意味で、操縦はむずかしいと思います。
おそらく従来のラジコンとは別物です。(^_^)
Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR