Quanum Nova のプロペラ・バランス _3

過去記事「Quanum Nova のプロペラ・バランス _2」の続きです。

AMain.comから買った DU-BRO プロペラバランサーはナットが1つ不足していました。すぐにその旨をAMain.comにメールして、送ってくれるよう頼んだのですが、まだ送ってきていません。(^^ゞ

しょうがないので、ホームセンターで米国UNC規格の同サイズのナットを購入して、間に合わせることにしました。たった198円とはいえ、この支出は余分です。

で、プロペラバランサーを組み立て、さっそくNovaのプロペラを1本取り付けてみました。このとおり、バランスが狂いまくりです。(^^ゞ

140927_1 DU-BROプロペラバランサー


何度やっても同じ位置で止まります。前にマイクロヘリ用の安物バランサーを使った時には、測るたびに停止位置が異なりました。さすが有名なバランサーだけのことはあり、精度は信頼してもよさそうです。

少し横にそれますが、ここでDU-BRO プロペラバランサーの取扱説明書を読んで、バランスの取り方を調べてみました。以下に翻訳します。


---------------

BALANCING A PROP
(プロペラのバランスを取る)

プロペラをコーン(円錐体)の間に挟んで、スプリングとワッシャーとチューブで固定します。バランサーのホイールの上に、上記のバランスシャフトを乗せます。プロペラが回転を始めます。プロペラが止まったら、重い方が下になります。重い方のプロペラを、削ったり、擦ったり、サンドペーパーをかけたりして軽くして下さい。再びバランサーの上に戻すと、完全にバランスがとれたプロペラなら、どの位置でも静止状態になるでしょう。

正しい調整方法は、重い方のプロペラの裏側(凹)を削ることです。C1の図を見て下さい。プロペラの裏がどちらかわかります。この作業を繰り返し、何度もバランサーでチェックします。プロペラのバランスが完全にとれると、プロペラはどの位置でも回転しなくなります。

---------------


なんと簡単な説明でしょう。(笑)

下の過去記事のビデオを見た方が、わかりやすいですね~。

過去記事「マルチコプターのプロペラ・バランス調整法」
http://tiger22618.blog104.fc2.com/blog-entry-1970.html





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR