マルチコプター: FPV レースの世界

このブログをご覧の方なら、すでにFPVはご存じだと思います。ラジコン飛行機やマルチコプターにカメラを搭載し、そのカメラから送られて来る映像を見ながらリアルタイムで操縦することを言います。
たとえば、2013年頃までは下のような、美しい FPVによる映像が撮影されていました。

(ビデオ)Best FPV moment of 2013
http://www.youtube.com/watch?v=HrSEyS-GpZs


もともとは、ラジコン機やドローンからの空撮を補助する目的で始められたものです。
ところが、2014年に入るとマルチコプターによる FPVレースという新しい遊び方が登場します。
そして、今、世界中のラジコンファンがこれに注目しています。

2014年10月15日付のGigazineの記事をご覧下さい。

(Gigazine)スター・ウォーズのようなエアレースをドローンが繰り広げる
http://gigazine.net/news/20141015-drone-race/

1つ訂正しておきますと、上の記事に登場するマルチコプターはドローンではありません。ドローンとは自動操縦で飛ぶ飛行ロボットのことです。FPV レースでは人間が操縦しますので、ただのラジコンです。(^_^)


世界的に有名なラジコン掲示版のRC Groupsでは、2014年3月に "FPV Racing "というFPVレース関係のスレッドが初めて立てられました。しばらくこのスレッド1つの状態が続いていたのですが、この11月になって、急に9つもの関連スレッドが立てられました。(写真をクリックすると拡大します)

141121_1 RC Groups FPV


こりゃあ、来年は FPVが本格的にブレークしそうですね!
のんびり空撮クアッドを楽しむのも良いのですが、ラジコンの醍醐味は、やはりスポーツ飛行やレーシングということなのでしょうか。(^_^)

では、FPVレースのビデオを、少しばかりお楽しみ下さい。

(ビデオ)FPV Racing - Crash Session!!!
http://www.youtube.com/watch?v=NsxyV-kgfio

(ビデオ)FPV Racing Mini Quadcopters Advanced Course
http://www.youtube.com/watch?v=70pusNNunMA

(ビデオ)DRONE RACING AIRGONAY FPV NCS - COURSE DE DRONES - PURSUIT UAV
http://www.youtube.com/watch?v=cqT4vDME2X4


迫力ありますね~。

やってみたくなりませんか?

でも、日本では電波法による規制がありまして、原則的に FPVは禁止されています。この電波法をなんとか時代に合わせて改正しないと、日本のラジコン、ドローン、FPVの技術開発は、ますます世界から取り残されて行きかねません。

今の時代はオープンソースの開発力を無視できません。
一部の学者や研究者だけでなく、一般の人たちのアイデアこそが重要です。
だから日本でも、誰でもが手軽にドローンやFPVが楽しめる環境を整えることが必要だと思います。

現状はファンにとって誠に残念で、困ったことではあります。(;_;)





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

tigerさんこんばんは。

わたしも空撮からはじまり、FPVに興味を持ち始めました。
HobbykingでもFPV関連の商品が充実し始めていますし、FPV Racingのカテゴリもありますね!

ご存知かもしれませんが、日本国内では、私の知る限り3つ選択肢があります。

一つは、アマチュア無線の資格を取得し、5.8Ghz帯(正確には5.6Ghz)の映像送信機で無線局免許を取得して運用する方法です。
"アマチュア無線 FPV"などで検索すると、詳しく書かれたページがありますので詳しくは割愛しますが、私はこの方法でFPVを準備中です。5.8Ghz帯は送信機も軽量で、多数の製品から選ぶ事が出来ます。
海外でもほとんどが5.8Ghzを使用していますが、海外でもアマチュア無線ライセンスが必要な国があるそうなので、特に日本に限って厳しい訳でもなさそうです。
こちらは数十キロ離れても大丈夫なような送信機も使えます。

もうひとつは、DJIのLightBridgeを使う方法ですが、べらぼうに高価ですね。。。
趣味の域ではないとおもいます。。
あと、デジタル伝送なので少ないとはいえ距離が離れると遅延があり、FPV Racingには向きません。

3つめは、Air-Stageさんが販売している2.4Ghzの映像送信機と同じくAir-Stageさんが販売しているDEVOプロポ(映像受信機付き)を使用する方法です。
こちらは380mくらい距離まで送信できるそうです。

Quanum Novaでの空撮のモニタにまずは使用する予定ですが、Hobbykingの250サイズのコンパクトなクアッドも予算が確保でき次第導入したいと考えています。

日本でもっと手軽にFPVが楽しめるようになるといいですね。

Re: No title

tarkoさん、おはようございます。

具体的なご提案をありがとうございます。
日本でもその気になればやれないわけではないようですね。(^_^)

特に、Air-Stageさんで、ワルケラのFPVシステムが合法的に販売されていることは知りませんでした。
国内情報にはかなり疎いもので、助かりました。
手軽にFPVを楽しむことができそうですね。(^_^)

なお、tarkoさんのコメントは本文にも転載させていただきます。
あらためて、お礼申し上げます。


No title

tiger22さん こんにちは。

電波法の問題もですが、FPVレースは専用レース場が必要ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=X-g82k-ZQzA

Novaは浮いて空撮ができたので卒業しました。(^^;
FPVレースは嵌りそうですが、高齢者にはキツソウデス(-_-;

この国では地下(山奥)に潜らないと無理ですね。

Re: No title

ブラウンさん、こんにちは。

FPVレース用に、人のいない山とか無人島が使えると良いですね。
その気になれば、捜せるのでしょうが、それよりは普段の練習場の確保が問題かもしれません。
その前に、最初に問題になるのは飛行技術ですね。(^_^)

私はシミュレータでFPVトレーニングをやろうと思っています。
とにかく、高速で思い通りのラインを飛べなければ、話になりません。
何か、戦闘機の機動にも似たような印象があります・・。

ぼちぼちと飛行練習しつつ、アマチュア無線の勉強を始めるつもりです。
APMも奥が深くて面白そうです。私は空撮よりもAPM自体に興味があります。
Novaをお止めになられたのは残念ですね。
Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR