er9x を最新の r816 にアップデート

先日、マイクロクアッドのBlade Nano QX 3Dをオーダーしました。
送信機は、Turnigy 9X(er9x)と JRの DSM2室内モジュールを使うつもりです。
それで、久しぶりに er9xファームウェアをアップデートすることにしました。

日本でも、技適シール付き Spektrum DX6i送信機が発売されていますから、これから始める方は、それを購入された方が良いと思います。ただ、DX6i送信機は旧型で、かつ 6チャンネルなので、将来本格的にクアッドを飛ばそうとするとチャンネル数が不足します。

さて、er9xファームウェアの最新バージョンは r816です。半年前は r813でしたから、いまだに 2ヶ月に 1度のペースでバージョンアップされていることになります。さすがオープンソースです。

一方、eePeエディタは 2014年 4月 27日更新の r405が最新です。起動すると最初に、Er9xの自動アップデート案内と、下のRelease Notesが表示されます。

150310_1 自動アップデート



"er9x rev 811 changes the Custom Switch options.
v1>=v2 and v1<=v2 are removed and replaced by Latch and F-Flop
Loading a model into er9x from before will change:
v1>=v2 into v1>v2 and change v1<=v2 into v1

「er9xのrev 811で、カスタムスイッチに変更がありました。v1>=v2 と v1<=v2は削除され、Latch と F-Flopに置き換えられました。er9xに旧モデルデータをロードすると次のように変更されます:
v1>=v2 はv1>v2 に、v1<=v2はv1<=v2に変更されます。」(以下省略)


私は Turnigy 9X(er9x)送信機を 2台持っています。1つは Quanum Nova用に使い、もう1つは Bladeのヘリコプターを飛ばすために使っています。Blade用の Turnigy 9X(er9x)の er9xは r787のままに放置してありました。
ファームウェアのアップデートは簡単な作業なのですが、面倒くさいのでつい先延ばししてしまいます。(笑)

では、Turnigy 9X送信機のファームウェアを、Er9X r816にアップデートしましょう。
手順は、下の過去記事と基本的に変わっていません。

2011年5月12日付 「ER9xのインストール_2」
http://tiger22618.blog104.fc2.com/blog-entry-313.html

eePeの Burnのメニューが、少し変わっています。
ファームウェアを送信機に書き込む時は、"Flash Firmware to Tx"をクリックします。

150310_2 書き込み開始


無事に書き込みが終了すると、下のメッセージが表示されます。

150310_3 書き込み終了


続いて、9X送信機の初期設定に入ります。
これも下の過去記事が参考になるかと思いましたが、音声出力などer9xの機能が拡大していて、メニューもかなり変わっています。

2011年5月16日付 「er9x送信機の初期設定」
http://tiger22618.blog104.fc2.com/blog-entry-321.html


適当に、バックライトの設定、チャンネル順序(TAER)の設定、キャリブレーションと、最低限の設定だけを行いました。送信機のスティックモードは自動的に設定されます。
以下の作業については省略します。過去記事を読んで下さい。

最後に、ネット検索してダウンロードした Blade Nano QXの設定データを、eePeエディタを使ってコピーし、それを送信機に転送しました。
以上で、アップデート作業はひとまず終了です。(^_^)

150310_4 設定データ


なお、Nano QX 3Dの設定データは、Nano QXとは違いますので、別途作成する必要があります。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

>私は Turnigy 9X(er9x)送信機を 2台持っています。1つは Quanum Nova用に使い

送信モジュールはFrsky何をお使いでしょうか。
おすすめのがあれば教えてください

Re: No title

Qさん、こんにちは。

過去に、Frskyモジュールの技適シールがニセモノだというコメントをいただいています。
Nova関連の過去記事のどこかにありますが、結論的には下のとおりです。

http://tiger22618.blog104.fc2.com/blog-entry-2663.html

確かに、送信機と受信機2つのシールが、どれもコピーされたように完全に同じもので、実にアヤシイ雰囲気があります。(^^ゞ

ですから、私が持っている完全に合法なモジュールは、JRの室内モジュールとFutabaのS-FHSSモジュールだけです。FASSTモジュールは2万円もしますから、のんびり検討中です。

電波法を気にしなければ、いろいろと安いモジュールがありますけど・・・。

ありがとうございます

なるほど、状況を理解しました。
フタバ形式のモジュールを使えるようにするアダプタも
あるみたいですが、固定されるわけでもないみたいです
し無保証なので怖くて使えないですね…

Re: ありがとうございます

Qさん、おはようございます。

Turnigy 9XやFrsky Taranisは、非常に魅力的なオープンソースの送信機ですが、残念ながら日本では使えるモジュールが限定されます。
Frskyの技適モジュールがほとんど唯一の選択肢だったのですが、これがもし違法となると、安価で使えるモジュールがなくなります。JRやフタバの高価なモジュールを使うくらいなら、ちゃんとした送信機を買った方が良いですし。

Frskyのモジュールがホントに違法なのかどうか、確実なところはわかりませんが、私はあえて確認していません。とにかく、今でも合法として技適シールつきで販売されているのは、事実ですから。

本当に違法なら、行政当局が何らかの規制を行うはずです。
今はまだ放置されているようですね。だから、合法という解釈もありえます。

まっ、いつものグレーゾーンということでしょう。(^_^)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR