FC2ブログ

田端駅前の放射能

今月初めに購入した放射能測定器JB4022が、昨夜ようやく中国から着弾しました。説明書には「初回充電は5時間」とありましたので、結局この夜は充電しておしまいとなりました。

明けて今日は昼休みに東京のJR田端駅周辺の放射能を測ってみました。天候は晴れ、少し風がありました。測定器を手に持って、立って計りました。地上からはだいたい1mくらいの高さです。

田端駅北口を出たところの信号交差点でほぼ0.07~0.08μSv/h(マイクロシーベルト)でした。風が強く当たると急に値が高くなり最高で0.15μSv/hを記録しましたが、風が止んだときには逆に0.05を示しました。

次にJR田端駅の改札に向かい、駅ビル(アトレヴィ田端)に入りました。入ったところで0.07μSv/hでした。少し店内を歩いてみました。人がいないところは0.07~0.08μSv/hくらいですが、人がいると0.10~0.14程度の値を示しました。また、人の有無にかかわらず、建物の中で数値の高いところがあります。今日のお昼はアトレヴィ田端内の場所によって、0.06~0.16くらいの幅がありました。

なぜ数値がこれほど変動するのかよくわかりません。放射能汚染された塵が、風や人の動きで舞い上がると数値が高くなるのではないかと思います。また、吹きだまりには塵が集まるので周囲よりも高い数値になるような気もします。

放射能は目に見えないので事前に放射能を避けることは不可能です。ビル内を歩いていて突然、JB4022の数値が跳ね上がるとちょっとビックリします。恐いですね。気づかないうちに被曝するというのは・・・。


次に17時~18時。京浜東北線の車内で東十条駅付近を通過中に測ったところ0.08μSv/hでした。この数値はとても安定していました。今日の東京の列車内は0.08μSv/hくらいですね。ただ、駅に止まってドアが開き人が乗り降りすると数値が動きます。赤羽駅に着いてドアが開いた時、急に0.16に上がったのでビックリしました。一気に倍増ですもんね。(^^ゞ

また赤羽駅のホームでは0.06~0.17μSv/hの間でめまぐるしく変動していました。風が強く吹くと数値が上下に動きます。急に上がる場合もあれば、逆に急降下することもあります。これも予測は不可能で、突然の数値の動きにただ驚くばかりです。原因は・・・わかりません。放射能は気まぐれです。(T_T)


福島原発から放出されているのは、ヨウ素とセシウムが多いと聞きますが、これらの放射線はJB4022で測定できます。JB4022はX線、β線、γ線の測定が可能で、測定幅は0.01μSv/h~99.99mSv/hです。

最後に、初めての放射線測定で感じたこと・・・。
予想していたことですが、放射能は政府発表の数値よりは高いですね。所によっては2~3倍にもなります。また、政府は室外よりは室内の放射能が少ないと言っていますが、それも正しくありません。室内でも外より高い所がずいぶんあります。むしろ、東京では外も中も、それほど変わらないと思っていたほうがよさそうです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索(FC2)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR