FC2ブログ

FPV Freerider(FPV フリーライダー): デモバージョンをインストール

FPV Freeriderのデモバージョン(無料)をインストールしてみました。

ダウンロード

私のパソコンの OS は Windows 7(64bit)です。自作デスクトップで、CPU は最古のクアッドコア Corei7 920@2.67GHz、メモリー 8GB、ビデオカードは GeForce GTX 660です。かなり古いパーツ構成です。(^_^)

FPV Freerider(http://fpv-freerider.itch.io/fpv-freerider)へ行き、ページの一番下の"Download demo"にある、"Freerider FREE (29mb) "(Windows版)をパソコンにダウンロードしました。
"Freerider_FREE.zip"という圧縮ファイルがダウンロードされました。

150527_1 ダウンロード


ところで、マニュアルは同じページ上部の "FPV Freerider User Manual (PDF)"をクリックすると開きますが、印刷もダウンロードもできないようです。
私は、マニュアルの文字を全部マウスで選択して、キーボードで Ctrl+C を押してコピーし、Ctrl+V でエディタに貼り付けました。ワープロソフトに貼り付けることもできます。こうすれば、印刷が可能になります。



インストール

次に"Freerider_FREE.zip"ファイルを解凍します。解凍ソフトは欧米では定番の無料ソフト、7-Zip を使いました。解凍ソフトによっては、正しく解凍できないものがあるかもしれません。そんな時は、7-Zip をお使い下さい。

解凍すると"Freerider_FREE"というフォルダが新たに作られ、その中にすべてのファイルが解凍されます。エクスプローラで、中の"FPVFreerider_demo.exe"をダブルクリックするとゲームが起動します。インストールは不要です。起動を確認したところで、画面右上の×印をクリックして、いったんシミュレータを終了します。

150527_2 起動画面



コントローラのキャリブレーション

USB コントローラは、「Realflight 6」に付属してきたインターリンク・エリート・コントローラ(モード 2)を使いました。このシミュレータでは、USB コントローラの使用を強く推奨しています。
普通のラジコン送信機を使う場合は、USBドングルを使ってパソコンと接続することになるでしょう。たとえば、下のドングルは動作したとの報告が上がっていますが、その他のドングルでも問題ないと思います。

Connection Port For FMS Flight Simulation HS041-1

また、日本では Esky USBコントローラの入手が困難のようですが、別にEskyのものでなくても良いと思います。たとえば下のものは、上のドングルと同じSkyartec製ですから、動くと思います(動作確認していませんので責任は負えません。悪しからず。)
送信機型の USB コントローラは、1つ持っておかれると良いでしょう。




では、インターリンク・エリートを接続して、シミュレータを再起動しましょう。コントローラが正常に認識されると、キャリブレーションが可能になります。上の起動画面の右下にある"Calibrate Controller"ボタンをクリックします。すると下のコントローラの画面に変わります。

150527_3 キャリブレーション


デフォルト設定はモード2になっています。画面の指示に従って、コントローラの左右の2つのスティックの、4軸(ヨー、スロットル、ロール、ピッチ)のキャリブレーションを順番に行います。
最初はヨー(ラダー)です。左スティックを左端に保持したまま、"OK"をクリックします。この時、他の3軸は中立位置になければなりません。同様にして、他の3軸のキャリブレーションを行います。

なお、このデモバージョンでは、4軸のキャリブレーションしかできません。細かい設定をやりたい場合は、お金を出してフルバージョンを購入する必要があります。

キーボードの機能は以下のとおりです。

C (またはスペース) - cameraを FPV/LOS に切り替える
L - self-levelling(自律安定)/acro mode(アクロモード) の切り替え
R - リセット
T - タイムレース
P - ポーズ
esc - メニューに戻る



飛行テスト

プロポ型コントローラをお使いの方は、まず最初に、起動画面の右下の"Throttle zero at center"ボタンをクリックして "Throttle zero at bottom"に変更して下さい。また、"Dead zone is on"ボタンもクリックして "Dead zone is off"に変更して下さい。

起動画面の下中央から、シナリオを選択しますが、ここでは"Desert"しか選択できません。"Desert"をクリックすると、下のゲーム画面に変わります。ここからはコントローラを操作して飛ばすことになります。(^_^)

150527_4 Desert


デフォルトは、Self-levelling is on(自律安定)、Low rates are on(低レート)、そして Camera は LOSモード(外部視点)です。

これらの設定は、上記の各ボタンをマウスでクリックすることで変更できます。

私はとりあえず、アクロモードにして、FPVで飛ばしてみました。コントローラは正しく動作しましたが、FPV の操縦はむずかしいです・・・。高レートに変更すると、さらに敏感になり操縦が不安定になり狙ったコースから外れます。
LOSモードに戻してみましたが、これはこれで別の難しさがあります。

しばらく、このデモバージョンで FPV の練習を続けることにします。(^^ゞ




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

早速体験

tiger22さん おはようございます。

ご紹介の、FPV Freeriderを試してみました。
使用PCは、Win7 32ビット、メモリー2.0GB、ビデオカードはGEFORCEですがごく一般の仕様です。プロポは、DX6i(Mode2)をUSBコードで接続して見ました。

一応、それらしく動きますが、「CAMERA」すなわちEPVにしますと画面はカクカクとなって、スムーズさが欠ける画面になってしまいます。やはりゲーム対応のビデオカードを搭載することと、FPVを征服するには操縦適性の有無にかかってくると思います。

マニュアルは、以下の手順でダウンロードできました。
①PDFフィルを開く。
②画面上部の「ダウンロード」をクリック
③画面下部の「保存」右の下向き▲をクリックし、「名前を付けて保存」を
 選択
④所要のフォルダーへ保存する。

付けたし:
ネットでオヤジギャグを見つけました。
RTF : Repair To Fly Regret To Fly
BNF : Bind & Fear Bind & Fail

以上です。

追伸

tiger22さん こんにちは

E-SkyのFMSシミュレーター(Mode1)でテスト、Mode1としてセッティングできました。

Re: 早速体験

藪 丈二さん、こんにちは。

さっそくのご報告、ありがとうございます。
マニュアルの印刷は出来るんですね。私のやり方が間違っていたようです。
藪さんの場合、メモリー2.0GBというのが最初のネックのように感じます。
少なくとも 4Gに増やしてみては如何でしょうか。

いつもはRealflightを使っているので、操縦感覚に違いを感じます。
まだ、いつものようにコントロールできません。
フルバージョンでは細かい設定ができるようですから、フルバージョンを買うことになりそうです。

オヤジギャグ、面白いですね。大笑いしました。(^_^)


ブログ内検索(FC2)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR