Quanum FPV Goggle V2 到着

6月12日(金)に Hobbyking に注文した Quanum FPV Goggle V2 が、6月18日(木)に到着しました。ちょうど1週間です。(過去記事「FPV Freerider 用に、FPV ゴーグルを購入。」参照)

届いた大きな段ボール箱を開けると、大量のエアクッションに埋もれて、小さめの段ボール箱と FPV ゴーグル用バッテリーが出てきました。
非常に丁寧で安全かつ厳重な梱包だったので驚きました。Banggood や Tmart の簡易でいいかげんな包装とは大違いです。これなら安心できます。(^_^)

150619_1 Quanum DIY FPV Goggle V2 キット


小さめの段ボール箱の中には、Quanum DIY FPV Goggle V2 キットのパーツがぎっしりと詰まっていました。箱から出してみました。写真に説明書は写っていません。

150619_2 Quanum DIY FPV Goggle V2 キット


黒い発泡スチロール製のゴーグルケースは、とても軽くて、見るからに安っぽく、脆そうです。説明書と付け合わせてみると必要なパーツはすべて揃っていました。説明書の絵を見るだけで、簡単に組み立てができそうです。

次にFPV ゴーグル用バッテリーです。バッテリーの出力端子は 5インチモニタの電源端子とぴったり合うようにできています。さすが FPV 専用バッテリーだけのことはあります。
で、さっそく 5インチモニタに接続して、ブルースクリーンになるかどうかテストをしてみました。

150619_3 Quanum DIY FPV Goggle V2 キット


ごらんのとおりです! ビデオ信号の入力がない時、画面がブラックやブルーになるモニターでは、信号が復活した時に画面が元に戻るのに時間がかかり、高速で飛行する FPV レーシングでは使いものになりません。
そのため、ブルースクリーンになるモニタはどんなに画質が良くても嫌われます。その点、ハイビジョンではなくても、ブルースクリーンにならないこのモニタは、なかなか良いといえます。

ところで、私はこのゴーグルを、FPV シミュレータで FPV 飛行の臨場感と没入感を味わうために使用するつもりです。ですから当面の間、ビデオ受信機や FPV カメラとは接続しません。このゴーグルの接続相手は、私のパソコンのビデオカード、GeForce GTX 660 です。GTX 660 の映像出力端子はいくつかありますが、私は HDMI 端子を使うつもりです。当然、HDMI ケーブルを使うことになりますが、ゴーグルのモニタへの入力は普通のアナログ・コンポジットとなります。ですから、信号の変換が必要になります。

そこで、さきほど Amazon で購入した変換アダプタがコレです。




1000円未満の安いアダプタも売られていますが、どうも性能が不安定らしいので、180日間の製品保証のあるコレにしました。

使用結果は、またあらためてご報告したいと思います。(^_^)



【2016年6月20日 追加】

上記の変換アダプタは、1080i/1080p 等の高解像度の入力には対応していませんでした。パソコンの解像度を落として、無理に使おうとすれば使えますが、それでは意味がありません。
とりあえず、ゴーグルのモニタに映像を映すことには成功しましたので、もっと高性能な別の製品を探してみます。(泣)




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR