童友社ナノスパイダー(Hubsan Q4)のバッテリーが到着_3

というわけで、ラジコンヘリ/クアッド・ホビーの行く手には、改正航空法と航空法施行規則案という、どす黒い暗雲が垂れ込めている今日この頃でありますが、よく見ると、雲の切れ間からは青空も顔を出しているようです。

そうです、重量が 200g 未満なら規制の対象外になりそうです。
私のナノスパイダー(Hubsan Q4)の飛行重量はなんとたったの 12g !
しかも室内で飛ばすので、万一クラッシュしても、傷つくのは家具や壁くらいのもの。
どうだ、恐れ入ったか、国土交通省!!

・・・なんて不吉な冗談はこれくらいにして、バッテリーテストの続きに入りましょう。(^^ゞ


私は EACHINE H1 3.7V 100mAh バッテリーを 3本購入したので、その中の 1本を使って、ナノスパイダー(Hubsan Q4)の室内飛行を行い、この低価格バッテリーの持続時間を計測してみました。

ナノスパイダー付属の USB充電器でフル充電したバッテリーを使って飛ばし、ナノスパイダー(Hubsan Q4)の LED が点滅(低電圧アラーム)するまでの時間を計測しました。3回行って平均値を取ります。。
狭い室内ですので、ノーマルモードでのホバリング、ピルエット、サークル、フィギュア8 などのおとなしい飛行のみです。

 1回目: 4分49秒
 2回目: 4分51秒
 3回目: 4分55秒
 平均値: 4分51秒7

ほう、なかなか良いタイムが出ましたね。ナノスパイダー(Hubsan Q4)では、3分以上なら普通と言われていますから、これだけ飛べれば十分でしょう。(^_^)

ただ、バッテリーの充電時間については問題があります。ナノスパイダー付属の USB充電器を使い、デスクトップパソコンの USB 端子に接続して充電すると、フル充電までに1時間弱(50分~1時間)もかかりました。充電器がヘタったのでしょうか?
でも時間がかかりすぎです。私の不確かな記憶では、純正バッテリーなら 20~30分で充電できたはずですから。これが唯一の不満点です。
(iPhone の充電アダプタに充電器を接続すると、40分かからずに充電できました。)

前に書いたように、このバッテリーの重量は約 3.5g で、純正品に較べると 0.6g も重いのです。これが飛行性能にどの程度の影響を与えるのか、多少の不安があったのですが、実際にはほとんど違いが感じられません。
逆に 0.6g 重いにも関わらず、飛行時間が 4分51秒7 もあるなんて、エライもんです。
まあ、たまたま良いバッテリーに当たっただけかもしれませんけど。


何はともあれ、航空法施行規則案のお陰でウルトラマイクロコプターが再び注目を集める時代が、再び巡って来たようです。
この Hubsan Q4 は発売以来 2年を経過していますが、今もなお新しいレビューが書かれています。たとえば、下のレビューは 2015年6月15日に投稿されたものです。

Hubsan Nano Q4 Quadcopter Review
http://aerialadventurer.com/hubsan-nano-q4-quadcopter-review/


ナノスパイダー(Hubsan Q4)には、最近のクアッドのようにカメラも軟弱なヘッドレスモードもありませんが、そのシンプルさが、かえって私には心地よく感じられます。(笑)





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR