2015年12月 航空法改正、ビギナー用 可変ピッチヘリの選定 _4

2015年の最後に、可変ピッチヘリ・ビギナーのみなさまのために、合法送信機の入手先について書いておきます。

電波法により日本国内では、技適シール付きの送信機しか使っていけないことになっています。技適シールは送信機の裏側に貼付されています(詳しくは「電波法認証問題」カテゴリを参照願います)。

海外から直接購入した送信機や、販売業者が並行輸入したものには、技適シールがついていません。これらを使うと電波法違反になり、最高で 100万円以下の罰金が課されます。
送信機を購入する際には、必ず技適シール付きの合法送信機を買いましょう。不要になって売る場合も、技適シール付きの方が売りやすいです。


技適シールの次に大切なのは、送信機のスティックモードです。スティックモードには、モード1~モード4の4種類がありますが、通常はモード1かモード2のいずれかを選択します。
5年半前に私がラジコンを始めた時は、日本ではモード1が優勢でしたので、何も知らない私はモード1の送信機を購入しました。しかし、1年後にモード2に転向しました。最近では日本でもモード2派の人が増えています(詳しくは「モード1とモード゙2」カテゴリを参照願います)。

私の知るかぎり、モード1が優勢なのは日本とオーストラリアくらいです。中国、米国、英国、カナダおよびドイツ等のヨーロッパ各国はモード2が優勢です。
このため、海外のマイクロヘリ情報は、ほとんどがモード2送信機を前提として書かれています。モード1送信機を使っていると、海外情報を翻訳した上でさらに送信機のモードを読み替えるという手間がかかります。私がモード2に転向した理由の1つがそれでした。
もう一つのモード2送信機の利点は、テレビゲームのコントローラとの類似性です。プレステ等のコントローラは基本的にモード2に似た配置になっていますから、ゲームをやっていた人はモード2送信機が使いやすいでしょう。



ところで、これまでの記事の中で、初めての可変ピッチヘリとして推奨されていたのは、次の4機種でした。これらのヘリは飛行重量が 200g未満なので、12月10日に施行された「ドローン規制」の対象外です。「人口集中地区」でも自由に飛ばすことができます。(^_^)

Blade Nano CPS BNF と Spektrum DX6i送信機
WLtoys V977 RTF
HiSky HCP80 V2 RTF
Walkera Mini CP(または廉価版の Super CP)と Devo 10または Devo 7e送信機



以下、この4機種について、送信機の技適シールとスティックモードの2つに注目して、簡単に説明します。

1. Blade Nano CPS BNF と Spektrum DX6i送信機
技適シール付きの DX6i送信機(モード1、モード2)はエアクラフトで販売されています。Nano CPS などのヘリも販売しています。私は Blade ヘリの機体は海外(amainhobbies.com)から直接購入しています。


2. WLtoys V977 RTF
WLtoys V977は、推奨機の中で唯一のブラシレスモーター機です。ブラシレスモーターはビギナーにはパワーがあり過ぎですから、初めての可変ピッチヘリとしてはお勧めできません。また、WLtoys の合法送信機は、入手性に難があります。

しかし、WLtoys V977 の改良版の XK K110 がそろそろハイテックから発売されるはずです。この送信機は技適シール付でフタバ S-FHSS方式ですから、WLtoys のものよりも優れています。XK は WLtoys の一部門で、実質は同じ会社のようです。そしてハイテックの XKブランドからは、ブラシモーター版の可変ピッチヘリ XK K100 も販売されます。

私はビギナーには XK K100 RTF が良いと思います。ただし、私はXK K100 を飛ばしたことがないので責任を持って推奨することはできません。購入前に情報を集めて、ご自分で判断して下さい。
XK K100 で可変ピッチに慣れたら、次に XK K110 や XK K120 の機体だけを買い、ステップアップすることもできます。中国製のヘリ機体だけを買う時、私は中国(banggood.com)から安く購入しています。


3. HiSky HCP80 V2 RTF
遠里(オリ)株式会社や京商、Gforce 等から合法送信機付のヘリが販売されています。ただ、京商などは送信機がモード1だけになります。
遠里(オリ)株式会社はモード1とモード2の両方の RTF を販売していますし、送信機単体でも購入することができます。

遠里(オリ)株式会社のAmazonショップで売っているものを調べてみました。HiSky および Walkera の主要ヘリコプターおよびパーツがほとんど揃っているようです。

HiSky HCP80(RTF)
HiSky HCP80 V2(RTF)
HiSky HCP100(RTF、BNF)
HiSky HCP100S(RTF)

HiSKY X-6S送信機(モード1、モード2) 【HCP100S HCP80V2 新機種対応 /電波法国内認証済】7,695円
HiSKY H-6送信機(モード1、モード2) 【HCP100S HCP80V2 新機種対応 /電波法国内認証済】7,344円


WALKERA Mini CP (RTF、BNF)
WALKERA Super CP (RTF、BNF)
WALKERA NEW V120D02S(RTF)
WALKERA MASTER CP(RTF、BNF)

Walkera DEVO7送信機(モード1、モード2) 【電波法国内認証済/日本語説明書付】8,640円


4. Walkera Mini CP(廉価版 Super CP)と Devo 10または Devo 7e送信機
上記の遠里(オリ)株式会社やエアステージで、合法品が購入できます。



マイクロヘリはいつでもどこでも手軽に飛ばすことができます。クアッド以上に奥が深くて難易度が高いですが、同時にそれが魅力となっています。
「飛ばすこと」に興味のある方には、チャレンジのやり甲斐があるホビーの1つです。
あなたも、新年から始めてみませんか。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR