米国のドローン規制: FPV はこれからどうなる? _5

http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=2568547&page=2


---------------

Dec 29, 2015, 02:39 PM
Cereal_Killerさん:

> 商業用ドローンを所有している場合は何を登録するのですか? 
> 知っている方はいらっしゃいますか?
> FAA に承認された商業用ドローンを入手するのは、それほどむずかしくないということを聞いたことがあります。
> Amazon は長距離 FPV 飛行の実験を合法的に行っています。
> おそらく、我々は将来的に何らかの FPV 認証(FPV certification)が必要になるのでしょう。

RC Manさん。申し訳ありませんが、あなたは間違った理解をされています。

あなたは、いわゆるドローンの操縦者(operator)は免許を持った「本物のパイロット("real pilot")」でなければならないという、Section 333 of the FAA Modernization and Reform Act of 2012 の規定をご存じですか? あなたの飛ばす事業用機体は、承認を受けたものでなければならないし、飛行計画や事故報告の提出も必要とされます。


数日前に FAA(連邦航空局)は、Section 333 の適用申請のうち、わずか 2割程度しか承認されていないという告知を出しています。

Section 333 の適用を受けるのは、そんなに簡単なことではありません。

【管理人注: 私も詳しくは知りませんが、米国では企業が業務のために無人航空機(UAS)を飛ばすには、セクション 333 の申請をして FAA から承認を受ける必要があります。
また、無人航空機のオペレータ(操縦者)は、上記のようにライセンスを持つ本物のパイロットでなければいけませんし、ドローンを飛ばす時は Visual Line Of Sight (VLOS)でなければなりません。つまり、原則的に FPV はダメ。なかなか厳しい要件だと思います。】



Dec 31, 2015, 01:22 PM
RC Manさん:

我々はパニックになるべきではありません。もう 1~2ヶ月様子を見ましょう。



Dec 31, 2015, 01:34 PM
Matt Gunnさん(RCGroups Editor):

私は、250g 以下のクラスの FPV がこれから流行ると確信しています!



Dec 31, 2015, 02:49 PM
c131frdaveさん:

「本物のパイロット("real pilot")」の一人として言わせていただくと、もしみなさんが BLOS(?、Beyond VLOS(機体が肉眼で目視できない遠方)のことか?)を飛ぶ場合は、何らかの FAA 認定トレーニングを受講するべきであると、私は強く思います。
もしあなたが、自分が向かう空域や、地図の読み方や、通信方法を知らない場合、あなたは危険です。
しかし、一人のラジコンパイロットとして正直に言えば、リーズナブルな距離(LOS の距離)でのクアッド・レーシングや FPV 飛行は、完全に合法であるか、あるいは FAA が見逃してくれるものと信じています。



Dec 31, 2015, 03:23 PM
Ssayerさん:

残念ながら、私は政府が、収入が約束されている何かを「見逃す」とは絶対信じられません。

---------------





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR