Blade mCPX が敏感過ぎる・・・。

2015年12月12日付記事「Banggood の、Blade mCPX 用バッテリーが到着。」で、Blade mCPX 用の互換バッテリーを購入したことをお伝えしましたが、以来、時々 Blade mCPX(バージョン 1)を引っ張り出して、飛ばしています。

Blade mCPX ヘリコプターは、2011年 3月頃に発売された Blade 初の可変ピッチマイクロヘリです。発売当時はこれが世界最小の可変ピッチヘリでした。私が購入したのは、初期不良問題が解決した後の 2011年 5月頃です。

Blade のヘリやクアッドを飛ばす時は、HobbyKing で購入した Turnigy 9X 送信機(Er9x ファームウェア)を使っています。DSM2 無線モジュールは、JR(日本遠隔制御)の TD2.4LP(技適有)です。この古いモジュールは、なぜか最新の Er9X では動作しませんので、私が使っている Er9X は r787 です。(詳しくは下のリンクを参照)

http://tiger22618.blog104.fc2.com/blog-category-80.html

余談ですが、最近 Turnigy 9X用の新しいアドオンボードを注文しました。ファームウェアは ER9X から ERSky9X にアップグレードします。この新しいファームウェアで TD2.4LP が動作してくれるとうれしいのですが・・・。改めて報告します。


さて、昨年12月から Blade mCPX を再び飛ばし始めたところ、それまで飛ばしていた Walkera Mini CP に較べて、機体の動きが急でなんとなく飛ばしにくく感じました。スティック入力に対する反応が敏感すぎるのです。

それでもまあ、そのまま飛ばしていたのですが、つい先日のことです。ヘリを着陸させようとして 2mほど離れた位置で対面ホバリングに入りました。高さはアイレベルでした。その時、ヘリが急に私の方に迫ってきた(操縦がヘタ)ので、反射的にスティックを動かして避けたのですが、ヘリが予想外に急な反応をして、コンクリートの階段にぶつけてしまいました。

モデルデータは「mCP X:Tom Z版 送信機標準設定」になっていましたが、この設定ではほとんど飛ばしていなかったので、設定を見直すことにしました。


とにかく、ヘリがすごく敏感に感じるので、アイドルアップ時の最大ピッチ角度を測ってみました。両ブレードを揃えて、先端間の距離を測ると 61mmあります。これを 2011年6月17日付記事「mCPXのピッチ設定」の表でざっくり調べてみると、あらあら、該当値がありません。ということは、ピッチ角度が 15度を超えるということです。

2011年6月17日付記事「mCPXのピッチ設定」
http://tiger22618.blog104.fc2.com/blog-entry-371.html


藪 丈二さんに教えていただいた PitchCalc(ピッチカルク)で計算すると、なんと 16.4度もありました。どう考えても、この角度は私には大き過ぎます。(^^ゞ

2012年2月2日付記事「GCPとPitchCalc(ピッチカルク)」
http://tiger22618.blog104.fc2.com/blog-entry-751.html


その時思い出したのが、最近の 2015年12月25日付記事「Nano CP S を ER9X で飛ばす。」の中の下の部分です。


---------------

Nov 10, 2015, 04:13 AM
Flick33さん:

こんにちは、ER9XファームウェアのTurnigy 送信機で、Nano CP Sを飛ばしている方はいらっしゃいますか? モデルデータの設定を知りたいのですが。



Nov 10, 2015, 05:11 AM
Marlborormanさん:

チャンネル順序を spektrum 送信機と同じにすれば、マニュアル記載のとおりに設定すれば OK です。ただ、トラベルアジャストを 100%にすると、spektrum 送信機の 125% に相当しますから、少しトラベルの値を下げて下さい。
私は Turnigy 9XR PRO 送信機を持っていますが、Nano CP S RTF の送信機からモジュールボードを取り出して、9XR PRO 送信機に取り付けるつもりです。

---------------


おおっ、原因はこれかもしれません!
もしトラベルアジャストが 125%なら、そりゃあ私には無理です。(^_^)

過大なピッチ角度を下げるために、Turnigy 9X 送信機(Er9x ファームウェア)のトラベルアジャストを下げてみました。

100 : 125 = X : 100 の式を解くと、X = 80 となります。トラベルアジャストを 80 にすれば、Spektrum 送信機の 100 と同じになります。

そこでTurnigy 9X 送信機の Limits 設定を見ると、確かに各チャンネルとも 100 となっていましたが、6チャンネル のピッチだけはすでに 75 に設定されていました。自分では思い出せません。(^^ゞ

6チャンネル以外のチャンネルはすべて 80 に減らし、6チャンネルのリミットは 60 まで下げました。この設定でアイドルアップ時の最大ピッチ角度を測ると、14度をちょっと下回るくらいになりました。

しかしまあ、操縦のヘタな tiger22 としては、さらに 55 まで下げてみます。すると角度は 12 度になりました。しかし、スロットルスティックの中央位置で、ゼロピッチになりません。後日、本格的なピッチ調整が必要ですね。

とりあえず、この状態でテスト飛行してみました。

ウソのように飛ばしやすくなりました!

「トラベルアジャストを 100%にすると、spektrum 送信機の 125% に相当する」というのは、どうやら本当のようです。(^^)





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR