9Xtreme ボードの取付作業_ 1

前回からの続きです。いよいよ Turnigy 9X 送信機に 9Xtreme ボードを取り付けます。

ボード以外で今回購入したのは、東芝 16GB マイクロ SD カード(amazon)と、CR1220 ボタン 電池(100円ショップ)、2.3mm のドリル歯(近所のホームセンター)です。

160225_1 9Xtremeの取付作業


下は私の Turnigy 9X 送信機の内部を開けたところです。白いボードは Turnigy 9X にEr9x ファームウェアを搭載するための SmartieParts ボード(Rev 2.1)です。2011年に増設したものです。

160225_2 9Xtremeの取付作業


SmartieParts ボードを取り外しました。半田付けされていないので、簡単に取り外せます。
これ ↓ がメインボードですが、外した後はネジ穴が 4個空いたままです。元のネジは SmartieParts ボードを取り付けた時に捨ててしまいました。

160225_3 9Xtremeの取付作業


下の 2個の穴には 9Xtreme ボードに付属するネジを使いますが、残りの 2個のネジはどこかから調達する必要があります。
元のネジのサイズを測ると、ネジ部分の直径は 2mm で長さは 5.7 ~ 5.8mm 程度です。センチネジかインチネジか不明ですが、作業を中断して、とにかくホームセンターに行きました。適当に合いそうなネジを探し回って、下のネジセットを 98円で買ってきました。6mmあり、ちょっと長いのですが、ワッシャーを 2枚重ねにして調整できるでしょう。^^;

160225_4 9Xtremeの取付作業


帰宅して、取り付けてみると OK でした。運良くセンチネジでした。

次ぎの作業に移ります。2.3mm のドリルを使って、一番下の 2つのネジ穴のサイズを広げます。これは簡単にできました。(写真はありません)

その後で、メインボードのネジを全部取り去って、ボードの裏のスポンジを剥がします。これが今回の作業の中では一番大変でした。ノリがべったり張り付いているので、ボードを痛めないように作業を進め、やっとのことでここまで剥がしました。これでいいでしょう。

160225_5 9Xtremeの取付作業


剥がした跡に、 9Xtreme ボードに付属するスポンジを貼り付けました。少しデコボコしていますが、特に問題はないようです。
また、LEDディスプレイの裏の保護フィルムもここで剥がしてしまいます。セロテープを貼り付けてから引っ張れば、簡単に剥がれます。

160225_6 9Xtremeの取付作業


次回に続きます。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR