ハイテック版 X6 送信機を購入。

XK のヘリコプターを飛ばすために、Futaba S-FHSS 送信機を買うか、X6 送信機を買うかで長らく迷っていました。悩みの最大の理由は、Futaba S-FHSS プロトコルが、現状では Futaba の「最下位プロトコル」であることです。というか、今は T-FHSS にアップグレードされており、すでに「S-FHSS」と銘打った製品そのものが販売されていません。

さらに私の信頼する、ブラウンさんや石敢當さんは「マイクロヘリを飛ばすために、わざわざ Futaba 送信機を買うのはもったいない」という意見をお持ちです。RC Groups のマイクロコプターのユーザーにも「Futaba 送信機は高価格で高級」という印象を持っている人が多いようです。

そのような状況の中、昨年秋に突然、Futaba S-FHSS 方式のマイクロコプターと送信機が登場しました。送信機は XK X6 送信機です。そして、日本ではハイテック マルチプレックスから正規輸入品(技適シール付)の販売が行われています。

X6 送信機の品質・性能は Futaba 製品には及びませんが、マイクロコプターを飛ばすための必要十分な性能と操作性を備えているようです。しかも正規品が 9000円ほどで購入できます。安価ですがプログラム可能な本格コンピュータ送信機であり、最大 10個のモデル設定を記憶できます。これ 1台あれば S-FHSS 方式のマイクロコプターを 10機まで飛ばすことができます。

現在、S-FHSS 方式の新製品は WLtoys のホビー部門? である、XK 社から発売されています。2015年秋に発売された K100(V966)、K110(V977)、K120(独自製品)のマイクロヘリはどれも市場での評価が非常に高いですし、2016年春新発売の X251 や X100 のマイクロクアッドにもホットな注目が集まっています。

ご存じの方も多いと思いますが、有名メーカーの Walkera が数年前にヘリコプターから撤退した時、Walkera の技術者集団は WLtoys にヘッドハンティングされたと言われています。したがって、XK 社の製品には Walkera のノウハウが投入されていると思われ、それが市場での高評価につながっているのだと思います。
なお、過去の製品では Walkera や Align にも S-FHSS 方式のマイクロヘリがあります。

上記の理由と、RC Groups での X6 送信機の評判にも押されて、tiger22 はついにハイテック マルチプレックス版の X6 送信機を購入することに決めたのです。(^_^)


さて、ハイテック の X6 送信機の箱を開けて、まず気づくのはアンテナが当たる部分が透明のプラスチック板で補強されていることです。下の写真は、左がハイテック、右が海外から購入した XK(電波法違反品)です。
XK の箱はアンテナがぶつかって穴が空いていますが、ハイテックさんの箱は破れていません。ひょっとして、今は XK の箱もこうなっているのでしょうか?

160430_1 ハイテック版 X6 送信機


送信機を箱から少し引っ張り出しました。ハイテック版はビニールで包装されており、さらにアンテナ部分が発泡フォームで保護されています。丁寧ですね、すばらしい!

160430_2 ハイテック版 X6 送信機


2つの送信機を並べてみます。左がハイテック、右が海外から購入した XK のものです。
ハイテックはスティックモードがモード 1 ですが、モード 2 へ変更可能です。また、送信機上部を見ると、ハイテック版には AUX1、AUX2 の印字がありません。
その他は同じです。2つのスティックを実際に操作した感じも違いはありません。どちらもなめらかで、なかなか良いフィーリングです。

160430_3 ハイテック版 X6 送信機


ひっくり返して裏です。左のハイテック版には、電波法に適合した製品であることを示す「技適シール」が、燦然と輝いています。XK のヘリコプターやクアッドコプターを国内で飛ばす場合は、今のところハイテック版 X6 送信機を使うか Futaba 送信機を使うしか選択肢はありません。
XK の、白く写っているシールは「検査済み証」のようです。ハイテック版も電池ボックスの中に同じものが貼られています。

160430_4 ハイテック版 X6 送信機


160430_5 ハイテック版 X6 送信機


次はマニュアル(取説)。ハイテック版は紙の品質が良くて、もちろん日本語です。XK 版はイギリス人やアメリカ人にさえ理解できないという、難解な中華英語で書かれています。日本人にとっては中国語の方が理解しやすい場合もあります。(笑)

160430_6 ハイテック版 X6 送信機


しかし、両方のマニュアルをちょっと見較べたところ、レイアウトと内容に違いがあるように感じます。

・・・次回に続きます。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

悩ましいですね…

こんばんは。

Inductorixの効用としてマイクロヘリの対面・サークル飛行が簡単にできるようになりました。実感です!
しかし、Inductrixで背面は出来ません(^^ なおかつ屋外は苦手です(^^;
確かにX100で背面練習はアリだと思います。私もシミュレーションでは時々背面練習をしていますが、実機では2~3秒が限界です。

X100が届いたら背面練習の成果をお願いします。もし、合格なら私も試して見ます。マイクロヘリで目前で3Dフライが目標です…離れると見えないし(-_-;;

No title

tiger22さん、こんばんは。
X6送信機の単品販売始まっていたんですね。
これでようやっとXKのヘリに手が出せます(笑)
先日雷竜02さんのブルーサンダーの飛行を間近に見る機会に恵まれて、ベースになったXKのヘリの安定さにびっくりしました。
これからXK仲間に加えて頂きたいと思いますので、よろしくお願いします(^_^)

Re: 悩ましいですね…

ブラウンさん、こんにちは。

Inductorix(インダクトリックス)の性能の良さは、その他のマイクロクアッドとは別格ですね。
非常に安定していて亀の歩みのような速度で正確に飛ばすことができ、操縦者が頭で思い描いたとおりの飛跡を飛んでくれます。
へりやクアッドの飛行練習というのは、つまるところ、自分が頭の中に描いた飛行経路どおりに、進み、止まり、曲がることですから、Inductorix(インダクトリックス)はビギナーにとっての最高の練習機だと思います。しかも室内でいつでも練習できます。

X100は6G自律安定モードでのんびり飛ばすこともできますが、3G+アイドルアップでは高性能なアクロバット機に変身するようです。背面飛行でも最初はオリエンテーションの練習がキモだと思いますので、その練習には最適のような気がしています。
まだ発売前で入荷待ちの状態ですが、今回は待ちきれずに初物に手を出すことにしました。価格が安いですから、失敗してもダメージが少なくて済みます。(^_^)

届いたらレポートしますね。

Re: No title

雲山さん、こんにちは。

今、可変ピッチへりを買うなら、何も考えずにハイテックさんの XK ヘリコプター 3種類の中から、自分のレベルにあったもののRTFを買うのが一番良いと思います。2機目からは海外から安価な XKのBNFを買うのが良いです。(^_^)

お互いこのへりを楽しみましょう。

No title

tiger22さん、こんにちは。

X6の単品、どこもかしこも在庫切れなんですね(^^;
結局、K100のRTFを買ってしまいました(笑)
明日には届くみたいです。
ブラシモーター仕様って事で、メインのフライト練習に使っているNineeaglesのSoloPro125Aからの乗り換えを目論んでいます。
ついでに、BangoodでK123を注文しました。
エキュレイユは好きな機体なので、色を塗り替えたりして、外で存分に飛ばしたいですね。

Re: No title

雲山さん、こんにちは。

おっしゃるとおり、技適付のX6送信機だけを販売しているところが少なくて、私も入手に苦労しました。
RTFを買われて正解だと思います。

>ついでに、BangoodでK123を注文しました。
雲山さんはスケールへりがお好きなようですね。
貴ブログのインプレを楽しみにしています。(^_^)
Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR