ArchmageAUさんの「シミュレータによる6ヶ月訓練法」(藪 丈二さん) _3

シミュレータによる訓練のやり方(Training methodology)

① シミュレータの訓練は20分以内にしましょう。
訓練終了後の“Play time”(管理人注: お遊びの時間)は好きなだけやって結構ですが、あくまでも所定の訓練終了後に行うようにしてください。“Play time”は訓練を面白くするためにとても重要な時間です。


② 毎日、少なくとも一つのセッション(1回のシミュレータ訓練)を行いましょう。復習は重要です。
  もし、1日をスキップした場合、次の日は二つのセッションを行いますが、各セッション間には最低15分間の休憩を設けてください。
  2日をスキップした場合、1日につき二つのセッションを二日間行ってください。

  操縦操作を無意識のうちに行えるようにするためには、毎日の訓練を欠かさないことが大事です。

  私がこの訓練を始めたころ、日に4セッション(朝2セッション、夕2セッション)をこなしましたが、このことに強迫感を感じました。


③ 訓練で最も重要なセッションは、“スロー・ピルエット”の訓練です。その他の訓練、すなわち旋回飛行、フィギュア8などは二の次です。
  
  “スロー・ピルエット”は、あらゆるテクニックを凝縮したオリエンテーション修正キーと言えるでしょう。ただし、最初にお断りしておきますが、きっと皆さんはこの訓練に飽き飽きしてしまうこと請け合いです。

  皆さんがスロー・ピルエットを5分間、風の中でアップライト、インバーテッド、時計回り、反時計回りなど、一つの軸で完璧に行えるようになった時、スロー・ピルエット訓練は終了です。


④ 訓練は退屈で、飽き飽きすると思います。これを何とか回避して訓練を楽しいものにするための工夫としてBGMを利用しましょう。私も訓練中、オーディオ・ブックを聴いています。
 RCヘリを飛ばすのに、頭の中の内なる声(inner voice)を聞く必要はありません。オーディオ入力があると、心の中で注意が分散され、主として視覚に頼る反射神経経路をより強くしつつ楽しさを継続させる働きがありますし、次の訓練がまた楽しみになります。


  最後に、目標とご褒美を設けましょう。物事に集中する手助けになります。落ち込んではいけません。なるべく早くご褒美をいただけるようにしましょう。ただし、すべての目標はリアルライフでの向上であり、シムがうまくなるのが目標ではありません。
 私の最初の目標は、1分間の背面ホバリングでした。




訓練の流れ(The progression)

 この訓練は、the chadrg.com のHeli Flight school method(http://www.chadrg.com/flightschool/)とまったく同一です。

極めて早い段階で背面飛行に入ります。背面ホバリングは、「不思議の国のアリス」に出てくるウサギの穴の世界と同じです。一旦そこに入ると、まったく異なった世界です。

訓練記録の作成をお勧めします。一例として、

 ・訓練セッション日時及び訓練時間
 ・オリエンテーション(アップライト/インバーテッド)
 ・方向(時計回り/反時計回り(CW/CCW))
 ・シムスピード
 ・クラッシュ回数/訓練エリアからのはみ出し
 ・コメント





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR