タミヤ 1/350 陽炎が完成(S 氏)

梅雨明けが待ちどうしい海の日の休日です。
昨年購入したタミヤの陽炎(1/350)がようやく完成しました。

日々視力の衰えが進み難儀することしきり、いま少し細かく工作したいのですが、あきらめてしまう事が増えてきました。
写真を見て気が付いたのですが、右舷の手すりが内側に傾いていたので早速修正しました。
歪んだ視力の影響が多々現れて、不安はつのりますがブルーベリーのサプリを飲んでまだまだ作り続けます。

160720_1 陽炎

160720_2 陽炎

160720_3 陽炎

160720_4 陽炎

160720_5 陽炎

160720_6 陽炎

160720_7 陽炎





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

若い頃の思い出

tiger22さん こんにちは
Sさんの精密模型、すごいですね。拝見していて、若い頃の苦労を思い出しています。

資料によれば帝国海軍の陽炎型駆逐艦は分類上甲型駆逐艦に属し、19隻建造されたようです。
見るとおり、船体は細身でいかにも速力(最大速力35ノット = 65km/h)が出そうです。

帝国海軍と海上自衛隊の2代にわたって就役した、数奇な艦暦をたどった駆逐艦が存在したことをご存じでしたか。

昭和29年、山口県の伊予灘沖に沈没していた帝国海軍の丁型駆逐艦「梨」を引き上げ、昭和30年、防衛庁が購入、「わかば」と命名され海上自衛隊に編入、昭和46年に除籍されました。

この間、昭和37年三宅島の噴火に際し、島民の避難輸送に従事しています。

私がこの「わかば」に乗艦したのは、「天文航法」といって、星や月、太陽の高度を測定して現在位置を計測するための実習航海で、今のようにGPSのない時代の航海術です。

帝国海軍のDNAを引き継いでいるこの「わかば」の船体も細身で、ピッチング、ローリングが半端ではなく、船酔いに随分悩まされたことを思い出しています。

Re: 若い頃の思い出

藪 丈二さん、こんばんは。

S氏はご病気で片腕を失っておられます。S氏のスゴイところは、これらを片腕で制作されていることです。
どうやって細かいエッチング工作されているのか、私には想像もできません。

「わかば」のことは知りませんでした。藪さんは「わかば」に乗艦されたことがあるんですね。しかも「天文航法」ですか・・・驚きです。
調べたところ「わかば」のプラモデルが発売されていますが、残念なことに1/700です。1/350でぜひ発売して欲しいものです。

Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR