DIY で、玄関先のタイル剥がれを応急修理

築 30年の戸建住宅ともなるといろいろな所が壊れてきます。今回は玄関前の敷タイルが何枚かまとめて剥がれました。
以前は業者に依頼していましたが、定年後は時間があるのと費用を節約するために、自分で修理することにしました。

コンクリートが劣化してタイルが剥がれたようです。ゴミや土で汚れていたので、きれいに水洗いして、3時間ほど乾燥させました。

160911_1 タイル補修


剥がれたタイルです。これも洗って裏面を上にして乾燥中です。割れたタイルもあります。応急修理ですから、割れたタイルもそのまま使います。
目地部分のコンクリートもバラバラに割れて、ご覧のような状態になっています。

160911_2 タイル補修


補修には専用の接着剤を使います。タイル用の接着剤は色々と売られていますが、私はこれを選びました。色はグレーです。




目地の部分は、バラバラになったコンクリート片を接着しようと思いましたが、元通りに復元するのが困難な部分も多いので、外壁用のこのシール剤を使うことにしました。これも色はグレーです。




コンクリートとタイルが乾燥したところで、接着作業に入りました。作業自体は簡単です。タイルの裏面やコンクリート面に接着剤をたっぷりつけて、貼り付けるだけです。目地部分にも剥がれたコンクリートを部分的に貼り付けました。
で、こんな感じに仕上がりました。気温 20度の条件で 12時間で固定するようですが、5時間ほど放置したら下のような状態になりました。表面はほぼ固まっています。

160911_3 タイル補修


そこで、目地の部分にシール剤を充填しました。事前にマスキングテープを貼るのが手間ですが、難しい作業ではありません。非常にベタベタしており、手につくとやっかいですから、使い捨ての手袋を使った方が良いです。

160911_4 タイル補修


完成です。下のコンクリート自体が劣化しているので、どの程度の耐久性があるのか不明ですが、当面の問題は解決しました。

朝 9時頃から作業を始めて完了したのが夕方の 6時過ぎです。水洗いの乾燥、接着剤の乾燥に時間がかかります。
幸い当日は気温も高く、晴天だったので順調に作業が進みましたが、それでも一日かかってしまいました。(^_^)




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR