FC2ブログ

Er9xをr358へバージョンアップ

久しぶりにeePe - EEPROM Editorを起動したら「eePeとEr9Xの新バージョンがあります。ダウンロードしますか?」というメッセージが表示されました。もちろん、即ダウンロードしました。

ということは、バージョンアップしなければいけないということです。Er9Xは頻繁にバージョン(リビジョン)アップしているようですがこれまではシカトしてきました。今日は初めてのバージョンアップ作業です。では、やってみましょう。

まずeePeは普通に最新版へバージョンアップを完了しました。続いてEr9Xファームウェアをr358にアップグレードします。といっても、初めてのことゆえ方法がわかりません。
過去記事「ER9xのインストール_2」「ER9xのインストール_5」等を参考にやってみました。最初に送信機(の追加ボード)にUSBケーブルを接続します。

110619_1 USBケーブル接続


続いてUSBケーブルをパソコンに接続します。送信機に電源が入り、突然ビープ音が鳴りました。最初のインストール時と同じです。あまりにもうるさいので、今回はケーブルを抜いて、ビープ音が鳴らない設定に変更してから、改めてパソコンに接続しました。(^^;)

そしてeePeを起動します。何が起こるかわからないので、まず送信機の中のEEPROMのバックアップをとりました。EEPROMをコピーしてパソコンに保管しました。ファイル名はデフォルトで"document1.eepe"ですが、少し変えて"document1_2011.06.18.eepe"にしてセーブしました。セーブしておけば、いつでもeePeから呼び出せます。

110619_2 EEPROMをコピー


そして、いよいよEr9Xファームウェアの更新です。初回インストール時と同じ手順で更新が完了しました。USBケーブルを抜いて、送信機の電源を入れます。

「スロットルがアイドル位置にない」とのいつもの警告です。これはこのファームウェアがモード2を前提としており、かつチャンネル順序がTurnigyのものとは異なっているのが原因と思われます。ということは、ファームウェアの更新のたびに同じメッセージが出るということです。さらに、スティック等のキャリブレーションもやり直す必要がありそうです。キャリブレーションをやろうとして、送信機を操作していて気づきました。

なんと、Er9Xファームウェアを更新するとすべての設定がデフォルトに戻ってしまいます。当然、モデルメモリーも消えます。mSRの設定ファイルがありません。バックライトの設定も消滅です。すべて振り出しに戻りました。(泣)
でも、最初にEEPROMのバックアップを取ったので、後でなんとかなるでしょう。

気を落とさずに続けます。過去記事「er9x送信機の初期設定」にやり方が書いてありますから、それに従ってバックライト、モード1への変更、そしてキャリブレーションを行いました。こういう時、ブログに過去の記録が残っていると便利ですね。ブログをメモ代わりに活用できます。

次はバックアップファイルからモデルデータを送信機へ転送しなければなりませんが、そのためにはeePe - EEPROM Editorの勉強が必要です。Blade mSRのプログラム失敗と今回のアップデートで、まだまだEr9xの勉強が足りないことを痛感しました。(._.)


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索(FC2)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR