Ni Hui NH 010 と Eachine E010 .... Inductrix の中華コピー機登場!

ダクテッドファンの名機 Blade Inductrix が、中華によってコピーされました。
Ni Hui NH 010 と Eachine E010 という名前で販売されています。
小さい上にダクテッドファンですから、壁や家具・人間にぶつけても安全です。
しかも Inductrix に較べれば、べらぼうに値段が安いです。つい買いたくなります。(^_^)


では、両機の RC Groups での評価を、以下に簡単に書きましょう。結論だけ述べます。

まず、Ni Hui NH 010 はピッチとロールに較べて、ヨーレートが遅すぎるようです。低レートで360度回るのに 5秒もかかるそうです。しかし室内で飛ばす場合や、ビギナーの方にはこれくらいノンビリの方が安全で良いかもしれません。

クアッドに慣れた人に言わせると、Inductrix と較べて絶対的にパワーが足りないということになります。さらに飛行時間が短くてスピードが遅いため、Ni Hui NH 010 は総じて RC Groups での評判がよろしくありません。
「買うに値しない」と断言する人もいます。


では、Eachine E010 はどうでしょうか?

160918_10 Eachine E010

Eachine E010 Mini 2.4G 4CH 6 Axis Headless Mode RC Quadcopter RTF


実は、Eachine E010 と Ni Hui NH 010 は基本的に同じクアッドです。オモチャのような送信機も受信機ボードもまったく同じものです。ですから、Ni Hui NH 010 の送信機でEachine E010 を飛ばすことができますし、その逆も可能です。

しかし、なぜか Eachine E010 の方がスピードが早くて敏捷で、評判が良いのです。


Eachine E010 が敏捷なのは、前記のヨーレートの違いによるものです。
Ni Hui NH 010 は 360度一回転するのに、低レートで 5秒、高レートで 3秒かかります。一方、Eachine E010 は低レートで 3秒、高レートで 2秒しかかかりません。
Ni Hui NH 010 の高レートと、Eachine E010 の低レートが同じです。(笑)

もうこれだけで、誰も Ni Hui NH 010 は買わないでしょう。
加えて、飛行時間も Eachine E010 が優れていて、LVC まで 5分は飛べるようです。


両機の最大の問題は、2.4GHz の無線プロトコルです。このプロトコルは新登場のものなので、従来の送信機との互換性がありません。すなわち、日本では合法送信機が入手できないということです。

ですから、日本で飛ばせば、「電波法違反」になります。
とはいえ、自分の家でこっそり飛ばしている分には、誰にも文句は言われないでしょう。
これが室内専用機の隠れた利点? ですね~。ズバリ! 「おうちクアッド」です。(^_^)

私は飛ばしたことはありませんが、Eachine E010 は「プアマンズ Inductrix」と言って良いかも知れません。 となると、これも FPV 化が今後の注目ポイントになってきますね・・・・。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR