新型 Trex-150X: 150GRS APPを試す(藪 丈二さん)_1

TREX-150Xの取扱説明書とAPPが公開されています。

http://www.align.com.tw/ManuaLib/Heli/Helicopter/RH15E04-06XT.pdf

http://www.align.com.tw/download-en/150grs/

 あまりお役には立てないかと思いますが、これからTREX150Xマイクロヘリをいじってみたいファンの目に留まればと考え、先代の150DFCから更新された箇所、特にこの機種はスマホのBluetooth無線Lanを利用して機体の各諸元を調整できるように改善されていますので、取扱説明書の関連箇所を参考に、150GRS APP操作要領を確認したところです。
AndroidからダウンロードしたAPPは日本語化されており助かりました。

 なお、ロートル(老頭児)の私はガラケーユーザーでスマホは不携帯、というより持っていないので、PC+Bluetoothアダプターで機体との通信を行う計画です。
貼付のトップ写真はイメージ図で、中央下部に小さなBluetoothアダプターを写し込みましたが、きっちりと技適マークが印刷されています。

 Bluetooth 搭載の150Xにも技適マークが必要だろうと考えると、海外からの個人輸入は?が付きそうです。国内のTREX正規販売店では既にデモ機が展示されていますから、間もなく販売が開始されるでしょうし、技適マークの件も明らかになると思います。

蛇足ですが、新機種150Xは先代と同様に電波形式はS-FHSSですから、XK-X6送信機ユーザーは 150Xを飛ばせるかもしれませんね。

161107_1 Top


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1 TREX-150Xの特色

・TREX-150Xは、新たな150GRSフライバーレス・システムとESCが組み込まれ、工場内での諸調整と試験飛行が終了しています。

・TREX-150Xは、ALIGN/フタバS-FHSS2.4GHzシステムを内蔵し、SpektrumDSM2/DSMX/JR DSM2 サテライト・レシーバーをサポートしています。

・TREX-150XはALIGN社内のヘリでは最も小型の3Dヘリで、好評を博しているTREXヘリコプター群の優れた血統を引き継いでいます。強力なパワー、優れた飛行制御及びハイエンド部品から構成されており、市販のどのヘリよりも優れたヘリです。

・ミニマム・サイズでありながら、大型ヘリに匹敵する精密な制御が可能であり、限られたスペースでの飛行を楽しむことができます。初級者でも、ほんの少し調整するだけで、容易にフライトを楽しむことができます。



2 150GRS APPインスタレーション

150GRSフライト・コントロール・システムには、最新のファームウエア・ヴァージョンが書き込まれています。マニュアル20ページのQRコードをスキャンしてAlignWebサイトにリンクし、所要のAPPを見つけるか、スマホでiOS内の”ALIGN 150 GRS”や、Android APPストアから150GRS APPをダウンロードします。



3 150GRSAPPの操作手順

161107_Photo1.jpg

プログラムを立ち上げますとスプラッシュ・ページが表示され、2秒後にBluetooth接続状況や、ファイルの読み込み/保存、言語の選択を行うページが表示されます。

画面右上部に赤色灯が表示されている時はスマホ又はPCと機体とが無線Lanで接続されていない状況を示します。両者が接続された状態になれば緑色灯が点灯し、正常な接続状況であることを示します。

画面最下部の左側ボタンは、画面に現れるピクトグラムの意味を示します。
中央部のボタンをクリックして、言語を選択します。
最下部右のボタンは、150GRS APPの選択画面が表示されます。

161107_1 Photoextra

“150GRSセットアップ・メニュー”をクリックします。
「送信機」、「スワッシュプレート」、「コレクティブ」、「パラメーター」、「ESC」、「加速度計」、「ファームエアアップデート」のアイコンが表示されます。

161107_Photo2.jpg



(1)送信機タイプ

送信機枠の右下にある▼をクリックすると、4種類の送信機メニューが表示されますから、使用する送信機をクリックします。

161107_Photo3.jpg

161107_Photo4.jpg



(2)送信機のセッティング

現在は、Bluetooth回線を立ち上げられないため、画面上での操作はできませんが、
・スロットル/エルロン/エレベーター/ラダーのスティックを動かして、APPインターフェース・ディスプレー上の方向と一致するかどうか確認します。
・チャンネルをリバースにする必要がある場合は、ここでチェックを入れます。



(3)飛行モードセットアップ

この箇所も、Bluetooth回線が立ち上がっていないため、画面上の操作はできません。
送信機内のセッティングは、すべてのチャンネルの最大値/最小値は+100%/-100%にしておきます。
また、送信機のスロットル・カーブ及びコレクティブ・カーブのデフォルト・セッティングは、0-50-100の直線にしておきます。
トリム及びサブトリムはすべてゼロに設定しておきます。

・150GRS自立水平モードは、ジャイロ・チャンネル・スイッチで起動させます。
 送信機では、自立水平モードにはGYRO(CH5)チャンネルを割り当て、3D モードとの切り替えに適宜の2点スイッチに割り当てておくか、もしくはAPPのGYROメニューで、あらかじめセッティングしたチャンネルで自立水平モードに切り替えます。

JR 11Xの一例として、飛行モードスイッチをエルロンD/Rに割り当ててみました。

161107_Photo5.jpg

161107_Photo6.jpg


・ラダー・ゲインはAPP上でのみ調整でき、ゲイン値は送信機のFMスイッチではゲイン値を変更できません。
・フライト・モード・スイッチは単独でなければいけません。FMスイッチと同じスッチにしてはいけません。
  疑問点:・送信機(JR11X)内のジャイロ・ゲイン値セッティングが不明です。
      ・150GRSのジャイロ・ゲイン値と送信機のゲイン値と異なるのかどうか。
      ・取説では「ラダー・ゲイン」となっていますが「ジャイロ・ゲイン」の
       誤植なのかどうか。


(注):
・3D モード:ノーマル・フライト及び3Dフライトで、自立水平機能はありません。
・自立水平モード:水平姿勢を保ちます。エレベーター及びエルロン・スティック・インプットは角度コマンドに転換されます。スティックを放すと自動的に水平姿勢になります。



(4)スティック操作キャリブレーション

この機能は、プログラムに接続しているときにのみ有効です。
送信機タイプ画面最下部の「スティック操作キャリブレーション・バー」をクリックします。
すべてのスティックを最大最小まで動かし、動きの方向が一致することを確認します。


【次回に続きます。】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


H28.10.30  藪 丈二





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR