ラジコンヘリが顔面に衝突し操縦者が死亡

残念な事故が発生しました。

「6日午後3時45分ごろ、沖縄県うるま市勝連南風原の造成地で、沖縄市の無職・小渡良雄さん(65)が操縦していたラジコンヘリコプター(全長約1・2メートル)が、小渡さん自身の顔面に衝突した。小渡さんは救急車で病院に搬送されたが、約1時間後に死亡した。県警うるま署は操縦を誤ったとみて調べている。」

詳しくは下のリンクをお読み下さい。

操縦していたラジコンヘリが顔面に衝突し死亡…(YAHOO! ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161106-00000224-sph-soci


2ch でも話題になっています。

【社会】ラジコンヘリ衝突で死亡 操縦者の顔に、沖縄c2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1478440215/


今さらですが、大きいヘリやクアッドは危険です。ビギナーの方には、飛行重量 50g 程度までの小型・軽量のマイクロヘリやマイクロクアッドをお勧めします。

ラジコンヘリの経験者の中には、「450 や 550 サイズのヘリは安定していて飛ばしやすい」とビギナーに推奨する人もいます。それは誤りではないですが、危険だと私は思っていました。
ブラシレスモーターの、大きいヘリコプターは、事故が起きると被害が大きくなりがちです。パワーの弱いブラシモーター機が良いです。また、飛行重量 200g 以上のヘリやクアッドは航空法の規制を受け、飛ばす場所も制限されています。

私はヘリコプターの入門機としては、今なら Blade inductrix クアッドがベストだと思っています。ダクテッドファンですから、物や人にぶつかってもプロペラが直接当たる可能性が極めて低く、壁や家具を傷つけることも少ないと思います。他人のいない室内で 1人で練習できます。

今のマイクロコプターは、小さくても非常に操縦しやすくなっています。しかも、一般的に風に弱いので、屋外よりも屋内で飛ばす方が安全です。

ビギナーや高齢者の方は、安全で高性能な Blade inductrix クアッドを 1度飛ばしてみて、その安全性と操縦のしやすさを体験してみて下さい。感動されると思います。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

なんとも痛ましい事故

tiger22さん こんばんは

なんとも痛ましい事故が起きちゃったんですね。
ご冥福をお祈りします。

この勝連町は30年ほど前2年間勤務した思い出の深い
街です。

Re: なんとも痛ましい事故

藪 丈二さん、こんにちは。

私も60歳を過ぎたある日、自動車の運転をしていて反射神経の衰えを感じました。
ラジコンヘリも同じだと思います。気づかないうちに、瞬間的動作が以前よりも遅くなっていました。

今回の事故で、万一の場合を考えると小さくて軽いヘリが良いと改めて感じました。

承前

私達が何かを「意識」するとき、そこには必ず「0.5秒の遅れ」が発生するそうです。
例えば、ピッチャーがボールを投げたのを、私達が「意識」した時は、それは実際に投げた「0.5秒後」とのことです。ちょっと信じられませんが、興味のある記事がありました。

http://zone-training.jp/mechanism01.html
http://forbesjapan.com/articles/detail/10970

Re: 承前

藪 丈二さん、ありがとうございます。

この記事にはビックリしました。認識に 0.5秒もの遅れがあるとは知りませんでした。

ところで、ラジコンヘリのホバリング等のスティック操作では、機体が動く前にそれを「予測して反対の舵を打て」と言われますが、確かに私はそうしているようです。
ある方向に動いたのを認識するのに 0.5秒もかかるなら、動く前にカウンター舵を入れておかないと間に合いません。

ラジコンもひたすら練習して慣れるしかないですね。
さぼっていたシミュレータの練習を再開します。(^_^)
Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR