「小麦は食べるな!」は、なかなか辛い!

先週の糖質制限話の続きです。糖質の中でも、最悪なのが小麦だそうです。私は「小麦は食べるな! 」 という本を読んで初めて知りました。この本が出版されたのは 2013年夏ですから、もうご存じの方も多いと思います。

本の表紙にショッキングなことが書いてあります。

遺伝子組み替えの恐怖! 高血圧、肥満、糖尿病、心臓・内臓・脳疾患、関節痛、喘息・・・は、すべて小麦が原因だった!


どんなことが書いてあるのか、とにかく目次を見てみましょう。

第1部 全粒粉が「体にわるい」これだけの証拠!
 第1章 小麦が原因の「ぽっこりお腹」には万病が巣食っている
 第2章 恐怖の遺伝子操作 - 「現代小麦」の誕生
 第3章 あなたの体を破壊する「小麦のスーパー糖質」


第2部 小麦は「頭からつま先まで」全身の健康を破壊する
 第4章 小麦が引き起こすヘロイン同様の中毒症状
 第5章 いまわしい肥満! - 苦痛はいっさいなし! 世界一カンタンな「減量」法
 第6章 腸が悪いのは小麦が原因! - 命取りになるセリアック病
 第7章 《実例》 糖尿病が治った! - 「病魔の帝王」の年貢の納め時!
 第8章 怖い「酸性」爆弾! - 小麦は強力な「PH かく乱物質」
 第9章 小麦は老化を進める! - 小麦をやめたらシワがなくなり、白内障も治った!
 第10章 心臓病も小麦が「引き金」になっている!
 第11章 小麦が脳を破壊する!
 第12章 ニキビ・吹き出物から口内炎、脱毛まで - 小麦をやめれば皮膚病は治る!

第3部 「からだにいい」、しかも「おいしい」小麦抜き「健康レシピ」
 第13章 今日から「病気にならない」食生活を!




著者のウイリアム・デイビス博士は、あらゆる病気に小麦が関係していると主張しています。特にここ 20~30年で増加している糖尿病やメンタル病・認知症などは小麦をやめれば、直ったり症状が軽くなったりするそうです。

というのは、我々が今食べている小麦は 40~50年前の小麦とは別ものになってしまったからです。今の小麦は食料増産のために品種改良されたもので、遺伝子の構造も変わってしまっているそうです。そのため、例の悪者グルテンが以前より 40倍も増えています。さらに小麦のアレルギーも強くなっているようです。

とにかく、1ヶ月だけ小麦をやめてみれば、どれだけ症状や体調が変化するか自分で体験できるそうですから、今の体調に問題がある方は、試してみれば良いと思います。もちろん、小麦をやめるだけでダイエット効果はすぐに現れます。

しかし、世の中は小麦の入った加工食品で溢れています。小麦粉、パン、うどん、そば、パスタ、シリアル、クッキー等のお菓子や、ビールもダメです。カレーを始め各種調味料にも小麦が含まれています。小麦を完全にやめようとすると、実際にはかなり辛いことになります。(笑)





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

tiger22さん こんばんは。

小麦あるところにショートニング!

パンもケーキもピザ(好物です)にも(^^;

私は小さい時から偏食で、二十歳過ぎまで白米・牛乳・卵だけで成長しました(^^
肉も野菜も魚もカレーもチャーハンもうどんも食べたことがありませんでした。

気にすればキリがありません.


Re: No title

ブラウンさん、こんにちは。(^_^)

> 気にすればキリがありません.
おっしゃるとおりです。あまり神経質になりすぎるのもどうかと思います。
今の食事は一般的に糖類や炭水化物、特に小麦を使ったものが増えすぎています。特定の食材の食べ過ぎが良くないのではないでしょうか。
結論としては、健康に暮らせているのなら、食べ過ぎに注意して何でもおいしく食べた方が良いと思います。

私の場合、長い間、口内炎に悩まされていたのですが、5月下旬から「プチ糖質制限」を始めた結果、この 5ヶ月間は口内炎の発生がなくなりました。食事中にうっかり自分の歯で唇をかんで傷つけたことが 2回ありました。以前なら間違いなく口内炎になっていました。ところが 2回とも不思議なことに、炎症化せずに 5日ほどで直ってしまいました! 信じられません・・・。

また、顔にイボがあり手術を受けることを考えていたのですが、「プチ糖質制限」を始めて 3ヶ月目くらいからフニャフニャになり取れ始めました。で、4ヶ月ほどで完全にほぼ消滅しました。これも驚きました。
いずれも糖質制限との因果関係は不明ですが、私にとっては、とてもうれしい出来事でした。

ところで、これ ↓ はスゴイですね。

> 私は小さい時から偏食で、二十歳過ぎまで白米・牛乳・卵だけで成長しました(^^
実は 3歳の孫がたいへんな偏食で困っています。牛乳、野菜、くだものはほとんど食べません。肉も得意ではありません。食べるのは、米、パン、卵、魚、イチゴくらいですね。カレーは大好きです。

偏食でもブラウンさんは元気に成長されたことを知り、とても安心しました。
孫の偏食はあまり気にしないことにします。ありがとうございました。(^_^)

No title

tiger22さん こんにちは。

私も以前は口内炎にずいぶん悩まされました(^^;
先週も唇をかみましたが、今は何ともありません(^^

偏食で困ったのは修学旅行です。
小・中学生の時は食事時は腹痛でごまかしました(^^; しかし、高校の時は修学旅行に行きませんでした。大学時代に、思い切って仲間3人と東北一周・中国地方一周のクルマ旅行をして偏食が少し改善されました。

私がGデザイナーになったのも偏食のせいです(^^; 人との接触が少ない、接待もない、仕事は営業が取ってくる…みたいな。

お孫さん、それだけ食べられたら何の心配もいらないと思います(^^

No title

こんばんは~
小麦がというより「糖質」と捉えて、成分表示の中の糖質の量を見ています。
コンビニだと全て表示があるので選びやすいです。
私は1食20グラム未満を目途にしています。
とにかくタンパク質と脂質を意識して摂るようにしています。じゃないと栄養失調なっちゃいますので。タンパク質と脂質はいくらとっても太りません。
太る原因は糖質なんです。そのメカニズムを理解しないと始まりません。

Re: No title

ブラウンさん、こんにちは。

> お孫さん、それだけ食べられたら何の心配もいらないと思います(^^
心強いお言葉にとても安心しました。
幼稚園や学校の給食が心配でしたが、腹痛というのはグッドアイデアですね。
さっそく採用させていただきます。(笑)

食の本を何冊か読んでいますが、本によって書いてあることが互いに矛盾しています。
糖質制限本では肉食は問題ないとしているものが多いようですが、炭水化物をやめて肉食中心にすると、20世紀初頭の欧米の食生活(朝からステーキ!)になるわけですが、これはこれで大きな問題があったようです。その反省から今の炭水化物中心に移行してきたようです。

しかし、ブラウンさんのように偏食でも元気に生活されている方がいらっしゃいますので、問題は偏食よりも食事の量にあるのではないかと今は思っています。
偏食といえば、パンダは笹しか食べませんし、コアラはユーカリの葉っぱだけです。それでも昔も今も、元気に生きていますからね・・・。

どうも食の世界は色々な説があり過ぎます。あまり何かを盲信しない方が良さそうです。
飲み過ぎ食べ過ぎ禁止。腹八分目。昔から言われていることを素直に守るだけで良いのかも。
私の場合、炭水化物を制限して栄養バランスを回復し、昼食を軽くして食事の量を落としたことが吉と出たようです。

ありがとうございました。

Re: No title

mamuさん、こんにちは。

そうですよね、小麦制限は実際やろうとすると難しいです。何にでも使われていますから。
糖も同じで、何にでも入っています。
私もmamuさんと同じで、今は糖質の量だけに注目しています。といっても、私のは昼食だけの制限です。
糖質の量を気にするようになると、不思議なもので朝食と夕食の炭水化物の量も自然にある程度は制限されるようです。
そのため結果的には、以前と比べると糖質の量はかなり制限されているように感じます。
実際のところは、お菓子や炭酸飲料・缶コーヒーをほとんど止めたのが大きいと思います。好きなビールは飲んでいます。

糖質を制限した分の摂取カロリーが減るので、通常はこれをタンパク質や脂質の食品で補うようにするわけですが、私の場合は積極的に補おうとはしていません。糖質を制限した分、ナッツ類やチーズ、とうふ、野菜を少し食べる程度なので、摂取カロリーは明らかに減少しています。しかしその結果、食べ過ぎが解消されて体調は全般的に良くなりました。

19世紀末の米国の典型的朝食は、ソーセージ、ステーキ、ベーコン、ハム等の肉食だったのですが、その結果「アメリカ病」と言われる消化不良その他の病気が蔓延したそうです。でも当時は、糖尿病や肥満はほとんどなかったのです。
その後米国の朝食は肉食への反省から、全粒粉パン、オートミール、シリアル、つまり炭水化物中心へと移行することになります。

そして今は、加工食品中心の食生活で炭水化物の比率があまりにも増え過ぎたので、糖尿病や肥満などの弊害が現れてきました。その結果、今再びタンパク・脂質中心へと揺り戻しが起きているように私は思います。
しかし、肉や動物性タンパクや牛乳を摂取しすぎると、体内が酸性化し、たとえばガンになる確率が大きく上昇するという説もあります。つまり「アメリカ病」の再現です。

このように、食事の話では、あちらを立てればこちらが立たずと、いうことが非常に多いように感じます。
もうわけがわからなくなりますが、結局は「過ぎたるは及ばざるが如し」で、栄養バランス第一なのではないでしょうか?
今のところ、私はそのように感じています。(^_^)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR