RealFlight X 用にパソコンをアップグレードします。

RealFlight X(リアルフライト X)を動作させるために、パソコンをアップグレードすることに決めました。

私が現在使っている、自作パソコンのスペックは以下のとおりです。

ケース:CoolerMaster CM690
電 源:Antec EARTHWATTS EA-650(80PLUS ブロンズ認証)
マザーボード:ASUS P6T Deluxe V2(X58チップセット)
Bios:2011年10月9日 最終版
CPU:Core i7 920 (8M Cache, 2.66 GHz, 4.80 GT/s Intel QPI) 08年第4四半期発売
CPUクーラー:無限2
メモリー:CFD ELIXIR DDR3 PC3-12800 4GB × 2枚(2014年1月購入)
グラフィックボード:GIGABYTE GeForce GTX 660(2013年11月購入)
HDD-1: 2TB
HDD-2: 1TB
SSD: Crucial SSD 2.5インチ BX200シリーズ 240GB(2016年2月購入)
BL & DVDドライブ: LG製 BL & DVD スーパーマルチ
OS:Windows 7 64bit



ケース、マザーボード、CPU、電源は2009年春に組み立てた時から変更していませんから、もう 7年以上使っていることになります。かなり古いですから、最初は全部買い換えるつもりでした。買うなら組立済みの BTO パソコンが良いです。
インターネットで色々と調べた結果、ツクモ電機の G-GEAR neo GX7J-A82/ZT が良さそうに思えました。消費税別で 138,800円です。この性能のゲーミング・パソコンとしては値段も手頃です。ケースが CoolerMaster CM690 Ⅲ というのも気に入りました。(^_^)

G-GEAR neo GX7J-A82/ZT
http://www.tsukumo.co.jp/bto/pc/game/neo/2016/GX7J-A82ZT.html

 ・インテル Core™ i7-6700 プロセッサー
 ・NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
 ・PC4-19200 DDR4 8GB (4GBx2)
 ・SanDisk製 480GB SSD (SATAIII接続 / 6Gbps) + 1TB HDD (SATAIII接続 / 6Gbps)
 ・ASUS Z170-A (ATX)
 ・Windows 10 Home


ツクモ電機の BTO パソコンは、使われているパーツの素性が明らかなのが良いですね。たとえばマザーボードは一流ブランドの ASUS Z170-A です。他のいくつかの BTO パソコンでは、マザーボードが非公開だったり知らないメーカーの製品が使われていました。

GX7J-A82/ZT ならメモリを増設するだけで、RealFlight X の推奨条件をクリアできます。それである日、実物を見るために秋葉原のツクモ電機に行きました。

ツクモ電機の親切な店員さんに相談すると、現在のパソコンのケースが流用できることを指摘されました。新規に買えば 12,000円ほどになります。新規購入より今のパソコンを改造した方が安くなるとも言われました。確かに、ケースの他にもブルーレイ/DVD ドライブや SSD、HDD ドライブが流用できます。

そこで、買い換えは止めて、今のパソコンをアップグレードすることに決めました。大改造になります。結果、アップグレード後のスペックは次のようになりました。

ケース:流用。CoolerMaster CM690、USB3.0/2.0フロントパネルを購入(1,792円+税)
電 源:CoolerMaster V750 750W(80PLUS GOLD認証、5年保証)(11,377円+税)
マザーボード:ASUS Z170 PRO GAMING(16,289円+税)
CPU:CORE i7-6700K(34,480円+税)
CPUクーラー:NiC L32(2,210円+税)
メモリー:Crucial DDR4-2400 8GB × 2枚(9,080円+税)
グラフィックボード:玄人志向 GEFORCE GTX 1070 8GB(39,047円+税)
SSD-1: Crucial SSD 2.5インチ MX300 525GB(12,980円+税)
2.5インチ SSD/HDD 変換マウンタ(648円+税)

SSD-2: 流用。Crucial SSD 2.5インチ BX200 240GB(2016年2月購入)
HDD-1: 流用。2TB
HDD-2: 流用。1TB
BL & DVDドライブ: 流用。LG製スーパーマルチ
OS: 流用。Windows 7 PRO 64bit



上記の新規パーツ(黄色)はすべてツクモ電機で購入しました。金額は上記のとおりです。総支払金額は消費税込みで約 137,000円でした。

CORE i7-6700KGEFORCE GTX 1070 にアップグレードできるので、RealFlight X の推奨条件をかなり上回る能力のゲーミング・パソコンになります。メモリは当面 16GB にして様子を見ます。足りなければ 16GB 買い足して 32GB にするつもりです。

最近の円安傾向が続くようなら、これからパソコンのパーツが値上がりする可能性があります。また、私は手持ちの Windows 7 を使いたいのですが、来年発売予定の新しい CPU からは Windows 7 が使えなくなります。さらに、今の RealFlight X は Windows 7 の方が動作に問題なさそうに思えます。

そんなこんなで、この慌ただしい時期にあえてアップグレードすることになりました。(^_^)





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

かなりのハイスペックマシンになりましたね。ゲームなら3画面並べたり、4Kモニターでも高設定で動きそう。メモリもこれだけあれば将来的にも余裕ですね。私もVRはやってみたいんですが、もうちょっと安くなってからですね。

組み立ては慣れているでしょうが、久々になると思うので慎重に。

Re: No title

はまちゃん、こんにちは。

> 組み立ては慣れているでしょうが、久々になると思うので慎重に。

ありがとうございます。2009年以来ですから、まさに浦島太郎になったような気分です。流用するのはケースと HDD などで、その他のメインパーツは総入れ替えです。古いパーツの取り外しとケースの掃除に予想外に手間取りました。まさに年末の大掃除です。

新しいパーツでは、電源ケーブルとコネクタの形状が変わっていますし、SATAケーブルも変わり色も赤から黒に。マニュアルとパソコン雑誌を読みながら、おっかなびっくりの組み立てとなりました。とても時間がかかりました。(笑)
昨夜、Windows 7 Pro 64bit のインストールにまでこぎ着け、たった今インターネット接続に成功しました。これからまだ各種ソフトウェアのインストールが必要です。従前の状態に戻すのに 1週間くらいはかかりそうです。

CORE i7-6700K と GEFORCE GTX 1070 を使ったので、現状の高精細ゲームに対応できますし、十分ではないかも知れませんが VR にも対応できそうです。
4Kモニターも欲しいですけど、5万円以上しますので、もう少し手頃な価格になるのを待ちます。もちろん、VR は第 2世代になって値段が下がるのを待ちます。(^_^)

Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR