Tiny QX95 を飛ばすには、Cleanflight の知識が多少必要と思った方が良い。

http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=2735933&page=41


---------------

Nov 17, 2016, 04:10 PM
u2builderさん:

Frsky バージョンの QX95 は、箱から出してそのまま自律安定モード(stable mode)で飛ばすことができますか? Cleanflight や Betaflight を使わなくても良いですか? バインドしてすぐに飛ばすことができますか?



Nov 17, 2016, 04:59 PM
MrSylvestreさん:

u2builderさん。ほぼ BNF と言えるでしょう。送信機の 5チャンネルでアーム/ディスアームのスイッチを設定する必要があります。また、チャンネル順序が TAER(1チャンネルから 4チャンネルまで、スロットル、エルロン、エレベータ、ラダーの順)になっていることを確認して下さい。

QX95 には Cleanflight がインストールされています。Cleanflight をまったく使わなくても飛びますが、少なくとも Cleanflight を使って各チャンネルのトラベルアジャストを調整をした方が良いです。トラベルを 1000 ~ 2000 の範囲にできるだけ近づけ、スティック中央を 1500 にします。中央値が 1500 からずれていると機体が多少ドリフトします。これは Cleanflight 画面を見ながら、送信機を使ってトラベルアジャスト(エンドポイント)調整で行います。Cleanflight の PID設定を触る必要はありませんから、簡単な作業です。元の PID設定自体が穏やかな飛行用になっています。



Nov 20, 2016, 04:10 PM
ONCLEFLYさん:

夜間飛行。

(ビデオ)Eachine QX95 Night Flight! (DVR & External)
https://www.youtube.com/watch?v=6h-NCM_Lr3I



Nov 21, 2016, 09:19 PM
help_banggood_v9さん:

これはいいですよ。 180~ 250 サイズのクアッドが飛ばせない狭い所でも、簡単に飛ばすことができます。

(ビデオ)QX95 Micro Playground Proximity FPV
https://vimeo.com/192558964



Nov 22, 2016, 06:25 AM
pitt976さん:

Spektrum の送信機はトラベルアジャストが狭く(たとえば 1060 ~ 1865 など)、そのままでは 1000 から 2000 のトラベル範囲に設定できません。その場合、Cleanflight のCLI の rxrange を、たとえば私の場合は以下のように書き換えています。

set rxrange 0 1060 1865
set rxrange 1 1045 1860
set rxrange 2 1055 1862
set rxrange 3 1061 1842

書き込んだら、CLI を Save(保管)します。

再起動すると、Cleanflight のチャンネル入力の範囲が 1000 ~ 2000 近くになっているはずです。

そうしたら、最小値 1000 - 中央値 1500 - 最大値 2000 になるようにトラベルアジャストで調整して下さい。

5チャンネルを AUX1 に設定し、アーム/ディスアーム時のチャンネル入力範囲を設定して下さい。

そうすれば上手く動作するはずです。



Nov 22, 2016, 12:53 PM
JDBullさん:

私はラジコンのビギナーで、クアッドは Inductrix FPV が最初でした。今回は Spectrum Dx6e 送信機で QX95 を飛ばすことに決めました。

ビギナーがこれを飛ばすのは簡単ではないと思います。バインドは簡単にできましたが、アームが出来ず苦労しました(Cleanflight を学習する必要がありました。誤解しないで欲しいのですが、私は Cleanflight を学習するのは嫌いではありませんし、今も勉強中です)。
このフォーラムを読み、 YouTube ビデオを見て、DX9 送信機でいろいろ試行錯誤して、なんとか飛ばすことはできました。そのビデオがこれです。

(ビデオ)Eachine QX95 FPV Racing Quad Unboxing Flight Review Banggood
https://www.youtube.com/watch?v=XEVfV1Mpctg&index=29


しかし、相変わらずアームで苦労しています。毎回アームできるわけではないからです。なぜか QX95 をクールダウン(休ませる)しないとアームできないのです。よくわかりません。何が問題なのでしょう?



Nov 22, 2016, 01:56 PM
foxfour2さん:

JDBullさん。少し前の pitt976さんの投稿を読んで下さい。receiver タブで各スティックの動作範囲が正しく設定されていることを確認して下さい。アームする時には、スロットルの最小値が 1000 近くにないといけません。また、クアッドも水平になっていないといけません。



Nov 22, 2016, 02:37 PM
JDBullさん:

foxfour2さん、ありがとうございます。今晩確認してみます。
receiver タブの設定は、CLI の rxrange の設定と同じではないのですか? また、クアッドが水平かどうかも関係するのですか。バッテリーを機体の下につけていますが、しっかり安定しています。



Nov 22, 2016, 02:37 PM
pitt976さん:

バッテリーは機体の上か下に取り付けることができますが、私は下につけています。

rxrange のコマンドは receiver タブに表示されません。

rxrange はあなたの送信機の入力範囲に合わせて決めて下さい。

たとえば、あなたの送信機が 1060 ~ 1860 なら、次のように CLI に書き込みます。
rxrange 0 1060 - 1860

そうすると、あなたの送信機の 1060 が receiver タブで 1000 と表示され、1860 が 2000 と表示されるでしょう。

その後で、各入力の最低値、中央値、最高値を決定します。

なお、送信機のサブトリムやトラベルアジャストがゼロになっていることを確認してから、上記の作業を行って下さい。

receiver タブの最低値と中央値と最高値を、1000 と 1500 と 2000 近くに設定してから、サブトリムやトラベルアジャストでピッタリ 1000 ~ 2000 に設定して下さい。



Nov 22, 2016, 04:04 PM
pitt976さん:

DSM2 バージョンの QX95 は DX6i 送信機と問題なくバインドできます。

昨日やってみましたが、完璧に動作しました。



Nov 22, 2016, 04:38 PM
pitt976さん:

750mah Turnigy リポバッテリーは使ってはいけません。極性が逆ですから、フライトコントローラが燃えてしまいます。

QX95 は地下室や屋外あるいは体育館などで飛ばすと、非常に楽しいクアッドです。

---------------





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR