DustX 58 クアッドのレビュー(SeByDocKyさん) _3

写真は下のリンクから転載させていただきましたが、できれば直接ご覧下さい。。

https://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?2878233-Eachine-DustX58-36-2g-F3-4A-BLheli_S-Dshot600-ESC-0703-20000Kv-600TVL-25mW-%28WIP%29


---------------

UNBOXING, ANALYSIS, BINDING, CONFIGURATION AND DEMO FLIGHT
(箱だし、分析、バインド、設定、デモ飛行)


以前にも書きましたが、Betaflight に接続するには、最初にバッテリーを接続する必要があります・・・。他のクアッドに較べると奇妙です。何で USB から電源を供給できないのでしょう。

とにかく、グッドニュースは、RSSI がテレメトリを介して、また空いている AUX5 チャンネルでエクスポートされることです。いつか DustX 58 で OSD を使うことができます!

このマシンの Tinyfish F3 ボードには Betaflight 3.1.5 がインストールされています。デフォルト設定は Dshot150 で、Dshot600 ではありません。PID 設定はデフォルトのままです。ですからまだ不明な点があります。

(ビデオ)Eachine DustX58 unboxing analysis binding configuration and demo fight (Courtesy Banggood)
https://www.youtube.com/watch?v=TtETOX017qU


まず離陸・・・ええ、このマシンは他のどの tinywhoop よりもパワフルです・・・が、有り余るほどのパワーがあるでしょうか? いいえ、このバッテリーでは 0703 モーターの力を充分に発揮できません。すぐにも 45C バッテリーを試してみる必要があります。このマシンはアクロ飛行が可能ですから、怖がることはありません。デフォルトの PID 設定は明らかにおとなしめです。

FPV の電波はかなり良いです。飛行時間は平均で 3分です。LVC(低電圧カットオフ)がないので注意して下さい。うっかりしてると、簡単に 3.3V 以下になります! バッテリーを守るためにタイマーを使って下さい。

私はこのクアッドを何度もクラッシュさせましたが、どこも壊れていません。すばらしいことです。

PID の最適化を試みました。少し良くなりましたが、まだ改善の余地があります。

170512_1 Eachine dustX58


さらに調整すると、マシンの安定性が上がりましたが、まだ完璧ではありません。クアッドは非常に軽いので、ジャイロの仕事が大変です。私はまだ満足していません。

170512_2 Eachine dustX58


前述のように、このクアッドは tinywhoop よりもパワフルですが、少なくとももっと良いバッテリーが必要ですし、さらには 2S バッテリー仕様にする必要があるかも知れません。
もちろん、ノイズは tinywhoop よりも大きくなりますが、それほどひどくはありません。おそらくプロペラを変更すれば、さらにパワーアップするでしょう。

(ビデオ)Eachine DustX58 new indoors demo with updated PIDs settings (Courtesy Banggood)
https://www.youtube.com/watch?v=9_y86NszGKM


最終的な設定をここに公開します。

170512_3 Eachine dustX58



CONCLUSIONS(結 論)

Eachine DustX58 には最新の技術が詰め込まれています。 4A ESC BLheli_S/Dshot 600、0703/20000 KV モーター、そして FrSKy D8 受信機内蔵の F3 ボード。おそらくは最軽量の中華ブラシレス FPV レーサーでしょう。

はい、ブラシモーターの tinywhoop と較べれば、そのどれよりもパワフルですが、価格も 2倍以上になります。弱点はありません。薄いカーボンファイバー・フレームは比較的耐久性が高く、3D プリントされたカメラマウントは室内飛行では十分な強度があります。

将来的に改造するとすれば、おそらくはもっと C レートの高いバッテリーと、できるだけ軽くて高性能なプロペラに交換することでしょう。


PROS(長 所)

・ 最軽量の中華ブラシレス FPV レーサー
・ 36.2g のブラシレス FPV レーサー
・ BF3.1.5 搭載の F3 Tinyfish
・ 4A BLheli_S/Dshot 600 4-in-1 ボード
・ 25mW/48CH AIO FPV カメラ
・ RSSI 付 FrSky D8 受信機
・ ブラシモーターの Tinywhoop よりパワフル
・ 脆弱ではない


CONS(短 所)

・ 飛行時間が 3分
・ 超パワフルではない
・ もっと良い PID 設定が必要
・ 2S バッテリーが使えない
・ バッテリーは 20C だけ
・ FrSky 以外の受信機バージョンがない
・ Betaflight に接続する時にバッテリーが必要
・ 予備のバッテリー用ゴムバンドがない

なお、レビューに使用した DustX 58 は Banggood から提供を受けたものですが、公明公正なレビューを心がけました。Banggood に感謝申し上げます。

---------------


以上で終了です。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR