トイクアッドとホビークアッドが完全に分離

これは数日前の、RC Groups の Micro Multirotor Drones(マイクロクアッド)フォーラムの、上位スレッド一覧のスクリーンショットです(クリックすると拡大します)。

170617_1 Micro Multirotor Drones


このスクリーンショットはある一瞬をとらえたものです。順位はどんどん変化しますので気にしないで下さい。全部で15ページありますが、人気のあるスレッドは、ほぼ 1~2ページの中に集中しています。

RC Groups の Multirotor Drones は、Micro と Mini とその他に分かれています。Micro(マイクロ)は最小のクラスで、クアッドコプターのモーター間対角線が 150mm までのものです。このサイズなら、飛行重量が 200g を超えることはあまりないので、日本のドローン規制をクリアできます。米国・カナダやヨーロッパでも規制をクリアできます。
ですから、今一番ホットなクラスです。私のブログは、基本的にこの Micro(マイクロ)しか取り扱っていません。

Mini(ミニ)はモーター間対角線が 150mm ~ 300mm までが該当します。飛行重量は一般に 250g を超えますので、先進各国でのドローン規制の対象となります。

Micro Multirotor Drones(マイクロクアッド)の、スクリーンショットをもう一度ご覧下さい。昔懐かしい Hubsan や JJRC、Syma の姿が見えません。最小サイズのクラスなのに、オモチャのクアッドが見当たりません。あるのはホビー用、しかもブラシレスモーターの、FPV レーシング・クアッドばかりです。このクラスの人気は、FPV レーシング・クアッドに集中しています。

少し前まであんなにあったトイクアッドは、いったいどこに行ったのでしょう? 玩具店やインターネットでは、まだトイクアッドが販売されていますよね? 

結論を言えば、RC Groups からはトイクアッドは消え去りました。
RC Groups はホビー用クアッドと、DJI などの空撮クアッドが中心になりました。(空撮クアッドは Multirotor Drone Talk というフォーラムにあります。 カメラ等の空撮機器は Aerial Photography フォーラムにまとめられています。)

私のブログは、航空法によるドローン規制のない Micro Multirotor Drones(マイクロクアッド)しか取り扱っていません。そして今の Micro Multirotor Drones(マイクロクアッド)フォーラムには、5.8Ghz FPV レーシング・クアッドしか存在しません。

気がつけば世界は、「ホビー用マイクロクアッド = 5.8Ghz FPV レーシング・クアッド」の時代 に突入していました。 どうするんでしょうねぇ、電波法・・・。


そして、トイクアッドは完全に「子供の物」になりました。


関連の過去記事: 「トイクアッドの退潮が明らかになってきた?」





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR