FC2ブログ

Blade mCP S ヘリの不具合報告(続き)

https://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?2921931-Blade-mCP-S-RC-Helicopter-With-SAFE-Technology


---------------

Aug 18, 2017, 07:18 AM
flightengrさん:

私も似たようなことがありました・・・スロットルをオフにして、スタント(アイドルアップ)1 か 2 に切り替えたとき、テールモーターが勝手に回り始めました。Spektrum SPM ファイルではそれは起きないと言われていますが、その唯一の論理的説明はトリム設定だと思います。私は Spektrum SPM ファイルと私のモデル設定とを比較しました。

私は、スタント 1 に切り替えてテールモーターが回った場合、ヘリコプターを右旋回させるとモーターが止まるのを発見しました。それで、テストのためにトリムを設定したところ、やはりモーターは回転しますが、 1秒ほどで停止しました。



Aug 18, 2017, 08:02 AM
flightengrさん:

Stability モードでさらにテストを重ねました。飛ばし始めのバッテリーパワーが十分にある間は、ドリフト現象は見られません。バッテリーのパワーが落ちてくると、ドリフトが始まります。

Horizon Hobby はいくつか新しいパーツを送ってくれましたが、私は犯人はバッテリーではないかとの確信を強めています。Horizon の 210 mAh 40C 1S バッテリーが悪いのでしょう。



Aug 18, 2017, 08:22 AM
bansheeriderさん:

flightengrさん。はい、バッテリー問題は厄介ですね。Eflight のバッテリーだとそうなります。私は HobbyKing に 300mah 40c NanoTech バッテリーを注文しました。今は下のバッテリーを使っていますが、かなり良いです。このバッテリーは tinywhoop で使っているものです。

Nitro Nectar 250mAh HV LiPo Battery



Aug 18, 2017, 08:33 AM
FR4-Pilotさん:

jasmine2501さん。私はまだこのスレッドをたまに見ています。最近は他のスレッドに行っていることが多いですが。(^_^)

flightengrさん。ラダースティックを完全に左に倒しても、テールモーターを止めることができます。ヘリが動き回るようなら、スティックを保持し続ける必要があります。

私のヘリはトリムもサブトリムも設定していません。(Stability モードでない場合に)完璧にホバリングしますし、まっすぐに飛行します。

(Stability モードでない場合に)トリムを加えると、XYZ 軸のすべてで動きがおかしくなります。



Aug 18, 2017, 09:27 AM
flightengrさん:

Stability モードでない場合のトリム設定に関しては、完全に同意します。幸いなことに、プログラム可能な送信機では、飛行モードごとに別々のトリムが設定できます。サブトリムはすべての飛行モードで適用されますから、この場合は使わない方が良いです。

今朝の私の飛行の様子では、Stability モードでもトリムが必要だとは思いません。

もっと大容量のバッテリーを買って、飛行時間が延びるかどうか調べてみます。



Aug 18, 2017, 09:39 AM
FR4-Pilotさん:

Nano-Tech バッテリーを注文しましたが、おそらく月曜までには到着しないでしょう。

私は Eachine のクアッドを持っていますが、Stability モード(何て言うんでしたっけ、Cleanflight の Acro じゃないヤツです)で同様のことがありました。恐ろしくドリフトしました。プロペラを他のブランドに変えたら、即座にドリフトが収まりました。ここでも同じことが起きているのでしょうか?



Aug 18, 2017, 10:15 PM
jasmine2501さん:

Hyperion バッテリーも良いと思います。250mAh だから当然でしょう。私の持っているのは少し古くなっていますが。



Aug 18, 2017, 10:41 PM
bansheeriderさん:

FR4-Pilotさん。キーポイントは、スタント(アイドルアップ)1 と 2 で飛ばせるようになることだと思います。そうすれば、ドリフトを心配する必要がなくなります。

---------------


Stability(SAFE)モードではドリフトするが、アクロモードなどではドリフトしないようですね。通常、Stability モードではジャイロと加速度センサーを使用しますが、アクロモードではジャイロだけです。

アクロモードでドリフトしないということは、ジャイロは正常だということです。そうすると、Stability で使う加速度センサーに問題がある可能性が出てきますが・・・?






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

勝手な放言

tiger22さん こんばんは

こう言っては身も蓋もない話ですが、事前の機体の調整がOKなのかどうか、
また、クラッシュで基板に支障を来たしていないのかどうか不明のままの
ディスカッションです。 あまり真に受けないことです。

Blade NanoQX 3Dで、LEDが点灯しなくなる不具合が報告されていますが、
クラッシュで基板に印刷された回路が簡単に断線するのが原因と考えられています。

結局のところ、不具合事象の報告は、大半はクラッシュを経験した機体が多いか、事前の点検整備が不十分なケースが多いような気がします。

シムによる十分な訓練及び機体の入念な整備に尽きると思います。

私のmCPSは快調そのもの、抜けるような秋の空を舞っています。

THオフでテール・モーターが回る症状

tiger22さん 追加です。

標題の件ですが、THにおけるスロットルのセッティングに問題があるようです。
JR11Xの場合、THでのスロットルはデフォルトでー5%にセッティングされています。このような症状は生起していません。

またDX6iの場合、デフォルトの10%を0%にしてみることをお勧めします。

時代が変わった?

藪 丈二さん、こんにちは。

誠におっしゃるとおりだと思います。
おそらくはメカニカルな調整が不十分なのでしょう。

マイクロヘリが頑丈になり、箱だしで問題なく飛ぶようになってから、すでに 5年近く経過しています。今では、箱だし・無調整で飛んで当たり前と考えられています。2~3回墜落したくらいで壊れるようでは、すでに製品以前の不良品と考えられるような風潮さえあります。

我々がマイクロヘリを始めた7年前では考えられないほど、今のヘリは頑丈になり飛ばしやすくなっています。メカ調整などしなくても飛んで当たり前の時代です。3軸ジャイロ・加速度センサー・フライトコントローラが標準装備されています。

結局は、ユーザー側の製品に対する要求が厳しくなったということでしょうか。
一方で、新規のユーザーの知識・経験不足も大きな原因の 1つとなっているようです。

しかし、Blade の最近の新製品を通じて言えることが、2つほどあると思います。

1.バッテリープラグの品質問題
これはつとに指摘されている問題ですが、何故か HH 社はまともに対応しようとしていません。プラグを交換しているユーザーは多いですね。私は面倒だからやっていませんが。(^_^)

2.フライトコントローラのソフトウェアのバグ
新製品ではかなりの確率で発生しているようです。発売から数ヶ月経過すれば、この問題は解消されていますので、初物を避けることによってクリアできます。

HH 社は原因を明らかにしないことが多いのですが、少なくともユーザーとしては、以前にも増して「Blade の新製品には飛びつかない」ようにすることが大切だと思っています。

ブログ内検索(FC2)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR