FC2ブログ

「おうち FPV」が手軽に楽しめる Eachine E013 マイクロドローンが新登場!

Eachine のタイニーフープについて書くのは、約 1年ぶりになります。(^_^)

この Eachine E01x シリーズは、約 1年前の Eachine E010 からスタートして、E011、E012、そして今回の Eachine E013 へと拡充されてきました。

この間に、Eachine のタイニーフープは、市場で Blade Indutrix シリーズのライバルと認識される程の評価を得てきました。特にその価格の安さは魅力的で、プロペラ等のパーツは Indutrix との互換性があるので、Indutrix のオーナーにも利用されています。

では、新発売の Eachine E013 ドローンの説明に移ります。

170924_1 Eachine E013


Eachine E013 は手のひらに乗るサイズの、タイニーフープと呼ばれる室内用ドローンです。プロペラはダクトでガードされていますから、人や物にぶつけてもまず安全です。3.7V 200mAh リポバッテリーを使って 4~ 5分間は飛行できるとされていますが、個体差があって、中には 2~3分しか飛べなかったという報告もあります。

このようなバラツキは、中華マイクロクアッドや最近の Blade クアッドでは普通に見られることです。まずはバッテリーを疑ってみましょう。幸い Eachine は安価なので、もし不具合のある機体に当たっても「運が悪かった」と諦めがつきます。(笑)

小さいブラシモーターを使っているので、飛行性能は E011 よりおとなしいです。これは室内機としては逆に優れているとも評価できます。
ヘッドレスモードやワンキーリターンなどの、操縦を楽にする機能を備えています。機体はなかなか頑丈で、ぶつけて墜落させても、こわれにくいそうです。
レート切り替えは可能ですが、飛行モードの変更はできません。「自律安定モード」だけです。それゆえ、E013 は「初めてクアッドコプターを飛ばす人のための入門機」です。

それでいて、1000TVL 120°FOV の FPV カメラと 5.8Ghz ビデオ送信機を搭載していますから、「初めてクアッドコプターを飛ばすと同時に、初めて FPV に挑戦する人」のための、室内用クアッドコプターであると言えます。

ですから、これは FPV ビギナーに的を絞ったマイクロドローンと言えましょう。アクロモードがないので、経験者には不向きのクアッドです。

ビデオをご覧下さい。





Eachine E013 の目玉と言えば、安価な Eachine E013 と VR006 ゴーグルのセットです。約 66ドル、7,600円(送料無料)で、FPV ドローンとおもちゃ送信機と、ビギナー用ゴーグルが同時に入手できます。これだけで「おうち FPV」を楽しむことができそうです。

気になるのは、安価な VR006 ゴーグルの性能と使い勝手です。 Quadcopter 101さんの下のビデオが参考になります。





ビデオの中で Quadcopter 101さんは、「VR006 ゴーグルは画面が小さいので、大画面の VR007 ゴーグルを別に買った方が良い。わずか 6ドル高くなるだけなのに、はるかに飛ばしやすくなる。」と強く推奨されています。

彼はそれを証明するために、いくつかのゴーグルをビデオで比較しています。





大画面の VR007 を選ぶか、安価な最新型の VR006 ゴーグルにするか?  VR006 は画面は小さいけれど、軽くて装着しやすく、映像はクリアでシャープという評価もあります。価格差も気になるし・・・迷いますね~。

私の別ブログ「マルチコプター: FPVレースの世界」で、Eachine VR006 ゴーグルの記事を少し書いています。興味のある方は下のリンクをクリックしてお読み下さい。

http://tiger22fpv.blog.fc2.com/blog-category-43.html


私自身、Eachine E013 も VR006 ゴーグルも使ったことがありませんが、ネットで読んだ限りでは、今の時点で以下のことが言えると思います。

1. Eachine E013 クアッドは、FPV 入門者用の室内専用機である。

2. Eachine VR006 ゴーグル付きのバージョンは買わない方が良い?

3. ゴーグル買うなら、6ドル高くなるが Eachine VR007 が良い?

4. 送信機はオモチャで、まさにビギナー用。

5. 無線プロトコルは、E010, E011, E012 と違う新しいものなので、まだ マルチプロトコル送信機 では飛ばせない。

6. E013 はトイドローンなので、BetaFlight などの面倒な設定や知識が不要。誰もが簡単に飛ばすことができる。


結論としては、繰り返しになりますが E013 は「初めてクアッドコプターを飛ばすと同時に、初めて FPV に挑戦する人」に適した、室内専用クアッドコプターです。

買う場合は、Eachine E013 のゴーグルなしバージョン(Without Goggles)と Eachine VR007 ゴーグルを買うか、Eachine E013 のゴーグル付きバージョンを買うかの選択になります。なお、メガネをかけている方はもう少しお金を出して、たとえば Eachine VR D2 Pro のような焦点調整機能のついたゴーグルを買って下さい。

ゴーグルには好みがあり価格差もありますから、選択はむずかしいと思います。失敗したくない方は、新製品の VR006 は避けた方が良いとは思います。以下にリンクしておきます。


Eachine  E013 マイクロ FPV レーシング クワッドコプター  w/ 5.8G 1000TVL 40CHカメラ VR006 VR-006 3インチ ゴーグル


Eachine VR-007 Pro VR007  5.8G  40CH FPVゴーグル 3.7インチ 1600mAhバッテリー付き 4.3インチ ビデオヘッドセット


とにかく合計約 7,600円か 9,000円のいずれかで、「おうち FPV」が手軽に楽しめる Eachine E013 クアッドコプターのフルセットが手に入ります。5.8GHz FPV も安くなったものです・・・。


次回、「Eachine E013 マイクロドローンの評判」に続きます。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索(FC2)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR