Kingkong ET125 : Temporal Fluxさんの、Betaflight 3.2.5 CLI ダンプ

https://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?2971368-Kingkong-ET-series-ET100-ET115-and-ET125/page62


---------------

Feb 17, 2018, 02:04 AM
RikkTheGaijinさん:

こんにちは。私は Turbowing CYCLOPS 3 を ET115 に取り付けるためのカスタムマウントを作りました。






Feb 19, 2018, 03:44 AM
Temporal Fluxさん:

私はもう古い Betaflight Configurator を使うことをお勧めしません。というのは、今年になって Google が Chrome アプリのサポートを止めたからです。もちろん、Chrome 版 Configurator はまだ使えますが、この先 Google Chrome がバージョンアップしたら使えなくなる可能性があります。

なお、スタンドアロン版(非 Chrome 版)の Configurator は、新しいバージョンがあることを知らせてくれるだけで、自動的にアップデートされません。



Feb 19, 2018, 06:57 AM
SoloProFanさん:

私は Chrome のアップデートをしないようにしていますが、スタンドアロン版にはいくつか良い点があります。
スタンドアロン版の Betaflight 3.0.1 を試したことのある方はいらっしゃいますか? 完全な互換性があれば嬉しいですね。



Feb 19, 2018, 07:56 AM
Temporal Fluxさん:

SoloProFanさん。Betaflight 3.1.6 より前のバージョンを使ったことがありませんが、機会があれば、古いバージョンを試してみます。
現在の Configurator (v10.1.0) で Betaflight 3.1.6 が正常に動作することは、確認しています。

私の ET125 は Betaflight 3.2.5(最新バージョン)にアップグレードしたばかりです。相変わらずデフォルトの ESC 設定が BRUSHED(ブラシモーター用)になっているので、PID 値が非常に高く、なぜか SBUS 逆転(SBUS inversion)がオフになっています。私は CLI ですべてを正しく修正して、今は上手く動作しています。

近いうちに Betaflight 3.2.5 の CLI dump を投稿します。今は DShot 改造をやっているところです。終わったら、その CLI dump も投稿しましょう。



Feb 19, 2018, 09:58 AM
Temporal Fluxさん:

私の Betaflight 3.2.5 の設定ファイル (flash the target FF_PIKOBLX)を添付します。
Betaflight 3.2.5 のデフォルト設定の問題点をすべて修正しました。デフォルト設定はブラシモーター用の設定です。すべての PIKOBLX ボードで同じ問題が出るかどうかわかりませんが、私のクアッドを Betaflight 3.2.x にアップデートした時にはそうなりました。Betaflight をアップデートした後で、添付の CLI dump を使ってもらえれば、それらの問題点が修正されます。

添付のファイルは SBUS 受信機用に作られていますので、別の受信機を使う場合は受信機に合わせて変更する必要があります。

また、2つの gyro notch filters をオフにして、anti-gravity と dynamic filtering を有効にしてあります。
重 要: もしモーターが熱くなるようなら、すべての notch filters を元通りオンにして下さい。

私は下の両方の設定をテストして、Kingkong ET125 が問題なく飛行することを確認しています。この設定を使うには、すべてのテキスト文を CLI に貼り付け(paste)て、エンターキーを押してから、save とタイプし、再びエンターキーを押して下さい。もちろん、modes と Motor_Stop の設定はあなたの好みに合わせて変更して下さい。

添付ファイルは 2つあります。最初のファイルは MultiShot を使っています。この設定を使う場合、ボード (FF_PIKOBLX target) に Betaflight 3.2.5 をフラッシュする必要があります。

2つ目のファイルは DSHOT 改造した場合に使います。ESC は最新の BLHeli ファームウェアにして下さい。
注 意: 改造してこのファイルを適用しても motor 1 が回転しない場合、次の CLI コマンドを入力して下さい。

resource PPM 1 none

そしてエンターキーを押して、save とタイプし、再びエンターキーを押して下さい。それから CLI dump をもう一度適用して下さい。

ET125 MULTISHOT BF3.2.5dynamON.txt
https://www.rcgroups.com/forums/showatt.php?attachmentid=10744148&d=1519051874

ET125.DSHOT BF3.2.5dynamON.txt
https://www.rcgroups.com/forums/showatt.php?attachmentid=10744146&d=1519051715



Feb 19, 2018, 12:36 PM
Temporal Fluxさん:

Betaflight 3.2.5 をフラッシュした Kingkong ET125 の飛行ビデオです。Dynamic Filters はオン、DShot で Turtle mode を設定してあります。

ET125 は Betaflight 3.1.6 のままで十分良く飛ぶと思っていましたが、3.2.5 にするとさらに良く飛びます。Dynamic Filters をオンにすると、曲がったプロペラを使っても、とてもスムーズに飛びます。このビデオを自分で見直してみて、初めてそれがわかりました。

Turtle mode は非常に便利です。芝生の上でも機能します。このビデオでもデモンストレーションしています。





---------------






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索(FC2)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR