FC2ブログ

モッキンバード(Mockingbird)V1.1b と V2 と Eachine QX65

前述のように、Mockingbird 設定には、MOCKINGBIRD VERSION 1.1b と MOCKINGBIRD v2 の 2つがあります。

MOCKINGBIRD VERSION 1.1b
https://docs.google.com/document/d/1N_GNXWuGPWg2IeCG8EKqiURUd8s29HyRlaH4-ivzjH4/edit#heading=h.axlc3ap19be


MOCKINGBIRD v2 - ANGLE ONLY VERSION
https://docs.google.com/document/d/11nzMJCEWNX7CY8XjnYBDlEiYT6GNqBuCe9gFEq2FMWI/edit#heading=h.7tapovympwgc


MOCKINGBIRD v2 はレース用の Angle モード専用になります。また、v2 は V1.1b の Angle モード設定より進化しているようですから、Angle モードで飛ばすなら v2 の方が良いと思います。


MOCKINGBIRD VERSION 1.1b の説明にはテスト機の構成が掲載されています。モーターを基準に名前が付けられています。615、617、716、820 の 4つです。たとえば、615 モーターは直径 6mm × 長さ 15mm で、820 は 8mm × 20mm ということです。以下に掲げます。

---------------

私の現在のテスト機:

615(これは私のお気に入りの室内用クアッドです。まだスロットル操作が必要ですが、適正にチューンされた 19.6k(19,600KV)のモーターは軽くて、振動のない機敏で非常に高速のフープです)

・ Inductrix フレームまたは Cockroach フレーム
・ TW Ultra Sauce モーター 19.6k
・ BetaFPV、BeeCore v2、あるいは BeeBrain v2
・ Betaflight 3.2 以上のファームウェア
・ TBS プロペラ
・ FX900TW カメラ
・ TW キャノピー
・ Tiny Whoop 255mAh HVLi バッテリー



617(716 モーターのローエンド・グラントと 6mm モーターの軽さを併せ持つ。超タイトなコース以外のあらゆる場所と室内レースコースに最適。)

・ NewBee Cockroach frame
・ TW Awesome Sauce 20k Motors
・ BetaFPV DSMX OSD FC
・ Betaflight 3.2.3 firmware
・ TBS Props
・ FX900TW AIO Cam
・ TW Razor Skin Canopy
・ Tiny Whoop 255 HV’s



716(非常に大きな室内コース用の Angle モードで飛ばすクアッドで、ローエンド・グラントをたっぷり持つ。私のお気に入りの Acro Freestyle 飛行用クアッドでもある。)

・ New BetaFPV 65s frame
・ MMW 17k Motors
・ BeeCore v2 DSMX
・ Betaflight 3.2.3 firmware
・ TBS Props
・ AKK BA2 AIO
・ NotFastEnuff Shanghai Mullet Canopy
・ Tiny Whoop 255 HV’s



820(難易度の高い高速室内機ですが、屋外や広い屋内で Angle モードで飛ばすとメッチャ楽しいです。飛行時間は 4 ~ 5分。しかし Acro Freestyle には重過ぎる感じです。)

・ Inductrix FPV Plus Frame
・ MMW 820 motors
・ BeeCore v2 mounted backwards in frame
・ Betaflight 3.2+ firmware
・ Blade Inductrix FPV Plus Props
・ AKK BA2 200mw AIO
・ NotFast Enuf Shanghai canopy
・ Tiny Whoop 255 HV’s (with foam insert)
・ I use this for short, precise indoor courses
・ BetaFPV 500 HV’s


---------------


これを見ると、Mockingbird 設定が対象としているフープのイメージがほぼ掴めます。
モーターはすべてブラシで、モーターサイズは 615 ~ 820 です。

ここで私が購入した Eachine QX65 の諸元を確認してみましょう。

Inductrix フレーム互換の、ABS フレーム
615 コアレスモーター(Aerospacerさんの推定では約 19,000KV)
Eachine BeeCore v2.0
Betaflight 3.2.2 ファームウェア
・ Eachine 3枚羽根プロペラ
・ 700TVL 130度 1/4インチ CMOS カメラ
・ Eachine キャノピー
Eachine 250mAh HVLi バッテリー

黄色で示した部分は、上記の 615 のスペックに極めて近いです。これはスゴイ。(*^_^*)

QX65 のデフォルト PID 設定が、Betaflight 3.2 のデフォルト設定と同じだそうですから、モッキンバード(Mockingbird)にすればかなりの性能改善が期待できます。

Banggood にリンクしておきます。

Eachine QX65と5.8G 48CH 700TVLカメラ F3 OSD 65mmマイクロ FPVレーシングドローンクアドコプター 内蔵 - Frsky Compatible Receiver Advanced


国内でバッテリーが入手しづらくなっていますので、購入するなら、バッテリーが 6本付属する Advanced バージョンがお勧めです。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索(FC2)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR