FC2ブログ

Taranis X-Lite 送信機: Jet_Flyerさんのレビュー _3

前回翻訳しなかった、スマートポート関係の記述を翻訳します。

https://www.rcgroups.com/forums/showpost.php?p=39670528&postcount=3


---------------

May 17, 2018, 04:10 PM(Last edited by Jet_Flyer; May 23, 2018 at 12:54 PM)
Jet_Flyerさん:

Smart Port Flashing Of FrSky Devices
(FrSky デバイスの、スマートポート・フラッシング)


Taranis X-Lite 送信機には、USB コネクタの横に Smart Port (S.Port) がついています。OpenTX ファームウェアは、S.Port のついた受信機や冗長バス等の FrSky デバイスのファームウェアをフラッシュ(インストール)することが可能です。

S.Port フラッシングの手順は次のとおりですが、前提として SD カードが使用できねばなりません。

1. X-Lite 送信機の十字キー(trim pad)の四隅を同時に押さえながら、X-Lite 送信機の電源を入れます。

2. マイクロ USB ケーブルの片方を X-Lite 送信機の USB ポートに挿し、もう一方を Windows パソコンの USB ポートに挿します。数秒後に 2つのエクスプローラーのウインドウが開きます。1つは SD カードで、もう 1つは内部メモリです。

3. FrSky のウェブサイトから、必要なデバイス・ファームウェアをダウンロードします。ダウンロードしたファイルを解凍して、ファイルを SD カードの FIRMWARE フォルダにコピーします。ファイル名を短くする必要があるかも知れません。下の写真を見て下さい。

4. エクスプローラーのイジェクト機能を使って 2つのドライブを取り外し、USB ケーブルを取り外して下さい。

5. X-Lite 送信機で "EXIT" を選択すると、送信機のメイン画面に戻ります。

6. オス/オスのケーブルを使って、X-Lite 送信機の S.Port と、フラッシュするデバイスの S.Port を接続します。下の写真を見て下さい。黄色のワイヤが信号線です。

7. X-Lite 送信機でミニジョイスティックを左に長押しします。

8. SDカードの FIRMWARE フォルダへ行きます。

9. フォルダ内のファームウェアのファイルを選択して、長押しします。

10. ポップアップしたウインドウで "Flash S.Port" を選択して押します。下の写真をご覧下さい。

11. フラッシュ(インストール)が始まり、プログレスバー(progress bar)に進行状況が表示されます。下の写真をご覧下さい。

12. フラッシュ(インストール)が終了したら、X-Lite 送信機からケーブルを抜いて下さい。受信機をフラッシュする時は、バインドに新しいファームウェアを使っていることを確認するため、X-Lite 送信機と再バインドする必要があります。


180606_1 Frsky X-Lite 送信機


180606_2 Frsky X-Lite 送信機


180606_3 Frsky X-Lite 送信機


180606_4 Frsky X-Lite 送信機


---------------

続きます。






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索(FC2)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR