FC2ブログ

Hubsan X4 改造 ホバーソーサーの制作 _2

前回 の続きです。

現状は下の写真のとおりです。ジャンクボックスを漁って、後部モーターの延長ケーブルを見つけてきました。

180618_1 Hubsan X4 ホバーソーサー


ケーブルをハンダ付けして延長しました。シュリンクチューブ(熱収縮チューブ)で保護しています。

180618_2 Hubsan X4 ホバーソーサー


そして、Hubsan X4 改造 ホバーソーサーを仮組みしました。モーターの配置は、前後左右 元の Hubsan X4 と同じになっています。

180618_3 Hubsan X4 ホバーソーサー


Hubsan X4 ボディや後部モーターはマスキングテープで仮止めしてあります。バッテリーは、Walkera ヘリコプターのバッテリーホルダを改造したホルダーに取り付けてあります。前方から見るとこんな感じです。

180618_4 Hubsan X4 ホバーソーサー


さて、走行テストです。コントローラのスロットルをゆっくり上げると前進を始めましたが、さらに加速するとボディが勝手に曲がり始めます。やがてスピン(回転)を始めました。直進安定性が最悪です。

低速でも、エルロンスティックやラダースティックを左右に動かすと、突然その場で激しくスピンします。カーブがまったく切れません。進路変更が不可能です。これじゃあ、操縦不能です・・・。

この現象は RC Croups でも報告されていました。Tinywhoov の制作ビデオでは主に Eachine e010 が使われていますが、それ以外のクアッドコプターで作ると、うまく行かない場合があるようです。Hubsan X4 もその 1つです。

私の場合、下の写真のように左右の後部モーターを交換すると、直進性問題は解決しました。

180618_5 Hubsan X4 ホバーソーサー


後部モーターの左右を交換しただけで、スロットルを上げるとまっすぐ直進するようになりました。エルロンスティックを操作すると、普通に方向転換ができます。しかし、大きな問題が 1つあります。

エルロンを左に倒すと、ホバーソーサーは進行方向右に曲がります。逆方向です。送信機でエルロンの動きをリバースに設定すれば解決しますが、Hubsan X4 のコントローラにはリバース機能がありません。

マルチプロトコル送信機があれば Hubsan X4 が操縦できますし、リバース設定もできるのでこれで問題解決ですが、私はマルチプロトコル送信機もマルチプロトコル・モジュールも持っていません。そもそも、これらは電波法違反です・・・。


ふと、「ホバークラフトはスロットルとラダーだけで、操縦できるはず?」と思いつきました。

やってみました。バッチリです。問題なく操縦できます。今回はこれで行きます。
でも、スロットルとラダーの 2 チャンネルだけでスムーズに操縦するには、スロットルスティックとラダースティックは別々の方が良いです。モード 2 は不利です。 笑。

180618_6 Hubsan X4 ホバーソーサー


今回作ってみて感じたのは、最初は Eachine e010 で作った方が、簡単で良いということです。Eachine e010 以外のクアッドから作ると、私のように予期せぬ問題に遭遇するかも知れません。

しかし、Hubsan X4 と Eachine e010 とでは、どこが違うのでしょう? ちょっと考えて見たいと思います。

ということで、次回に続きます。






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索(FC2)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR