FC2ブログ

Blade Inductrix(インダクトリックス) FPV BL が新登場!!

先日、藪さんから Inductrix FPV BL の情報を教えていただきましたので、以下の RC Groups の記事を読んで、tiger22 流に解釈して要約してみました。翻訳ではありません。私の予想も入っていますから、間違っている可能性もあります。悪しからず。

https://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?3133148-Inductrix-FPV-BL-BNF-Basic-%28BLH8850%29


---------------

Inductrix FPV BL BNF Basic(By Jim T. | Sep 13, 2018, 03:59 PM)を読んで。

180917_1 Inductrix FPV BL


Blade Inductrix FPV BL BNF Basic drone

Blade Inductrix FPV BL BNF Basic ドローンは、お客さまが求めるすべての機能を備えています。これまでの SAFE テクノロジーとダクテッドファンに加え、Spektrum G2 以上の送信機では送信機からビデオ電波の周波数チャンネルを変更できるようになりました。Meow Mode(ミャーモード=タートルモード)も使えます。
新しくパワフルなブラシレスモーターを採用しました。また、On Screen Display(OSD)で、ゴーグルの画面上にバッテリー電圧とテレメトリーデータが表示されますので、飛行時間の管理が容易になります。これらはすべて、BNF Basic パッケージで提供されます。
すでに Spektrum 送信機と FPV ゴーグル(またはモニター)と 1S 500mAh バッテリーと充電器をお持ちなら、この BNF Basic パッケージを買うだけで、すぐに飛ばすことができます。




Key Features(主な特徴)

・ ブラシレスモーターと 4-in-1 ESC
・ SAFE テクノロジー
・ チャンネル変更可能な 25mW ビデオ送信機
・ 頑丈な新フレームを採用
・ 飛行時間は 4 分



Innovative Meow Mode(ミャーモード) ・・・Inductrix FPV Plus にもあります。Betaflight のタートルモードと同じものです。

Channel Changing Video Transmitter(チャンネル変更可能なビデオ送信機) ・・・Spektrum G2 以上の送信機では、送信機からビデオ電波の周波数を変更できます。これはおそらく、TBS Smart audio と同じものでしょう。Smart audio では、ゴーグル画面(Betaflight OSD)を見ながら、VTXの周波数を送信機を使って変更できます。Betaflight の Eachine US65/UK65 等でも新採用されています。

Crisp Video(はっきり見えるビデオ映像) ・・・新しい CMOS カメラと 25mW ビデオ送信機を採用。

On Screen Display(オンスクリーン・ディスプレイ) ・・・Inductrix FPV で OSD が新採用されました。機能的に Betaflight OSD と同じものでしょうか?

New Frame Design(新設計のフレーム) ・・・耐久性が大幅に向上したそうです。

Bind-N-Fly Completion ・・・いわゆる BNF パッケージ。送信機等を持っていれば、箱から出してすぐに飛ばすことができます。

180917_2 Inductrix FPV BL


詳しくは Horizon Hobby のウェブサイトをご覧下さい。

https://www.horizonhobby.com/inductrix-fpv-bl-bnf-blh8850

---------------


というわけで、tiger22 の現時点の予想では、Blade Inductrix FPV BL は約 1年前に発売された Inductrix FPV Plus のブラシレス版だと思います。

おそらく Betaflight クアッドのようにパソコンを使って面倒な設定をしなくても、従来の Inductrix FPV や Blade ヘリのように、箱から出してすぐに飛ばすことができると思います。

Inductrix FPV Plus との違いは、ブラシレスモーターと Smart audio と OSD が新採用されたことです。簡単に言えば、最新型の Betaflight クアッドと同じ機能を備えたということです。

Inductrix FPV はタイニーフープの標準機です。これも非常に魅力的なクアッドですが、いつものように Blade 価格のバカ高さが問題です。米国に住んでいる人なら、いつでも Horizon Hobby の手厚いサポートが受けられるので、価格の高さも納得できるかも知れませんが、米国以外ではそのメリットがありません。

サポートが受けられないなら中華クアッドと変わりありません。たとえば、最新型の Eachine US65/UK65 ならフルセットが半額で購入できます。Blade は価格の高さだけが目立ちます。これが全世界のホビースト共通の悩みです。

なお、私のこれまでの経験では、Blade の新製品には初期トラブルが多いので、レビュー情報を集めてから購入しても遅くないと思います。






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ
bladeさんとこのは、価格が高いですよね。
お気に入りだったblade180ですが、パーツが高いのです。今は送信機ごとリストラしてありませんが。
同様にFPVも高いですね。

Re: タイトルなし

モグタンさん、こんにちは。

180CFX は維持費が高いことで有名です。(^_^)

中国で生産しているのに、これほど高価格なのは米国企業だからでしょう。中国企業とは価格が違い過ぎます。
でも、技術には定評があるし、製品の品質も良いので、なかなか悩ましいところです。

価格で選ぶか、製品で選ぶか?

ブログ内検索(FC2)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR