FC2ブログ

3号潜水戦車=TAUCH PANZER III

TAUCH PANZER III Ausf.Hの塗装を考えるに際してDRAGONキットの指定色がジャーマングレイなのに、ヘンロンの3号戦車H型がなぜダークイエローなのか疑問でしたので調べてみました。

「3号潜水戦車 塗装」でグーグル検索してみると、T.M.FACTORYさんが制作されたDRAGON 1/35キットの完成写真が見つかりました。これはキット指定色で塗装されています。

http://park.geocities.jp/tmfc2007/list/doc/SPKW3H.htm

その解説には、1941年のバルバロッサ作戦で3号潜水戦車が使用され、その時の塗装はジャーマングレイ。1943年に軍の通達で基本塗装色がダークイエローになるまでヨーロッパ戦線の3号戦車はこの色であったとありました。T.M.FACTORYさん、ありがとうございました。m(_ _)m


DRAGONの1/35 TAUCH PANZER III Ausf.Hは、バルバロッサ作戦でモスクワ攻略を目指した第18装甲師団(18th Panzer Division)所属の戦車がモデルになってますから、その時の色がジャーマングレイなんですね。

ウィキペディアによると、3号潜水戦車はヒットラーのイギリス侵攻「あしか作戦」用に開発されたものでしたが、「あしか作戦」が中止になった後で河川用に改装され、1941年バルバロッサ作戦のブク川渡河作戦で使用されたということです。

第18装甲師団(18th Panzer Division)は、1940年10月に第4歩兵師団と第14歩兵師団から編成され、グーデリアン装甲集団の一部としてバルバロッサ作戦に参加し、ロシア中央戦線で43年9月まで戦い10月のキエフ戦で大損害をうけてオルシャへ後退。残存部隊はバルト・リトアニアのヴィルナで第18砲兵師団として再建されました。

ということは、3号潜水戦車が1943年以後も生き残っていれば、ダークイエローの塗装があっても良いわけです。ヘンロンはそれをモデルにしているようです。

なお、以下のサイトに、1/35 18th Panzer Division - Pz.Reg.18 / Pz.Abt.18 in 1940-43の塗装例がありました。

http://www.leopardmodel.com/index.php?main_page=product_info&cPath=72_142_143&products_id=2753

110830_5 デカール


また、DRAGON 1/35 TAUCH PANZER III Ausf.Hの海外の作例↓です。

http://www.forum.modelarstwo.org.pl/viewtopic.php?t=45794


AD大戦略IV 師団マーク一覧表↓です。第18装甲師団のマークもあります。

http://www5e.biglobe.ne.jp/~bosc/advanced/AD4/division_mark.htm


今日はこのくらいでやめときましょう。プラモという趣味は、資料集めの時間とコストがバカになりません。(^-^)


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索(FC2)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR